ブレッドウィナー

劇場公開日

ブレッドウィナー
ブレッドウィナー
29%
50%
14%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、過酷な日常を生き抜こうとする少女とその家族の姿を描き、第90回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされた社会派アニメ映画。原作はカナダの児童文学作家デボラ・エリスの小説「生きのびるために」。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」のノラ・トゥーミー。両親や姉、幼い弟と暮らす少女パヴァーナへは、戦争で片脚を失った父と一緒に露店を出して日銭を稼いでいた。そんなある日、父親が突然タリバンに連行されてしまう。女性だけでの外出は禁じられており、一家は食料も買うことができず窮地に立たされる。そこでパヴァーナへは髪の毛を切って男装し、街へ働きに出るが……。2018年「26th キネコ国際映画祭」で上映され、長編グランプリを受賞。Netflixでは「生きのびるために」のタイトルで配信。

2017年製作/94分/G/アイルランド・カナダ・ルクセンブルク合作
原題:The Breadwinner
配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Cartoon Saloon

映画レビュー

5.0多くの人に観て欲しい

Yurikaさん
2020年8月19日
スマートフォンから投稿

「女は家から出るな」。タリバン政権下のアフガニスタンでは、女は必ず男と一緒に外出しなければならない。女だけで外出するとムチで打たれ、殴られる。それは男の名誉を汚すことだと考えられているからだ。男の家族を失えば、収入が得られず食べ物も売ってもらえなくなる。これはフィクションではなく、実際に起こったことだ。歴史を知る上でより多くの人に観ていただきたい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yurika

5.0私たちが物語から受け取るもの

たまこさん
2020年4月29日
Androidアプリから投稿

後半、父と兄の名を呼ぶ主人公の必死さに泣いてしまった。
まだ大人ではない少女が立ち向かわなければならない現実はとても過酷だ。
守られて、可愛がられてよい歳だろう。
男に咎められないように生きなければならない、自分の身を守る術がないとは、どれほど不安な日々だろうか。

最終的に物語は一応の結末を迎えるが、私は権力(武力)の恐ろしさに身が竦む思いだった。
この現状は、個人の身の振り方だけでは改善できないものだと思ったからだ。

個人の力では、銃を持った権力者には太刀打ち出来ない。
でも、主人公は「怒りではなく言葉を伝えて」と言った。
最後、花が育つシーンがあったが、映画を見た私も種をもらった気分になった。
大事に育てていきたい。
(そして色彩が本当に綺麗だった~)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまこ

2.0逞しく生きることの美しさ

KZKさん
2020年1月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
KZK

4.0社会が進むべき方向とは

Angelicaさん
2020年1月26日
iPhoneアプリから投稿

未だに不条理のなくならない世界を改めて考えさせられる。インターネットや衛星で人の世界はこんなにも繋がっているのに、未だ多くの地域で不条理に虐げられている人々がいる。その事実にどう向き合えばいいのか。自分がどのように受け止めて、考え、行動することができるのか。簡単に答えは出ない。
しかし、日本は幸運なことに、先人たちの努力と先見性のおかけで、ここまでの不条理は脱することができた。
その社会で生活をしている者として、少なくともここまでは不条理の無い社会を作る事はできることを、もっと世界に発信し、その一助ととなれるよう、広い視野と独創性、行動力をつけていく努力はしたいと、考えさせられた。

アニメーションについては、よく動いていて、細やかな芝居も描かれていて良かった。欲を言えば、乗り物もCGではなく描きで動かして欲しかった、というのは贅沢か。色も含め、魅力的な画面でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Angelica
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る