オペレーション・フィナーレ

22%
34%
33%
0%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを追跡するイスラエル諜報特務庁の諜報員たちの実話をもとに描いた歴史ドラマ。1960年。イスラエル諜報特務庁は、ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンで発見されたとの情報を得る。諜報員のマルキンらは、アイヒマンを捕獲して秘密裏にイスラエルへ連行するべく、アルゼンチンに潜入するが……。主人公のイスラエル諜報員マルキンを「スター・ウォーズ」シリーズのオスカー・アイザック、同僚ハンナを「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン、アイヒマンを「ガンジー」のベン・キングズレーがそれぞれ演じる。「アバウト・ア・ボーイ」のクリス・ワイツがメガホンをとった。

2018年製作/122分/アメリカ
原題:Operation Finale

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5スパイ映画大好きの私はとても楽しめました

yuni moniさん
2020年11月25日
PCから投稿

ネットフリックスで観ました。
アイヒマンの異国での逮捕、イスラエルでの裁判、罪の意識の全くない男、というあたりは知っていましたが、実際の様子の再現がとても興味深いものでしたアーレントが「仕事をこなしただけの普通の男」と評したのがよくわかる描写でした。
車に乗り切れなかった二人と、空港に残ったピーターがどうやってイスラエルに戻ったのか知りたい気もします。あとシルビアさんとかそのお父さんとかの運命も・・・
ほかの方のコメントにあったのですが、靖国神社の成り立ちから考えて、東条などの戦犯を祭っていても何の不思議もありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuni moni

戦争犯罪者の追求

2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

本当の話を映画にしたらしいが、戦争犯罪者、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンを裁判にかけるまでのはなし。アドルフは家族とアルジェンチンに住んでいたがイスラエルが拘束。
アドルフは死刑になったが、死んでもさまようようにと灰は海に捨てられたと。(宗教的の考えかもしれない)
戦争犯罪者の東條英機は靖国神社に祀られていることが全く信じられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る