宝物の抱きかた

劇場公開日

  • 予告編を見る
宝物の抱きかた
0%
67%
0%
33%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「劇団チキンハート」所属する俳優で、小劇場やインディペンデント映画を中心に活動してきた榎本桜が、原案・監督・主演を務めた長編初監督作。映画製作のための資金をホスト業をしながら捻出し、東京で生きる苦しさを経験した榎本が、「本当の宝物とは何か?」と不器用ながらも愛を伝えていく家族の姿を描いた。実家の家業を継いだ兄のもとに、5歳の子どもを連れた弟が10年ぶりに帰ってくる。幼い頃に両親を亡くし、兄は両親を覚えているが、幼かった弟は父親のことしか記憶がない。一生懸命、ちゃんとしなくてはダメだという兄と、好きなことをできない大人になることから逃げてきた弟。2人の間にはさまざまな摩擦が生じるが、突然訪れた子どもとの出会いが、2人の間の緊張を徐々にほぐしていく。

2017年製作/84分/日本
配給:シネマクト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)「宝物の抱きかた」製作委員会

映画レビュー

3.5素麺

Bacchusさん
2018年10月2日
Androidアプリから投稿

幸せ

両親は亡くなり実家の造園業を継いだ兄のもとに、東京に出ていた弟が5歳の息子を連れて突然帰ってくる話。

帰ってきた経緯を聞いても色々あったとしか語らない弟と、喋らず笑わず特に主張もしない子供。
子供のことを可愛がっているのはわかるけれど、この先どうするのかが見えないところから話が展開していく。

短絡的で直情的で目先のことしか考えていないけれど情に厚く義理堅い弟と、マジメで賢く人当たりが良いが故に言いたいことを飲み込み気を遣う兄貴の家族の物語で、事の核心部分は無茶があるし、都合良いし、上手く行き過ぎだし、ありがちだけど、温かく優しくわかりやすくて面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全1件)