ボーダーライン ソルジャーズ・デイのレビュー・感想・評価

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

劇場公開日 2018年11月16日
115件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

前作超えのウエスタン・カルテル版

エミリー・ブラントのエリートFBI捜査官が国境地帯で展開する麻薬戦争の真っ直中に投げ込まれ、彼女の目を通して地獄絵を描いた前作から、待望の続編はベニチオ・デル・トロの暗殺者、アレハンドロに主眼が移ったことで、父親の執念のドラマへと完全にシフト。カルテルに妻子を殺されたアレハンドロが、任務遂行の過程で道中を共にすることになる敵方の娘に、とても微妙な愛憎相半ばする感情を抱き始める件は、渋いし切ないし、それ故に殺伐感が半端ない。そんな男の激しく揺れ動く内面を、ほぼ無表情で演じきるデル・トロは、オスカー受賞作「トラフィック」に匹敵する出来映えだ。観ようによってはウエスタン・カルテル版ともとれる本作は、数少ない前作超えの続編として記憶されるべきだと思う。

MP
MPさん / 2018年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 11 件)

このイタリアからやってきた奇才は想像以上のバケモノだ。

ヴィルヌーヴ不在の続編など牙を失った猛獣に等しい、などと大口を叩いていた自分を呪いたくなるくらい、この続編には心臓を勢い良くズバンと射抜かれた。ぐうの音も出ないほど完敗である。今となってはエミリー・ブラントを出さなかった理由も痛いほど理解できる。彼女は自ら物語を切り開くヒロインだったわけではなく、むしろ観客目線で暗黒世界に足を踏み入れるカナリアだった。そんな彼女も現場を去り、そして我々は遂に誰の目も介することなく、あのヤバすぎる男たちのヒリヒリするほどの本性を直接的に目撃することに。ヴィルヌーヴからバトンを受け取ったステファノ・ソッリマ監督は、前作ほどの研ぎ澄まされた鋭さはないにしろ、猛獣が檻から放たれたような激しさと、心の痛みや悲しみを剥き出しにする演出が秀逸。それから本作はとにかくデル・トロとあの少女が魅せる。全くなんという骨太な展開なんだろう。おかげで今から最終章が楽しみでならない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 10 件)

内面重視かつ緊張感があって面白かった。

『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』字幕版

*主演*
ベニチオ・デル・トロ
ジョシュ・ブローリン

*感想*
前作はだいぶ前に鑑賞済み。続編ではエミリー・ブラントが主人公ですが、今回はデルトロとブローリンの人物を中心に描かれ、緊張感があって、確かに退屈シーンは多いものの、デルトロとブローリンの内面を前作より深く描かれてたし、デルトロは暗殺者ですが、見た目は怖いですが、悲しい過去もあって、優しさを一面を見せる場面が数ヶ所ありました。

デルトロの「アディオス」と挨拶し、銃を乱射するシーンが特に渋い!
麻薬カルテルの娘を国境まで届けるミッションは、賛否によると思うんですが、なかなか緊張感がありました。

欲を言うならば、アクションシーンをもっと見たかった。それだけ。退屈だったけど、面白かったです!

続編あるのかな~

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2019年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち

盛り上がらず。
でも一定の緊迫感がずっとあって退屈はしやんかった。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2019年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドゥニの手を離れ…てもすげぇ!

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督の手を離れる事で私の中での期待値は下がっていたのは認めざるを得ない。
とは言え、前作がとにかく素晴らしい作品だったため、その続きを見届けるべく劇場へと足を運んだ。
鑑賞後、震えながら出て来た。
こいつぁ、やべぇもん観ちまった。
前作で描かれた“現実”の範囲をより我々一般庶民達の“現実”に上手く広げた事で冒頭から鷲掴み状態。
昨今のCGだらけの作品群には到底表現出来ないであろう究極の現実(リアル)に心が震えた。

SUPER SNICKERS
SUPER SNICKERSさん / 2019年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作より

前作の終始不穏な空気感は残しながら、主人公二人の内面を描くことでドラマチックになっていて、個人的には前作より面白かった。
話の流れ的に、多分、続編も作られるよね。楽しみ。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2019年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アレハンドロのタフさが凄い

またあの不気味な音楽が流れて、今回も容赦なしですね、なんと残酷で恐ろしい。ジョシュブローリンも良かったですが、今回はベニチオデルトロ演じるアレハンドロのタフさが半端ないです、そしてカッコいい。この争いに終わりはあるのか、3作目でどのように締めくくるのかが楽しみです。エミリーブラント復活して欲しいですね。

サラ
サラさん / 2019年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3作目は?

前作は、気鋭のドゥニ。全てに於いて上。比べるのは、不粋てなもんで。そんな中でも、娘の通う校長のリアルな自然な演技と、精鋭の部隊が実行する様なリアルな銃撃戦は、よかった。

ツバキ
ツバキさん / 2019年5月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊張感がハンパない。

陳腐なホラー映画よりよっぽど怖かった。
いつ死ぬか分からない。
いつ死んでもおかしくないそんな世界観だった。
世界観というか、これがリアルなのがとても怖い。
刻一刻と立場も状況も変わって行くストーリーに
緊張感がハンパなかった。

国境近くは、もはや中東と変わらない。
そこに中東からのテロリストや麻薬カルテルが
関わるのだから、この世の地獄。

子ども達が自分のいる環境で
カルテルの下請けみたいな仕事に着く意外、
道がないのも悲しかった。
あの少年がどうストーリーに関わってくるのかと
思っていたらラストにこういう運命が待っていたか!
とゾクっとした。

ジョシュ・ブローリンとベニチオデルトロの
お互い100パーセント信じてないけど、
友情を感じてる関係性がたまらなかった。

放題がソルジャーズデイなので、
ラストのベニチオデルトロのセリフが掛かってないのが
少し残念だった。
でも「ボーダーライン 暗殺者」じゃダサいしな…

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2019年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前編とはまた違った面白さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前編はベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンの魅力が半端なく、なんだこの2人は!?と感じた。
続編が出ているのを知り、即観たいと思った!
始まりから前編と同じ雰囲気だが、2人の考え・正義感が要所要所に垣間見えた(前回は2人の非情さが全開にでていた)
途中まではいつも通り作戦を卒なくこなすが、途中で失敗をしてしまう、、、
この世界では誰でも運やタイミングが悪いと死にすぐ繋がるのか…怖さを感じた。
だがそれでも最後は続編をまた観たくさせる締めくくりで終わった。
最後に特典を見ていると前回のビルヌーブ監督から変わった事を知った!!
確かに前回と雰囲気やカメラワーク、出演者の表情の見せ方など、違うなと、、、
ベニチオとジョシュが出ていれば監督がまた変わっても続編があればまた観たい。

ペキ
ペキさん / 2019年5月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

欲求不満

前作が名作過ぎたか。でも考えてみると、テーマ的に前作あれなら今作はこれしかないよな、という感じ。ただ前作のように「我々の代弁者」がいないので、没入感が弱く、そこそこ面白いサスペンスアクションを見たな、という印象しか湧かない。

あずき
あずきさん / 2019年4月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静かな緊張感は相変わらずだが

麻薬カルテルの内紛勃発を任されたCIAのマットは実働部隊に暗殺者のアレハンドロを雇うが…。
潜伏するギャングに脅かされる緊張感が強く先の読めない展開にも唸らされた前作に比べると割と大衆的に感じてしまうが、デルトロは相変わらず渋格好良かった。

shotgun
shotgunさん / 2019年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはダメでしょ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ベニチオの活躍を期待して鑑賞。
前作は正直言って、ヴィルヌーブの勘違いおしゃれ演出が邪魔をして
映画としては立派であっても
ベニチオの復讐を映像として見せないという
中途半端な感が否めなかった。
今回は冒頭からしっかり人の死ぬところを
描いているので期待していたら
少女との邂逅しかない。そんなの求めてない。
不死身なのは良い、でも何も果たせていない。
こんな映画ありますか?
主人公の想いが何も果たせず、何も進まず
オープニングから一ミリも成長しない映画。
見る価値ありますか?12話のドラマならば
4話くらいの内容です。
これの一体何が良いのかを知りたい。
もうこのシリーズには期待しない方がいいのか、、

nov
novさん / 2019年4月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカが最大のテロ組織であることを証明した

最初から最後まで目が離せない緊迫した展開。
黙々とこなす主役達の、素朴に見える演技はまるで現実をドキュメンタリーで切り取るかのよう。
囚われた少女の恐怖が切実で、見ていて掌に汗がにじむ。
麻薬組織の男達が、まるで本物の様な迫力。
アメリカ政府の立ち位置が、コロコロと変わる様は現実的。
末端のCIAや軍の者が右往左往する様が痛々しい。
なにを信じればいい。
本物の本当にすべき事は?
最後に、主役のCIAが命令に逆らい、少女を保護して、証人に持ち込む事は、アメリカの希少な良心だと信じたい。
麻薬組織に対しては正義だが、9;11での自作自演、イラクの石油を横取りするための嘘のフセイン叩き、イスラム国の裏での操作、アメリカがいかに反社会的な存在か、わかろうと言うもの。
出来れば、アメリカの闇にも手を出してもらいたいものだ。

アサシン
アサシンさん / 2019年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

善悪の境界線を越えた先には… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アメリカとメキシコの国境で繰り広げられる麻薬戦争を描いた社会派アクションの続編。
前作は緊迫感溢れるエンタメ性と見応えもさることながら、平和ボケの国に暮らしている我々にとっては壮絶で戦慄で衝撃的でもあった。

本作も開幕から恐ろしい世界へ入り込んでしまう。
商業施設を襲った自爆テロ。多くの民間人が犠牲に。
銃撃や襲撃。それらが突如として起こるが、当たり前のように。
いつも何処かで恐ろしい事件が起き、命が巻き込まれ、奪われる…。
決して映画の中だけの絵空事と言い切れない。
しかし、それらと同じくらい恐ろしいのは、寧ろ…。

自爆テロは、メキシコ麻薬カルテルの手引きによりメキシコを経由してアメリカに不法入国した密入国者の犯行と断定。
アメリカ政府は、カルテル壊滅作戦を決行。その作戦とは…、
麻薬王の娘を敵対組織と見せかけて誘拐、カルテル同士の抗争を誘発させる…というもの。
目には目を…とは言うが、幾ら報復と正義という大義の下、こんな違法手段が命じられる。娘を利用してまで。
それだけじゃない。
思わぬ事態が起き、作戦は中止に。
証拠隠滅の為に娘が抹殺対象となる…。
アメリカ政府や作戦チームがまるで巨大犯行組織や暗殺集団に見えてくる。
カルテルとアメリカ政府、一体どちらが非道なのか。
善悪の境界線を越えた先には、法も秩序も無いのか…?

続投のベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリンが男臭い魅力と存在感をたっぷり!
“シカリオ(暗殺者)”でありながら、誘拐した娘へ情を見せるアレハンドロ。
彼の家族を殺したのは娘の父親の手下であったが、娘に亡き自分の娘の姿を重ねたかのように…。
マットこそ手段を選ばない非道の張本人だ。
が、政府の命令や抹殺対象となったアレハンドロと娘に納得いかず、反して“やるべき事をやった”ラスト。
無法の戦争地帯で、ひと握りの救いを感じた。

脚本のテイラー・シェリダン以外、メインのスタッフをチェンジ。
クライム・ムービーを多く手掛け、抜擢されたイタリアの俊英ステファノ・ソッリマの演出は、ド派手なアクションや爆破、ヒリヒリとした臨場感や緊迫感の手腕を発揮。
故ヨハン・ヨハンソンの弟子による不穏を煽るスコアも師譲り。
でも本音を言うと、前作のスタッフでの続編を見たかった…。

デル・トロとブローリンの続投は嬉しいが、エミリー・ブラントの不在は残念でならない。
絶対的法と秩序だったが、善悪の境に立たされる彼女の存在はやはり大きかった。
その為今回は登場人物はいずれも境界線を越え、揺さぶられる善悪の概念にちと欠けた。

さすがに前作ほどではなかったが、それでも上々の衝撃と見応えの社会派エンタメ。
マットのその後。
「シカリオになりたいか?」とある人物の前に現れたアレハンドロ。
そして境界線を越えてしまったケイトもカムバックさせ、
是非とも第3弾も見たい!

近大
近大さん / 2019年4月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全てがレベル高い

面白かった。
マフィアのボスの娘役の子が際立っている。
あんな目をしている子役はあまりいないと思う。
ストーリーも、前作の女性は出て来ず、より暴力的に、過激な展開に。
前作のメキシコに入国シーンのスリルが今回もパワーアップして、期待通りだった。
ジョシュ・ブローリンがどうしてもサノスと被ってしまうのは雑念になってしまったが。
役者、ストーリー、映像、全てがレベルが高い。

ttak
ttakさん / 2019年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーダーラインシリーズは初鑑賞でしたが面白かった。

ボーダーラインシリーズは初鑑賞でしたが面白かった。

さ
さん / 2019年2月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正義とは悪とは。その説教すらしない。

全員悪人であることを描きつつ、現代の社会情勢とリンクさせ、それぞれに正義があることを過剰な演出なく冷たく表現している。

サピエンス
サピエンスさん / 2019年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しびれまくり!

主人公がとにかくカッコいいです。
話もちゃんと説明してくれるのでちょっと複雑でも理解できました。

ただ、前作のストーリーはほぼ関係ないのに、露骨に次回作に引っ張る感じはどうかなと思うところもあります。そこは一つ一つ片付けていこうよと!

次回作も必ず観ます!
あまりに主人公の無敵性に主眼を置いた作品作りをするとただの007になるので、そこはちょっと心配です。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2019年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作の方が好き

前作は大傑作でしたが、今作は微妙な印象を受けました。
三部作構想があるらしいためか、いかにも次回に続くな終わり方で、あの話はどうなったの?と思うし、主人公の二人の性格もちょっと変化して、モヤモヤが残った。
監督のほかにも、カメラマンが変わり、前回と比べると絵も印象に残らない。
前作と比べなければ、そんなに悪口は言わないんだけれど…

roady
roadyさん / 2019年1月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

115件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報