劇場公開日 2018年12月7日

  • 予告編を見る

パッドマン 5億人の女性を救った男のレビュー・感想・評価

4.1152
43%
51%
5%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全152件中、1~20件目を表示

5.0実在のスーパーヒーロー映画

2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

映画で観られる感動の名演説ベスト5に入れたい。国連での主人公の演説は本気で感動した。
生理の苦しみは男性には理解しがたい。人生で男は生理を一度も経験しない、この身体的な体験差の断絶は相当に深いものだと思う。この主人公のすごいところは、その断絶を真摯に考え抜いて想像するところ。
主人公の戦いは、他の男性には当然理解されない。そればかりか、母親や肝心の妻にさえも理解されない。男女の固定観念に男性も女性も縛られていている。

そんな彼を助けるのは、若い女学生と都会の先進的な考えを持つ女性。この映画が優れているのは、ただナプキンを安く作れる機械を作っただけでは成功しない、啓蒙活動もまた重要だと描いているところ。考えを変えない限り、新しいものは受け入れてもらえないのだ。
『パッドマン』というタイトルは粋で素晴らしい。確かに彼は紛れもなく多くの女性を救ったスーパーヒーローだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.5インドのメロドラマの本気とその先。

村山章さん
2019年2月27日
PCから投稿

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0男性が学べる教訓がたくさん

2018年12月5日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

知的

全編を通じて女性の生理と生理用品について考えさせられる映画は前代未聞かつ画期的で、それゆえに普段は生理について深く考慮することのない男性こそ、観て学べることがたくさんある。インドのように「穢れ」として忌み嫌うほどではないにせよ、日本でも生理はどこか避けるべき話題、タブーのような雰囲気がある。オープンな議論が適切かどうかはともかく、少なくともパートナー同士では必要に応じて率直に真摯に話し合えるような空気、女性が痛みを我慢している時期は男性がさりげなく支えられるような環境になるといいなと、本作を観て痛感した。

成功者は他人から見ると「変わり者」で、それでも志を曲げないこと、あきらめないことが大切だと教える、シンプルなメッセージもいい。ラクシュミを後半支える女子大生パリーのキャラクターも魅力的だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
高森 郁哉

5.0とても良かった!

はるさん
2021年4月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

実話でありながら、暗くなりすぎず、逞しさと元気をもらった映画でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はる

4.0本当は5でもいい

mattuさん
2020年10月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mattu

4.0インドらしさは抑えつつ、失わず

ちかしさん
2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

いきなり歌から始まったときは「コテコテのインド映画かな」と思ったけど、その時点で名前もわからない主人公が妻想いで、でも少しやりすぎでってのが伝わってきた。
そして観ていると全然歌わないし踊らない。「ちょっと違うぞ」と思った頃にはもうとてもおもしろくなっていました。
どこまで事実に即してるのかもわからないけど、天才はやっぱり変態なのだと思ってしまうほど、ラクシュミはぶっとんでて、それでも愛らしいキャラクターでした。
もっと昔かと思いきや、話は2000年代。都会と田舎の違いもあるのだけど、いまだに科学よりも宗教が広まっている地域があるのが衝撃的。
コミカルなシーンも多いものの、テーマはとても重いはずだし、深刻なはず。男性こそ観るべき作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし

4.5笑顔にする映画

yukarinさん
2020年6月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

冒頭の結婚式から、音楽だけの台詞のない新婚夫婦の日々は
それだけで十分にこちらを笑顔にしてくれる
妻のことが大好きで、彼女を笑顔にしたい夫
その夫のことがとても大切で、その愛情に喜びを隠しきれない妻

ところが、妻の生理が来たところから、ふたりの幸せな日々に陰りが生じる
忌むべきものであるため、そのあいだは家の外のベランダで生活する妻
穢れたものであるため、妻の肩に触れることすら許されない夫
そして、サリーの下に隠して干し、繰り返し使用する不衛生な古布の生理用品
しかし、薬局で購入できる生理用品は、とても高価すぎる

夫は、はじめて生理を取り巻く状況を知る
その不衛生な生理用品で、妻が病気になったり、命を落とすかもしれないことも知る
そして、妻のために、生理用品を作ることを決意する

生理と口にすることさえ禁じられたような価値観の中、
夫のしようとする事は、女性の誰にも、妻にすらも理解されない
そうして、狂ったと言われ、妻と引き離され、村を後にすることになってしまう

それでも、夫は、諦めない

しかし、その彼の行動は、結果的にインドの女性だけではなく、他国の女性すらも救うことになる
生理だけではなく、女性の自立を促す基板にすらなる

まともな学歴さえない彼が、これだけのことを成し遂げる時点で、
本来はとても聡い人なのだろうと思う
それに、無欲だ
驚くほど無欲
でも、もし彼が無欲でなければ、ここまでのことは成し遂げられなかっただろうと思う

