さくらになる
ホーム > 作品情報 > 映画「さくらになる」
メニュー

さくらになる

劇場公開日

解説

「押し入れ女の幸福」でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014短編部門グランプリを受賞した大橋隆行監督が手がけた長編作品。人間が桜になって死んでしまう世界を舞台に、失われていく命と向き合う恋人たちの姿を描いた。人体から桜が咲き、人間が桜になって死んでいくという謎の病気が蔓延した世界。原因不明で有効な対策もないまま時が流れ、いつしか人間が桜になって死ぬことが日常となっていた。そんな現実を受け入れたあかり、現実に抗うひろき、桜の木を調査する翔太、弟が桜になって死んでしまった紗綾など、それぞれに思いを抱えた人々のドラマが紡がれる。

スタッフ

監督
脚本
大橋隆行
撮影
田辺清人
照明
長田青海
録音
日野雄貴
ヘアメイク
田村友香里
編集
大橋隆行
音楽
上久保汐李
助監督
森田博之
原啓仙
制作
舟橋望美
MA
柳田耕佑

キャスト

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
上映時間 78分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「さくらになる」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi