馬の骨

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
馬の骨
10%
60%
25%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

かつて音楽オーディション番組に出演した過去の栄光を忘れられない中年男性と平成生まれのアイドル歌手との奇妙な交流を描いた音楽コメディ。熊田はかつて放送された人気番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出場したバンド「馬の骨」のリーダーだったが、今は工事作業員として働く中年男になっていた。作業現場でトラブルを起こし解雇され、社員寮から追い出された熊田は、家賃1万5000円のシェアハウスに転がり込む。そこでシンガーソングライターを志しながらアイドル活動をするユカと出会った熊田にかつての輝いていた若き日々が去来し……。ユカ役にNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演し、本作が映画初主演となる小島藤子。本作の監督で熊田役を演じるのは、バンド「馬の骨」のリーダーとして実際に「イカ天」出演経験の過去を持つ桐生コウジ。

2018年製作/91分/日本
配給:オフィス桐生

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 オフィス桐生

映画レビュー

3.5負け犬だって輝きたい

ローチさん
2018年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

実際にホコ天出演経験のあるバンド「馬の骨」のメインボーカルだった桐生コウジ氏が監督と主演を務める人間ドラマ。現実とフィクションを織り交ぜたような設定が面白い。本人ではなくては描けないだろうリアリティと哀愁がある。

過去のちっぽけな栄光を忘れられない中年男と、売れない地下アイドルをやりながらシンガーソングライターを目指す少女という、負け犬コンビが厳しい現実に立ち向かいながら夢を歌う。

輝きたいけど輝けない人はいる。これはそういう人に対する応援歌であると思う。社会は成功した人ばかりじゃないけど、負け犬にも挟持はあるし、情熱はある。というより成功者より失敗者のが世の中多いんじゃないか。でもメディアもテレビもスポットライトをあてるのは成功者ばかりだ。

たまにはこんな負け犬が輝いてもいいじゃないか。観ると勇気がもらえる良作だ。

あと、ちゃっかり声優アイドルの茜屋日海夏が出ているのはなんか笑ってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

3.5イカ天から30年。リアルとフィクションの狭間を吹く風のごとき熱いコメディ

2018年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

楽しい

「イカ天」が誕生して30年が経とうとしている。深夜にブラウン管TVの前で見守っていた自分にとっても思い出深いのだから、これに出演したことのあるバンドマンは一生涯忘れ得ぬ「誇り」でもあるはずだ。タイトルにもある「馬の骨」は本当にイカ天出場経験のあるバンドで、監督と主演を務める桐生コウジはここのボーカルを務めていたという。

北野映画で脇を固める彼の、ちょっと怖そうに見えて実は小心者で優しく一生懸命というキャラが面白く、ついつい応援してしまう。ある意味、これは過去に置き忘れた忘れ物を取り返しに行く物語であり、自分自身に決着をつける物語。そして彼のみならず、そこに元アイドル、今はシンガーソングライター志望の若きヒロインを配置することで、親子ほど歳の離れた彼らの二人三脚、いや運命共同体を成立させ、これがまたストーリーの香りを驚くほど引き立てる。泥臭く、かっこ悪くも、何か熱いものが残る一作である。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

5.0これぞ映画

junkodxさん
2018年6月24日
iPhoneアプリから投稿

面白かった!笑って泣けてほっこりする最高の映画でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
junkodx

4.0おもしろかった!

rinrinさん
2018年6月13日
iPhoneアプリから投稿

テアトル新宿 20時50分の回
上映後のトークショー付き

30年も経っててバンド名は記憶に無かったけど、曲は覚えていました。あのビジュアルよりも私にとっては曲の方が心に響いていたんでしょうか…

狭いライブハウスでライブ中にステージから降りて急に客と一体化する感じとか、少し強引だけど凄く良かったなー。これぞライブハウスの醍醐味!って感じ。

ちょっとだけ昔に戻れた感じがして心が温まった頃、トークショーに登場した審査委員長!
映画本編より内容濃かったよ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )♪

そういえば桐生さんはディアーディアーでも顔殴られてたな(笑)あの時も上映後のトークショーあって、斎藤工さんを見れたし、やっぱりテアトル新宿最高♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
rinrin
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る