国連に呼ばれ、行ったスピーチで、無欲な彼の想いの全貌をようやく私も理解した
これが実際の話を元にしているというのだから、驚く

そして、もうひとつ驚く事は、観ながら、ほとんどの時間を笑顔で過ごしていたことだ
観ているだけで笑顔にしてくれるような話
ただ、ラスト、パリーがいい女すぎて、誰も悪くなさすぎて、無性に泣けた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yukarin

4.5こういう人物こそが尊敬されるべき

2020年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「パッドマン 5億人の女性を救った男」

2018年公開のインドの伝記映画である。

結婚している女性、あるいはパートナーといる女性に尋ねたい。

「もし自分の夫、彼氏がある日、生理用ナプキンの研究を始めたら?」

インドに住む男は女性と結婚して平凡な日常が訪れると思っていた。しかし妻が洗濯物を隠すのを見て、自分を避けるようになったことに疑問を抱く。それが女性の生理のせいだと知った男は、妻に女性用ナプキンをプレゼントする。ところが海外製の女性用ナプキンは高価で、妻は値段を見て返してくるように怒り出す。その矢先、務めていた工場で仲間が怪我をしてとっさに女性用ナプキンで傷口を抑え、近くに医者につれていく。仲間たちは、男が女性用ナプキンを持っていて変態か、とバカにするが医者はそれで傷口を抑えたことは、止血にも衛生的にも正しい判断だった、と主人公に言う。そこで主人公は女性の生理問題について医者と話をすると、実にインド人女性の12%しかナプキンを使っておらず、残りの女性たちは布を使いまわし衛生的に危険だ、と医者から聞く。
その日から妻のためにナプキンの研究に没頭する男だったが、妻にナプキンを渡しても、失敗ばかりで、妻はもうやめてほしい、と言う。しかし妻のために必死にナプキンの研究に没頭する彼だったが、とうとう妻に使ってもらえなくなった彼は、初めて女性の日を迎えた身内の娘に夜中、ナプキンを試してくれるように頼みに行く。そこを見つかってしまい、村で変態扱いされ、妻は家を出ていき、家族も彼のものを離れてしまった。
それでも村を出て各地でナプキンの材料や金を工面しながら、彼は研究を続けるのであった。

この物語は実話を元にしたフィクションでありアルナーチャラム・ムルガナンダムという実在の人物がモデルになっている。

日本も恋人同士や夫婦間で生理の問題を話すのは、ためらわれることもある中で、今はわからないが当時のインドでは男が女性の生理用品を作るなどあり得なかったときに、彼は妻のために研究して作った。

しかし全てを失ってしまったのだ。それでも彼が作り続けたのは、女性への尊敬、特に女性蔑視が根強い中央、中東アジア圏で、女性を尊ぶ心があったからこそ、続けられたのではないだろうか?

5億人の女性を救った男、とあるがインドだけではない。おそらく生理用品が高価で使えないアジア圏の貧困層の女性たちを彼は生理面でも雇用面でも救った。つまり10億単位で彼はきっと貢献した男なのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Zin Fuzisima

4.0素朴で真っ直ぐな男

Iwarenkonさん
2020年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

インドの社会問題を描きながら、愛する妻のために諦めず進み続ける男を描く。
最後のスピーチシーンは熱いモノが込み上げてくる。
インド映画の実力を認識させられた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

5.0拍手

2020年5月29日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
でぐでぐ

4.0最高の演説

2020年5月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

最後の演説、感動した。

パリー、とっても素敵。ほんと、素敵。

妻はかわいそうだけど、。パリーに幸せになり、共に頑張って欲しかった。

これからは、
世界、
女性の感性、優しさの強さの時代になっていくし、そうでなくては、世界、そして日本もたちいかなくなる、そんなヒントを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
昔から映画好き

4.5一人の愛する女性のために、最後まで信念を貫いた男

2020年4月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

発明好きで妻思いな男ラクシュミカント。妻が玉ねぎを切るのに涙を流せば玉ねぎを自動で切る機械を作り、妻と自転車を二人乗りするために後ろの荷台に椅子を取り付ける。そして彼は妻の命を救うために、55ルピー(日本円だと大体5000円くらい?)もする生理用ナプキンの代わりに自分でナプキンを作り出そうとするのであった。

その過程は凄まじい物であり、例え村中から笑い者にされようが、家族から頭がおかしいと言われようが、彼はただひたすらに綿と布で作った手作りナプキンの研究に打ち込む。彼はただ単純に妻を、ひいてはインドに住む女性のことを思ってのことなのにあんまりだとは思ったが、流石に初潮を迎えた少女に笑顔でナプキンを渡す様は気持ちが悪い。それでも彼は辞めたりはしない。彼の思いはただ一つ。愛する女性の命を救うためである。

この映画では終始、彼は大勢の人々に受け入れられない。ナプキンという言葉を発し、手作りのナプキンを見せれば例えそれまで彼を慕っていた人でも血相を変えて彼のことを変態扱いする。
それでも彼は歩みを止めない。持ち前の機転を生かし、幾度なく困難を乗り越える。
繰り返される挫折を描いたことで、彼が人々に受け入れられた時のカタルシスはとてつもなく大きい物だった。

素直におすすめできる一作。たまにはインド映画も悪くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えねころろろ

4.0偉大なる人

Kisaraさん
2020年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

長いけど面白かったー😋
インド映画です。
女性用の生理ナプキンがなかった時代、妻のためにそれを作り、広めた男の話。
実話だそうです☺️
.
お金を稼ぐよりも多くの人が喜ぶ方が幸せなんだと。素晴らしい。
お金を追い求めてたら途中止まりだったはず。
.
ビジネスパートナーともいいコンビだったなぁ👍👍
終わり方も個人的には良かったです。
いやー、偉大な人だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kisara

5.0悪習から女性を解放する第一歩

2020年2月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨロレイヒ

4.5綺麗事なし、苦労の末に成功を勝ち取る、主人公の気持ちが良く伝わる伝記

ボヘミアン・ラクソディには遥かに比べものにならないほど、キャラクターの心情が良く伝わり、苦労を知った。

アカデミー選考者はこっちより、
圧力に負け、名声やメンツ、金を大事にしたらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ヴォルデモーツッ!ヴォルデモーッ!ヴォルデモーチッ!ヴォルデモォォオ!ヴォヴォヴォーヴォ・ヴォールデェ!簿盧出基尾!ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォッヴォオオラエモン!

2.5インド映画なかなか

見聞さん
2019年12月3日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

4.5インド怖い

2019年10月18日
iPhoneアプリから投稿

インドでは生理の日は不浄のため女は家に入れず外で過ごすらしい。女性の扱いが家畜みたいでインドには一生行きたくないと思った。
主人公の周りの人たちの頑なさがアマゾンの部族並みで怖すぎる。
アメリカ映画とか何本みても、サクッと内容忘れちゃうけどインド映画は残るなぁ。すごいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
「大空のサムライ」映画化して!

5.0一人の発明好きな男が周囲から蔑まれながらも信念を持って貫いた妻への愛が全インドの女性を救う事に繋がっていく過程の面白さと彼の崇高な信念に敬服した作品

NOBUさん
2019年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

 アクシャイ・クマール(直近では、KESARI/ケサリ21人の勇者たちの勇猛且つ人身掌握力の長けた指揮官を熱演)演じるラクシュミ・カントが実在する人物であることに驚く。何故なら、妻の体を心配して彼の行うことが逆にインド社会の慣習に反する行いと観なされ、妻とその親族からも絶縁状に近い通告を受けてしまうから。

 それでも、諦めない彼の姿は思わず”インドの豊田佐吉か!”と思ってしまった。彼が妻の健康を気遣い作り始めた製品を試行錯誤しながら作る過程が、ハラハラしながらも面白い。(だって、実験だからと言ってハプニングながら、聖なる河(この映画ではナルマダ河)を動物の血で汚したら村八分になるだろう)

 彼が、セルロース・ファイバーの存在を知り、大学教授のリベラルな父に育てられた”バリー”との出合いが彼の負の生活を変えていく過程が素晴らしい。”バリー”の活躍振りには胸がすく思いである。

 ラクシュミの妻”ガヤトリ”と”バリー”は現代インドに生きる女性を対象的な象徴として描き出している。

 特に夫の愛を感じながら、旧弊に縛られる”ガヤトリ”の悩める姿をきちんと描くことで感動的な後半のシーンが生きてくるし、”バリー”がラクシュミに惹かれる気持ちを抑えるシーンも心に響く。

 だが、最も印象的なのは、ラクシュミが国連に招かれた際の拙い英語で演説するシーンである。ここは、是非実際に映像で確認いただきたいが、私が特に感銘を受けたのは、(ニュアンスを記載、長かったので覚えきれなかった・・)
 ”皆、お金を追う、馬鹿だ!”
 ”インド、トラブルだらけの国、でもトラブルは私にとってはチャンス”
 ”私のトラブルは女性の5日間の生理”
 (この言葉、普通の男が口にできるか? 彼の高邁な精神、妻を想う気持ちが凝縮されている、今でも感銘している)
 ”トライと失敗、トライしては失敗、失敗最高”
 ”私が作ったナプキン たった2ルピー ラクシュミ頭オカシイと言われる”
 ”でも、私のナプキンを女性が使えば多くの女性が笑う、女性が強くなれば国、強くなる。偉大な男は国を強くしない・・・”

 <いつの時代でも偉大な発明家は、国家天下を語る資格があると深く感じ入った作品。>

 <2018年12月8日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5愛する妻のため

Kumikoさん
2019年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kumiko

0.5結果だけ事実のウソ映画

2019年9月20日
PCから投稿

過程は百倍もりもりのおおほらふきの話です。
本人がウソついてるんですから。
結果オーライですから。
普通に観てたらウソだとわかるから。
普通の知能があれば。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ
「パッドマン 5億人の女性を救った男」の作品トップへ