いつも月夜に米の飯

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
いつも月夜に米の飯
5%
27%
45%
14%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「おんなのこきらい」の加藤綾佳監督が、「non-no」モデルで映画「最低。」で本格的に女優業を開始した山田愛奈を主演に迎え、ふたりの出身地である新潟県でオールロケを敢行した人間ドラマ。東京の学校に通う女子高生・千代里のもとに、地元・新潟で居酒屋を営む母・麗子が失踪したという報せが届く。女手ひとつで千代里を育てた麗子は以前から男癖が悪く自由奔放で、千代里はそんな母へのわだかまりを抱えながらも新潟に戻り、残された料理人アサダとともに居酒屋で働くことに。最初は嫌々だった千代里も、個性豊かな常連客たちや酒屋の息子・瑛一、父親のように気遣ってくれるアサダらに対し、少しずつ心を開いていく。

2018年製作/104分/PG12/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0気持ちの悪い主人公

2020年1月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

恋心を感じるまでの流れはギリギリ見られたけど、あとは思春期爆発の気持ち悪い行動のオンパレード。主役の演技が下手くそなので余計そう感じたのかも。棒って感じ。
あさださんはかっこよかったなー。
いや!でもなにあのエピローグ。
ほっこりおいしいごはんもの映画と思ったのに、なんかひたすら不気味でした。見なきゃよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
河野裕子

4.0見ず嫌いはやはり良くない

コッチさん
2019年3月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

当初、予備知識無し、タイトルだけで見ず嫌いの印象を持っていた作品。
今年は見ず嫌いにもあえて手を出していこうと決めているので全く期待していない中での鑑賞。
勝手にタイトルから毒にも薬にもならない暇つぶし作品だと決めつけてたけれど、実際はなかなか良い意味で毒を持った作品でした。見終わった印象、時間の無駄では無かったと感じたので評価やや高めになってます。
主人公の女の子と酒屋の男の子の2人だけは知らない役者さんでしたが、居酒屋の常連役の脇の役者さん含め、配役は総じて良かったと思います。(正直MEGUMIは苦手ですが、この作品に関しては終始控えめ演技でジャマはしてなかった。)中でも角替さんの存在感はダントツ、高橋由美子の配役に関しては色々意見あるようですが、顔は可愛いけど体系は寄る年波には勝てずの感じが、この映画の1番のリアルだと私は思ったのですが…。
ラストは男性から見たらまるでホラーと受け取る方も居るみたいですが、私から言わせるとまどろっこしい男…そこに居るくらいならもっと早く受け入れられたのでは??の印象。
うまく説明出来ないけど、空気感が好きな作品だったので、この監督の次回作は劇場に見に行きたいと思います。
ただ、今海外で生活しており日本食に飢えているはずの私から見ても、どの料理も全く美味しそうに見えませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コッチ

3.0悪くはないんだけどね

2018年9月17日
Androidアプリから投稿

ストーリーが今一つ。とりわけ、エピローグが不要。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムーラン

3.0ほっこり系のご飯映画かと思って見てみたら

ゆいさん
2018年9月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆい
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「いつも月夜に米の飯」以外にこんな作品をCheck-inしています。