ヒトラーを欺いた黄色い星

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヒトラーを欺いた黄色い星
12%
51%
33%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナチス政権下のベルリンで終戦まで生き延びた約1500人のユダヤ人の実話を、実際の生還者の証言を交えながら映画化。1943年6月19日、ナチスの宣伝相ゲッベルスは、首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言。しかし実際は約7000人のユダヤ人がベルリン各地に潜伏しており、そのうち約1500人が終戦まで生き延びた。運良く収容所行きを免れ、ドイツ人兵士に成りすましてベルリン市内の空室を転々としていたツィオマは、ユダヤ人を救うための身分証偽造を行う。戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われる。16歳の少年オイゲンは、ヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽りながら、反ナチスのビラ作りに協力する。極限状態の中で彼らがどのようにして住居や食料を確保し、ゲシュタポや密告者の監視の目をすり抜けたのか、歴史の知られざる真実を描き出す。

2017年製作/110分/G/ドイツ
原題:Die Unsichtbaren
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)Peter Hartwig

映画レビュー

4.0実話

素子さん
2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿

実際の人物のインタビューと再現描写による構成、いいドイツ人もいたことがわかり、結局戦争とホロコーストを指導したのはごく一部の軍部に過ぎないことがわかるいい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

5.0第二次大戦中ベルリンで強制収容を逃れ身分を隠して生き残った1500...

ku-chanさん
2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

第二次大戦中ベルリンで強制収容を逃れ身分を隠して生き残った1500人のユダヤ人のうち4人にインタビューしそれに映像を入れ映画化した作品🎞
この中の一人の男性は最後の強制収容所行きの列車で送られる一歩手前で親がドイツ人のためドイツ人として扱われ?解放された。でも隠れているときベルリン侵入してきたロシア兵に捕まった。助かると思いきやロシア兵は彼をドイツ人だと思い殺そうとした。ベルリンのユダヤ人は全員抹殺されたと聞いていたから。この男性はあくまで自分はユダヤ人だと主張するが証明出来ないのでロシア兵はもしユダヤ人なら『Shima YIsrael』 を言えるだろうと言った。この男性はおどおどしながら暗唱し始めた。ロシア兵の顔つきが変わり突きつけていたピストルを下げこの男性に近寄り抱きしめた。このロシア兵もユダヤ人だったのだ。

ベルリンのドイツ人はこの4人を助けた。ドイツ兵も。生き残った1500人もドイツ人に助けられた人が多いに違いない。ネチ体制の中で生きていても人の道をまっとうする人は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ku-chan

3.0ドイツの良心

2019年9月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

息子たちと同じハイティーン4人の話。子どもたち、親の気持ちを思うと身につまされた。

当事者のインタビューが所々あり、退屈なドキュメンタリー映画と思いきや、4人の周りの生活が微妙に絡み合うシーンもあり面白かった。当事者が語ることによって現実味もあった。

シンドラーや杉原千畝だけでは無い。
今まで聞かなかったドイツの良心がみれて少し救われる気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユキヒメ

3.0生き残ったユダヤ人

2019年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナチスドイツによるユダヤ人狩りを逃れ、生き残った4人の経験を本人へのインタビューを交えてドラマ仕立てで描いていく。
「ユダヤ人が嫌いなのは理解できるが、ガス室に送り込むなんて理解不能だ」
今でも生きているセリフだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る