コードネーム:リクイデーター

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
コードネーム:リクイデーター
0%
0%
75%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」を手がけたロシアの映画スタジオ、モスフィルム製作のもと、2004年にロシアで起きた「ベスラン学校占拠事件」を題材に、ロシア諜報機関FSBとテロリスト集団の激しい攻防をリアルなバトルシーン満載で描いたタクティカル・アクション。数百人の市民を殺害した狂信的なチェチェン系テロリスト集団が、次のターゲットを首脳サミットの開催地サンクトペテルブルクに定めた。現地に派遣されたFSBのベテランエージェント、イゴールは、過去の任務で部下を殺害された怒りから過激な行動に出てしまう傾向があり、彼自身もこれを最後のミッションと決めていた。テロリスト集団が強奪した最新型地対空ミサイルを追い、彼らの根城であるチェチェン・イングーシ共和国に乗り込むイゴールたちだったが……。「BBAD バリバリ・アクション・伝説」(7月28日~、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷)上映作品。

2018年製作/96分/ロシア
原題:Decision: Liquidation
配給:彩プロ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Mosfilm Cinema Concern, 2018

映画レビュー

3.0北オセチア共和国

2019年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

2004年、ロシア連邦の北オセチア共和国でチェチェンのテロ集団が学校占拠事件を引き起こす。
首謀者は次の作戦を発動、ロシアの保安部門もこれを察知、テロを防ぐために撲滅作戦に出る。
残念ながらテロの火種は尽きない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0告知つき

Bacchusさん
2018年7月30日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

サミットを狙いミサイルを入手しようとするテロリストをロシアの諜報機関が阻止しようと奮闘する2004年に起きた実話をもとにした話。

テロリストを如何にも悪役風にバカっぽくみせていたり、何でもかんでも説明してしまったり、その割りあっさりと話が進んでいってしまったりとチープさ満載。

話自体は面白いのだけど、ポンコツ感が抜けず盛り上がりに欠けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bacchus
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る