ヒトラーを欺いた黄色い星

劇場公開日:

ヒトラーを欺いた黄色い星

解説

ナチス政権下のベルリンで終戦まで生き延びた約1500人のユダヤ人の実話を、実際の生還者の証言を交えながら映画化。1943年6月19日、ナチスの宣伝相ゲッベルスは、首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言。しかし実際は約7000人のユダヤ人がベルリン各地に潜伏しており、そのうち約1500人が終戦まで生き延びた。運良く収容所行きを免れ、ドイツ人兵士に成りすましてベルリン市内の空室を転々としていたツィオマは、ユダヤ人を救うための身分証偽造を行う。戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われる。16歳の少年オイゲンは、ヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽りながら、反ナチスのビラ作りに協力する。極限状態の中で彼らがどのようにして住居や食料を確保し、ゲシュタポや密告者の監視の目をすり抜けたのか、歴史の知られざる真実を描き出す。

2017年製作/110分/G/ドイツ
原題:Die Unsichtbaren
配給:アルバトロス・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016 LOOK! Filmproduktion / CINE PLUS Filmproduktion (C)Peter Hartwig

映画レビュー

4.0ドイツ人

2021年10月7日
iPhoneアプリから投稿

ユダヤ人が捕らわれ強制収容所に連行される中、ベルリン市中に潜伏した4人それぞれの実際のお話。
ユダヤ人全滅宣言がされた中、色々な人々の力を借りて生き延びた若者たち。ヒリヒリする緊迫感、匿った人々の思いが重い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
GAB I

4.0ドキュメンタリータッチだったけど

2021年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
shuhari55

2.5主人公にイラっとしちゃった

2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿

主人公にイラっとしちゃった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
shia

2.0ドキュメンタリーです。

2020年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

実際の証言をもとにドキュメンタリータッチで描かれる、ナチスドイツ迫害から生き残ったユダヤ人達の物語。

映画というよりは、NHK等で見るドキュメンタリーのように感じます。

実際の証言映像とそれを基にした再現VTR。生き残っている前提がありますし、複数のユダヤ人のケースが交互に進行することもあって、緊迫感に欠けるように感じます。
その為か、実際鑑賞すると、ユダヤ人達の恐怖や厳しい環境を感じることは少なく感じました。

逆に、ユダヤ人達を匿ったドイツの人々の優しさと勇気の方に感銘を受けました。もし自分だったら、同じ行動がとれたでしょうか?そんな自問自答をしたくなる映画でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る