ヒューマン・フロー 大地漂流

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヒューマン・フロー 大地漂流
19%
43%
25%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2008年北京オリンピックのメインスタジアム「鳥の巣」の設計にも参加した中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが監督を務め、難民問題を追ったドキュメンタリー。貧困・戦争・環境問題など、さまざまな理由により世界各地で増え続ける難民たち。本作撮影当時の2016年には6500万人を数えた難民たちは年々増え続け、事態の深刻化はとどまることを知らない。しかし、現実には彼ら難民の受け入れを拒否する国が広がっていく。23カ国を超える40カ所の難民キャンプと国境地帯を訪れ、この世界的な問題となっている難民危機のリアルな現実をとらえていく。

2017年製作/140分/G/ドイツ
原題:Human Flow
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

映画レビュー

1.5厳しく言わせて頂ければ

2019年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

2016年頃から世界各地で起きた数十万〜数百万人の難民を追いかけたドキュメンタリー。

【以下個人的な意見がかなり含まれます。不快に思う方もいるかも知れませんがご了承ください。】

船や歩きで裕福な国へ移動してくる難民がメインだが、これ全て「難民」と定義して良いのだろうか?

国籍も剥奪され、戦争や紛争などで故郷を無理やり追われたロヒンギャ族や、八方塞がりで隔離されたカザ地区の様な人々ならまだ「難民」と呼べる。
自国の為に、または自立の為に踏み留まっている。
人々がまだまだ諦めて無いからだ。

しかし、この映画に描かれているシリア、イラクからヨーロッパへ富や自由な暮らしを求めて国境を渡ってくる移動難民の方々には賛同出来ない。個人的戦いもせず自国の地を捨て、自分の身を守る為にやってくる方々だ。

裕福な国でも自国の地にて過去数世紀色々と苦しみ抜いた末に勝ち取った今がある。一部ヨーロッパの国々が難民を受け入れない理由も共感出来る。
「ヨーロッパは民主主義と自由の国だ」だと語る青年難民が居た。何故君らがヨーロッパにたどり着けばそれを直ぐに勝ち取れると思えるのだろうか?

1951年の移動難民話もあったが、その当時は生死を掛けた「命がけ」の国境越えであり、昨今の人達の国境越えは「命がけ」に見えない所もある。
タバコも吸うくらいの余裕である。

このドキュメンタリー映画は難民寄りだ。
同情を誘うシーンが多い。しかし、自分自信と戦っているシーンや、自分が故郷で何を頑張って来たのか語るシーンが少ない。
また、覚悟の無い難民が映し出されており、その方々のコメントは「未来への愚痴」にしか聞こえなかった。
「裕福な国が何とかしてくれるっしょ?」が目立つのである。子供の映像は多いが同情はしない。
(なので映画評価は私は低い。)

「日本の様な平和ボケ人種だから、鈍感なコメントしか書けないのでは?」と言われそうだが、そう思われても結構。

今回、個人的思想が入り申し訳ない。
本当に「自立」を目指す難民の方々には力を貸してやりたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
巫女雷男

5.02019年ベストムービー!

stoneageさん
2019年3月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

ことばが見つからない…この現実に。

今年もっとも観るべき1本であり、

あえて言えば、

他の映画は観なくても良い(笑)…

…と言いたくなりました。

*背中を向け壁越しに、嗚咽し嘔吐しながら窮状を語る女性に、本当に胸が締め付けられる…。肩に手を置く監督が優しい。

*テアトル梅田で観たが、上映回数1回/日…って少な!もう今週で終わってしまいますね…(>_<)
*『この世界の片隅で』なんて1年近くロングランしてた記憶が…あっ、ちなみにこの映画、私、キライなんです(笑)
大人の事情かも知れませんが、こういう映画こそ、ロングランしてほしい…(>_<)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

4.0日本のマスコミに乗らない世界が満載!

2019年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知ったからと言って問題が解決するわけではないけど、知らないと何も始まらないと言ったところか。
まずは、今起きている難民問題の解決が大事。元を断つにも発生事象に対するにも、トレランス(寛容)が第一。
とはいえ、人類の流動化はますますの激化間違いなかろう。より安全、より快適、より満足出来る所へ行きたいというのはまさに人間の性だろうから。
日本ももちろん例外でいられるはずがない。さあどうする、日本人!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こばりん

2.0期待外れか

U-TAさん
2019年2月9日
Androidアプリから投稿

予告編の映像 ポスターの写真 そして、ドキュメンタリーとは思えない冒頭の漂着シーン 期待感は増したが それ以上はなく 難民問題の紹介に終わってしまった感は否めない。が これだけ今地球には難民がいるんだ。ということは伝えているのは意味がある。か………映画の中にやたら姿表したり 国境ポリスに注意されるメイキング映像入れたりするこの監督の難民問題への姿勢や視点は感じられない。なぜ これを撮りたかったのか?だから、これは ウェイウェイ監督が難民キャンプに行ってみた的企画ものだったようだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA
すべての映画レビューを見る(全8件)

他のユーザーは「ヒューマン・フロー 大地漂流」以外にこんな作品をCheck-inしています。