劇場公開日 2018年7月28日

「内通者の苦しみが心に迫ります。」コードネーム:リクイデーター よしさんの映画レビュー(感想・評価)

2.53
0%
14%
57%
29%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5内通者の苦しみが心に迫ります。

よしさん
2020年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ロシア諜報機関とチェチェン民族主義者のテログループの戦いを描く物語。

ロシア発のスパイサスペンスです。テロ事件である「ベスラン学校占拠事件」を下敷きにして、テロリストを追い詰めていく捜査官を描きます。
テロリストに対する恨みや憎しみは兎も角として、イスラム教徒を一方的に悪く書いていないことには好感がもてました。
特に、内通を請け負ったイスラム教徒。学校を標的にしたテロに対する憤り、子供に対する愛情、それでも自らの裏切りに対する悔恨。それらが良く描かれていて切なくなります。
派手さにかけることは難点ですが、それなりに楽しめる作品だったと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
「コードネーム:リクイデーター」のレビューを書く 「コードネーム:リクイデーター」のレビュー一覧へ(全3件)
「コードネーム:リクイデーター」の作品トップへ