つかのまの愛人
ホーム > 作品情報 > 映画「つかのまの愛人」
メニュー

つかのまの愛人

劇場公開日

解説

1960年代に監督デビューを果たし、「ギターはもう聞こえない」「恋人たちの失われた革命」で2度のベネチア国際映画祭銀獅子賞に輝いたフランスの名匠フィリップ・ガレルが、「ジェラシー」「パリ、恋人たちの影」に続く愛の3部作の完結編ともいえるかたちで完成させた恋愛ドラマ。大学生のマリアーヌと3カ月前から同棲している哲学教師ジル。彼にはマリアーヌと同い年の娘ジャンヌがいる。恋人にふられて人生で初めて絶望を感じたジャンヌが父であるジルのもとを訪れ、3人の共同生活がスタートする。ジャンヌとマリアーヌの間に奇妙な絆が芽生え、それはやがて友情だけではない感情へと昇華していく。ジャンヌ役をフィリップ・ガレル監督の娘で、「君の名前で僕を呼んで」に出演したエステール・ガレルが演じた。

作品データ

原題 L'amant d'un jour
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 コピアポア・フィルム
上映時間 76分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「つかのまの愛人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報