デス・バレット
ホーム > 作品情報 > 映画「デス・バレット」
メニュー

デス・バレット

劇場公開日

解説

「煽情」の鬼才エレーヌ・カテト&ブルーノ・フォルザーニが、エンリオ・モリコーネの名曲に乗せて描くフレンチウエスタン。ライノとグロ、アレックスは、装甲車を襲撃して250キロもの金塊の強奪に成功する。3人は友人の画家ルースが滞在している人里離れた廃村に潜伏するが、ある人物の訪問によって事態は思わぬ方向へと転がっていく。出演は「シンドラーのリスト」のエリナ・レーベンソン、「ゴダールの探偵」のステファーヌ・フェラーラ。「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018」(18年10月12日~/東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて開催)上映作品。

作品データ

原題 Let the Corpses Tan
製作年 2017年
製作国 フランス・ベルギー合作
配給 ブラウニー
上映時間 90分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全4件)
  • やりたい表現をやる!という決意の塊 モリコーネのマカロニウエスタンの映画音楽を大々的に引用してることからもマカロニの影響を受けていることは明らかだし、顔のアップの切り替えしを多用するスタイルも完全にマカロニだが、だからといってマカ... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2018年10月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 金塗れボディ ゴツめのウエスタンスリラー的ストーリーに攻めた映像表現を組み合わせたギャップが面白い。 アップショットや流れるようなカット割りが印象的。 女画家ルースの顔も髪型も身体もすごく好みで、ちょくちょく... ...続きを読む

    KinA KinAさん  2018年10月21日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 音楽と映像はカッコいい、とは思う 音は間違いなく格好いいと分かっていたし、格好良さ重視の絵づくりなども結構魅力的だった。 話も時間軸を重ねたり戻したりと色々と工夫めいたものも感じた、途中までは…。 あまりにイメージの挿入が多いた... ...続きを読む

    SH SHさん  2018年10月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「デス・バレット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi