ブレッドウィナー

劇場公開日:

ブレッドウィナー

解説

タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、過酷な日常を生き抜こうとする少女とその家族の姿を描き、第90回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた社会派アニメ映画。原作はカナダの児童文学作家デボラ・エリスの小説「生きのびるために」。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」のノラ・トゥーミー。両親や姉、幼い弟と暮らす少女パヴァーナへは、戦争で片脚を失った父と一緒に露店を出して日銭を稼いでいた。そんなある日、父親が突然タリバンに連行されてしまう。女性だけでの外出は禁じられており、一家は食料も買うことができず窮地に立たされる。そこでパヴァーナへは髪の毛を切って男装し、街へ働きに出るが……。2018年「26th キネコ国際映画祭」で上映され、長編グランプリを受賞。Netflixでは「生きのびるために」のタイトルで配信。

2017年製作/94分/G/アイルランド・カナダ・ルクセンブルク合作
原題:The Breadwinner
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Cartoon Saloon

映画レビュー

2.5戦争に翻弄された人々。砂漠の空気感と夜の冷込みが感じる。

2022年7月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

単純

幸せ

内容は、度重なる中東戦線を背景に2001年から始まるタリバン政権下のアフガニスタン付近に住む家族と周囲の人達の話。好きな言葉は『月が水を押したり引いたりする場所で逢おう!』同じく男装した少女友達に告げる別れの言葉。アフガニスタン🇦🇫は海がないので国外逃避行を表現した所が切ない。それはお互いの希望と共に死を連想させる。そこまで追い詰められた環境下で、生き抜く為に各人が稼ぎ頭になり生活しなければならない様を分かりやすく表現していると思います。好きな場面は、父親を連れ去った一人の少年から友達と二人で逃げ、山の⛰小さな洞穴に逃げる場面で💨追いかける少年が洞窟が狭くて入れず、思わず自動小銃のトリガーを引いてしまい、引いた自分が、青ざめて引いてしまう所が怖かった。恐らくあれが人に向けて始めて発砲してしまった。そして気になる少女を殺してしまった?!少年の戸惑いと焦りと心配の表情はタリバン政権下民兵の業深い所だなあと感じました。作品を通じて砂漠の広陵とした砂塵と油断スモッグと戦火取り巻く風土と夜の寒さや月の明るさなど自然が上手く表現されていた様に感じます。壁に沢山の銃痕。女子の外出禁止。止むことのない怒りの💢連鎖。表には出さないが優しい人々。思いやりのある家族。教育が助かるきっかけになる。環境に恵まれて運が良かった。それぞれが重なり合い細やかな救いに落ちた所が幸せな気持ちになります。小さな所では、お父さんを助けてもらったらお礼は言わなきゃねー。お母さんも助けを求めておいて気に入らず急に殺すか解放してとか。お父さんを逃す時に言い訳に『一人だけだからいいだろうとか』無茶ぶりな所がありますが全く知らない環境を知るいい機会になりました。20年後に月が水を押したり引いたりする砂浜で友達と再会できることを願ってやみません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
コバヤシマル

4.0アフガニスタンの現実

2022年1月30日
iPhoneアプリから投稿

 タリバン政権下のアフガニスタンの様子。これも、実写なら辛くて観れないかも。
 パヴァーナの父がタリバンに連行される理由もよくわからないのに、無理矢理つれていかれる事ももちろん納得できることではない。女は外に出るな、と言っても、父親を連れていかれ、他には家族に男は小さな弟しかいないのに、買い物にも行けない。じゃあどうすればいいの?パヴァーナは男の子に扮装してなんとか買い物にも行けたが、実際にこういう場合、どうしているんだろう。どうしてこうも女性が不利な立場に追い込まれるのか。
なんとかならないものだろうか、、、😮‍💨

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
アンディぴっと

5.0些細な事で悩まず彼女を見習いたまえ

TRINITYさん
2022年1月26日
Androidアプリから投稿

平和で、安全で、食べる物に困らず、自由に、行きたい場所に行ける日本に暮らし、小さな事で怒り、むしゃくしゃして人を殺める。

平和がもたらす自由を、間違った使い方をして無駄にするな。

世界には最低限の人権が保証されずに生きる人々がいる事を知れ。

そんな事を訴えている映画ではないのに、そんな気持ちになった。

もしあの国に産まれたら、絶望しか感じない。

自由で安全な日々が私にもたらす精神の弱体化。

自分は彼女のように無心に強く生きられるのか?

世界の片隅で、本当に起こっているだろう日常生活を淡々と、美しい映像で伝えるアニメ映画

無秩序なテロリズムの制する社会で育つ恐怖

世界はまだまだ成熟してないのだと思い知らさられる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
TRINITY

3.0今度はアフガニスタン

2022年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2001年、アフガニスタンを制圧していたタリバンに翻弄される一家の悲劇を描くアニメ。
これも胸が苦しい作品で、今のタリバンではない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る