生きのびるために
ホーム > 作品情報 > 映画「生きのびるために」
メニュー

生きのびるために

解説

タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、過酷な日常を生き抜こうとする少女とその家族の姿を描き、第90回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた社会派アニメ映画。原作はカナダの児童文学作家デボラ・エリスの同名小説、監督は「ブレンダンとケルズの秘密」のノラ・トゥーミー。両親や姉、幼い弟と暮らす少女パバーナは、戦争で片脚を失った父と一緒に露店を出して日銭を稼いでいた。そんなある日、父親が突然タリバンに連行されてしまう。女性だけでの外出は禁じられており、一家は食料も買うことができず窮地に立たされる。そこでパバーナは髪の毛を切って男装し、街へ働きに出るが……。日本では「26th キネコ国際映画祭」(2018年11月22~11月26日/109シネマズ二子玉川ほか)で上映され、長編グランプリを受賞している。

スタッフ

監督
製作
アンソニー・レオ
アンドリュー・ローゼン
ポール・ヤング
トム・ムーア
ステファン・ローランツ
製作総指揮
アンジェリーナ・ジョリー
原作
デボラ・エリス
原案
デボラ・エリス
脚本
アニタ・ドロン
編集
ダラ・バーン
音楽
マイケル・ダナ
ジェフ・ダナ

キャスト(声の出演)

  • サラ・チャウドリー
  • ソーマ・バティア
  • アリ・バドシャー
  • シャーイスタ・ラティフ
  • ラーラ・サディク
  • カワ・アダ
  • ヌーリン・グラムガウス

作品データ

原題 The Breadwinner
製作年 2017年
製作国 アイルランド・カナダ・ルクセンブルク合作
上映時間 93分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
長編アニメーション賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート
最優秀長編アニメーション映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全3件)
  • 臨場感 キネコ国際映画祭にて観賞、戸田恵子さん・中山秀征さん他7人程でのアフレコ風ライブシネマ、渋い中山秀征さんも良かったですが戸田恵子さん凄いですね。 ...続きを読む

    褐色の猪 褐色の猪さん  2018年11月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 知識と教養の大切さ タリバンの話はホントに辛くて夢であってほしいと思うばかり。自分の無力さを痛感して切なくなる。 この映画は宗教的弾圧で女性が差別されていることをメインに描く。寓話は自分たちの境遇を表している。秀逸... ...続きを読む

    けつお けつおさん  2018年10月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • Brave タリバン政権下のアフガンを舞台にその不条理を訴えながらも、それに抗する少年に化した少女の姿を通して、より普遍的なその勇敢な意思のなせることへの希求を伝える。物語に出てくる背後からついてくる影は恐... ...続きを読む

    Kj Kjさん  2018年9月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

ブレンダンとケルズの秘密
ブレンダンとケルズの秘密 (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「生きのびるために」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi