獄友
ホーム > 作品情報 > 映画「獄友」
メニュー

獄友

劇場公開日

解説

冤罪をテーマに「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」「袴田巖 夢の間の世の中」といった作品を手がけてきた金聖雄監督が、人生の多くの時間を刑務所の中で過ごし、互いを「獄友(ごくとも)」と呼び合う冤罪被害者たちにカメラを向けたドキュメンタリー。「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」でその姿を記録した「狭山事件」の石川一雄さん、「袴田巖 夢の間の世の中」でも描いた「袴田事件」の袴田巌さんのほか、「布川事件」の桜井昌司さんと杉山卓男さん、「足利事件」の菅家利和さんという5人が、同じ痛みを抱えるものとして互いを支え合う様子や、獄中での出来事や出所後のそれぞれの人生を改めて語る姿を通し、奪われた時間の中で彼らが失ったもの、得たものは何か、そして司法の闇や人間の尊厳とは何かを描き出していく。

スタッフ

監督
プロデューサー
陣内直行
撮影
池田俊己
現場録音
池田泰明
録音
吉田茂一
編集
野村太
編集助手
池田剛
音楽
谷川賢作
語り
金聖雄
制作デスク
沢口絹枝
スチール
村田次郎
イラスト
千葉佐記子

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 Kimoon Film
上映時間 100分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全3件)
  • 冤罪に人生を狂わされた人々の爽やかな笑顔 本作で描かれるのは、社会正義ではなく、日本の警察の自白偏重主義の問題や拷問の実態でもない。本作は、冤罪で長期間の獄中生活を強いられた人々の、その体験からくる血より濃い絆を描いた友情映画だ。 犯罪... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年3月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/3
  • 好奇の目で見に行ってしまっていた。 冤罪事件で無罪が確定されるということは、一方で被害に遭われた家族の方々をもう一度崖に突き落とすことになる訳で。 映像には一切映らないが、終わりのない苦しみに今も耐えている被害者のことを想像すると... ...続きを読む

    ハクタカ ハクタカさん  2018年5月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 青い空の向こうには 何も予定のない休みの日。 何気なく映画でも見るかとこのアプリを見ていたら爽やかな青い空色とおじさん達が笑顔でピースしているポスターに目がいった。タイトルが「獄友」そのギャップに惹かれ東中野まで見... ...続きを読む

    So Soさん  2018年5月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi