ゲッベルスと私
ホーム > 作品情報 > 映画「ゲッベルスと私」
メニュー

ゲッベルスと私

劇場公開日

解説

ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳にして初めてインタビューに応じたドキュメンタリー。1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書としてナチス宣伝省で働いたポムゼルは、「あの時代にナチスに反旗を翻せた人はいない」と話す一方で、「ホロコーストについては知らなかった」と語る。近代史最大の戦争犯罪者のひとりであるゲッベルスに誰よりも近づいた彼女の30時間に及ぶ独白を通し、20世紀最大の戦争における人道の危機や抑圧された全体主義下のドイツ、恐怖とともにその時代を生きた人々の姿を浮かび上がらせていく。

作品データ

原題 A German Life
製作年 2016年
製作国 オーストリア
配給 サニーフィルム
上映時間 113分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全11件)
  • 語ること、語られること 語られていることは、今までにも聞いたことがあるようなこと。しかし、細部のリアリティと資料の映像と音声、ポムゼル自身の存在感のようなもので語ることそのもので映画になっている。 チェコで歌っていた子... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2018年8月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 全体主義のパーツは「普通の市民」 ネタバレ! ナチスの宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルは、「割のいい仕事」を求めて就いただけの、普通の市民だ。彼女が語る通り、ゲッベルスは洗練された穏やかな紳士だったのだろうし... ...続きを読む

    マユキ マユキさん  2018年8月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • A German Life A German Life・・ とある語り。ブルンヒルデ・ポムゼルの語りは、我々一人一人の語り。 時代を生きるということ、 時代の中に生かされたということ、 それは、個人として、共同体の中で、世... ...続きを読む

    critique_0102 critique_0102さん  2018年8月12日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi