つかのまの愛人のレビュー・感想・評価

メニュー

つかのまの愛人

劇場公開日 2018年8月18日
1件を表示 映画レビューを書く

男一人・女二人の人間関係の移り変わりが地味に面白い

大学の哲学教師ジルとその教え子であり恋人であるアリアンヌ、そして同い年のジルの娘ジャンヌの三人の奇妙な同居生活の始まりから突然の終焉までを描いた作品。男友達と喧嘩別れして同棲している二人の居宅に転がり込んできたこともあり、ジャンヌは当初肩身が狭い思いをしていたが、アリアンヌと親密になるにつれ、三人の関係性に徐々に変化が。特にアリアンヌの「雌」の部分をジャンヌが認めるようになって一気に物語が展開する辺りは、登場人物の表情の陰影とディテールがより浮立つモノクロ映像の効果と相俟って、心理劇としての本作の魅力を引き立てていたように思いました。アリアンヌ役の女性は撮影当時まだ演劇科の学生だったようですが、清楚な女学生から男を篭絡する魔性の女までを見事に演じており魅力たっぷり、将来が楽しみな女優だと感じました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報