ジェノサイド・ホテル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジェノサイド・ホテル
ジェノサイド・ホテル
0%
13%
68%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2008年11月26日にインド最大の都市ムンバイで発生した同時多発テロ事件を題材にしたスリラー。同事件で最も被害の大きかった高級ホテル「タージマハル・ホテル」を舞台に、人々が味わった恐怖や絶望の4日間を描く。休暇でインドのムンバイにやってきたショーンは、活気に溢れた町や、そこで繰り広げられる極彩色の祭りにすっかり魅了される。宿泊先は最高級のタージマハル・ホテルで、そこには町の喧騒とはまた違った魅力が満ちていた。しかしその夜、突如として武装集団がホテルに押し入り、無差別に攻撃を開始。ショーンをはじめとする宿泊客たちは、想像を絶する惨劇に直面する。

2017年製作/128分/オーストラリア・ネパール合作
原題:One Less God
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

映画レビュー

2.0タイトルなし

ケイさん
2020年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0『ホテル・ムンバイ』以前にも作られていたのですね。

kossyさん
2020年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 同じ同時多発テロを描いたものだけど、こちらは20階での出来事と心理面を中心に見せている。おじいちゃんと女の子、アメリカ人夫婦、そして元記者と家族たちなど。群像劇風にストーリーは進むが、辛くも20階に集まった面々は二人のテロリストに怯えることになった。

 序盤からショーンの独白で始まり、色彩豊かなヒンドゥ儀式を交えて、悲惨なテロとは対照的に芸術作品のように描かれる。人々の心が一つになった瞬間。これもまた勇ましくも美しくも表現されているのですが、クライマックスの映像と音響がドアを叩くことに集約され、恐怖よりも鬱陶しさを感じてしまった。「治安部隊ですよ~助けに来ましたよ~」と、同じセリフを繰り返すテロリスト。緊迫感もあるにはあるが、何か別の表現もあったんじゃないかと・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

2.5絶望しかない

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2008年、インドのムンバイで起きたイスラム過激派によるテロ事件があり170名の死者を出している。
この時狙われたタージマハル・ホテルに焦点を当て、隠れる宿泊者と犯人グループを描いている。
銃を持つ犯人と武器を持たない宿泊者では勝負にならないのに、執拗に描いているのはとても辛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0今起きているテロの現実

2019年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2008年11月26日にインドのムンバイで起きた同時多発テロをもとにしたストーリー。実際に被害にあった高級ホテル「タージマハール」に突如、武装集団が押し入り、無差別に宿泊客を襲撃していく。その中で、逃げ惑う様々な国の宿泊者やテロリストの実行犯達の心の動きをそれぞれに感じることができる。

この映画を観てまず感じたことは、この2008年11月に起きたテロの印象が私の中で全くなかったことだ。

2001年9月11日のアメリカでの同時多発テロ。NYのワールドトレードセンターが崩壊していく様は、強烈な記憶として今も残っている。その日から世界の至る所で、テロが勃発していて、同じような悲劇がなんども繰り返されていることに慣れてしまっているのか。またかと思う気持ちで、1つ1つのニュースを心に留めていなかったと改めて考えた。

このテロもイスラム過激派のテロリストが、ヒンズー教を中心とするインドのムンバイで同時多発的にホテルや鉄道など複数の場所を襲撃、爆破。死者は174人、負傷者は239人、日本人も1名犠牲になった。

この映画の中では、ホテルに宿泊している様々な国の人たちが、テロリストにホテルを襲撃され、逃げ惑い、何箇所かの部屋に見知らぬ者同士が集まって、テロリストから身を潜める。映画の中では、それぞれの人間関係はあまり紹介されない。なぜ、この人たちは揉めているのかとか、どうして、この人を主人公は急に助けたのかとか、最後までよくわからない部分がたくさんある。

また、監禁されている人たちに外部の人から電話がかかってくるのだが、その内容も全てよくわかるわけではない。それぞれが、断片的にしか描かれていないし、情報もものすごく足りない。普通の映画であれば、1人の主人公の気持ちの動きや背景をもとにストーリーが展開していくのだが、物語としての深みはない。テロリストに関しても、リーダーから電話で「早くやれ!」と脅され、薬をやりながら、しぶしぶやっているところもあり、信念があってとか、計画的に動いているという感じは全くない。行き当たりばったりで襲撃していくだけなのだ。

映画のストーリーとしては物足りないところはあったとしても、現実のテロはこんな感じなのではないかと思う。

突然に巻き込まれ、周りの人たちの情報もなんとなくしか感じ取れず、でも、1つの部屋で、恐怖を感じ、お互いに励まし合い、外からの信憑性のない情報に振り回され、気が狂うような気持ちで息を潜めて隠れている。

テロリストも深い信念なんかない。自分の生まれた環境がたまたまテロリストを生む環境だっただけだ。洗脳のように「お前のやっていることは世界が望んでいる」といつも耳元で言われ脅かされ続けていたら、自分の生きる道はテロ行為でしかないと考えて、何が正義だか訳が分からず殺戮を繰り返していくだけだ。

この映画の最後にこんなメッセージがある。

「子供を殺すような信仰なんてあってはならない」

宗教は、昔から人々の心の拠り所になってきた。科学が発展していない時代で、人がなぜ病気になるのか、死んだらどうなるのか解明されていないときには、宗教によって不安を少しでも減らしたり、人としての法律に近い部分を宗教感によって補ってきたと思う。

しかし現代の一部の宗教は、その信仰心を利用して、殺人を正義と思わせてテロ行為に走る人間を作っている。彼らだって、違う環境育ち、自分で情報を得られる状況で生活していたら、無差別に人を殺すことになんの意味もないことを自分の頭で考えられたと思う。

誰かの欲望やエゴを満たすために無知な状態で洗脳された若者が、なんの深い考えもなく世界を恐怖に落とし入れていくテロ行為。いつ、自分が巻き込まれて当事者になるかもしれないその事件は、今の私たちの生活の隣り合わせでそこにある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
七星 亜李
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジェノサイド・ホテル」以外にこんな作品をCheck-inしています。