劇場公開日 2019年2月22日

  • 予告編を見る

アリータ バトル・エンジェルのレビュー・感想・評価

3.7442
24%
53%
18%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全442件中、1~20件目を表示

3.5アリータはカワイイ

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

静止画でメインビジュアルを見ると、目の大きさに違和感を感じたが、映像で見ると全く気にならなかった。いわゆる不気味の谷を完全に超えていて、本当にカワイイ。原作漫画の世界観をきちんと踏襲していて、大いなるリスペクトを感じる。イドを演じたクリストフ・ワルツなんか、原作そのものじゃないか。
ハリウッド映画の女性ヒーローは、男並みにマッチョになるものが多いが、この映画は細身の女性らしい身体のままで強い。まあサイボーグなのだから、強いのだが可愛さと強さを両立させているヒーロー像も日本の漫画っぽくていい。
アクションシーンがどれも見応え充分。モーターボールのシーンはそこまでやるか、と唸った。格闘モーションをしっかり描いてくれるのもいい。アメコミ映画みたいにカット割りと動きが早すぎて何やってるかわからない、ということがない。
ロマンス描写はやや陳腐さを感じなくもないが、人間とサイボーグが愛し合えるのか、というテーマ自体は本作には重要。続編を作ってくれることに期待したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
杉本穂高

4.5日本漫画の映画化がR・ロドリゲス監督の代表作になる感慨

2019年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

米公開から2週間、日本含むアジアでの公開週末分を上積みした世界興収が2億6700万ドルを超え(2/26時点)、ロバート・ロドリゲスの興収歴代トップだった「スパイキッズ3-D」の1億9700万ドルを軽々と超えた。代表作の一本になったのは間違いないし、続編の製作もほぼ確実だ。

「銃夢」が数カ国語に翻訳され世界的に知名度があったことに加え、キャメロン製作による巨額予算の恩恵も大きいだろう。漫画のハリウッド映画化では「ドラゴンボール」「北斗の拳」の失敗例もあったし、「ゴースト・イン・ザ・シェル」も微妙だったが、「アリータ」は課題こそあれ成功例と言えるのではないか。

原作ファンとしては、漫画の主に前半の要素を巧みに組み替えた点は○、エピソードを詰め込みすぎた点が△。アクション演出を含む映像面は◎、予告編で見た時の違和感は薄れたが恋に落ちるほどではなかったアリータの造形に△といったところか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 21 件)
高森 郁哉

4.0素晴らしい!

2022年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

興奮

映像技術のクオリティって、こんなに進んでるのか👏
ジェームズ・キャメロンの先見の明はもとより
日本の漫画の創造性がいかに時代を先取りしていたのかということが、ほんとによく分かる作品👍
続編にも期待大👏

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヒックス伍長

2.0人情話過多

2022年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリー:ドクターはジャンク捨て場から300年前の決戦戦闘ロボを再生し娘の名をさずける。

人情系の話を盛り込みすぎて、全体として長く感じる映画になってしまった。

今週の占い:蛇足が製作費を押し上げるでしょう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら

4.5続編、是非ともお願いします。

刺繍屋さん
2021年12月28日
iPhoneアプリから投稿

これも劇場で観ながらレビューしてなかったですね。

日本のマンガが原作であり、ジェームズ・キャメロンが脚本を、ロバート・ロドリゲスが監督との事で、かなり期待していた本作ですが、期待を裏切らない出来でした。

原作ファンには不評を買っているみたいですが、個人的には凄く面白かったです。

予告編を見た時は気になったアリータの大きな目も全く気になりませんでした。
アリータ、めちゃくちゃ可愛かったですよ。
細くて小さいのに強い女性が自分の理想だったりするせいもあるかもしれませんが、身近にいたらアンドロイドであろうと惚れるのも解ります。

アリータのキャラクターのみならず、原作を読んだ事のない観客に対してもしっかりその世界観は伝わってくるものでしたし、映像はとても綺麗でした。

勿論、ロバート・ロドリゲス監督という事でアクションシーンは迫力がありましたし、それだけでも劇場で鑑賞するに足る作品かと思います。

尺の関係で表現しきれていない箇所もあるような気がしますが、脚本も悪くないですし、あの終わり方を観れば続編も考慮されている感じですし、興行としては失敗したみたいではありますが、個人的には続編が制作されるのを強く期待しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
刺繍屋

5.0カッコいい

REpowerさん
2021年12月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

作品に出てくる、切れ味抜群の剣といい、失われた技術で作られたアーマーといい、目茶苦茶琴線に触れるかっこよさ。

ストーリーも楽しめ、次回作を熱望。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
REpower

3.5続編はまだですか?

2021年10月31日
スマートフォンから投稿

悲しい

楽しい

興奮

映画館では2019年3月18日シネマサンシャイン池袋で鑑賞
それ以来2度目の鑑賞
今回も字幕版

原作未読
原作は日本の漫画
原作者は銃夢

ロバート・ロドリゲス監督作品初鑑賞

脚本と製作は『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』のジェームズ・キャメロン
本人は忙しくて監督まではできなかったのだろう

気になるのは主人公の目の大きさ
もちろん全てCG
アリータだけCG
すぐに慣れる人が多いが強い拒否反応は最後まで消えなかったし2度目もやはり気持ち悪い
ジェームズ・キャメロンが日本の漫画をリスペクトするあまりこうなったらしい
日本の漫画といえば目が大きいから
日本贔屓のアメリカ人の拘りが間違った方向に出た作品
リスペクトが嫌味に感じた
ジェームズ・キャメロンがアホに思えてきた
普通に女優さんを抜擢して欲しかった
そもそも原作のアリータは漫画にしてはそれほど目は大きくない

映画の出来としてはまずまず
脚本のせいなのかテンポがちょっと良くない

アクションやメカのデザインは最高
500年後の世界観も良い
例外に漏れずこの作品も細かい点は色々と違うんだろうが概ね原作を再現したんだろう
それだけにアリータの目のデカさが残念でならない
とてもじゃないが星5を与えるわけにはいかない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.0期待してない分だけ、引いて見てしまった

2021年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.5上白石萌音さんファンなら。

2021年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2019年公開当時、劇場で観ました。原作漫画は未読です。
何しろ3部作の冒頭の物語なので、あくまでもイントロダクションに過ぎず、完結しません。
最近、人気が出てきた上白石萌音さんが声の出演ということで、改めて鑑賞しました。
あらら不思議。
やや不気味感すらあったCGアリータのお顔がだんだん萌音さんに見えてきて、可愛く思えて来ます。いつしか萌音さんの映画を見ているような気分になり、感情移入している自分に思わず苦笑です。
ちなみにサイボーグとはいえ残酷な画が続きますので、お子様には不向き・・と思ったらPG12でした。
とりあえず本作だけでは消化不良。早く続編が観たいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ベーコンえっぐ

2.0目が異様に大きい

yuuさん
2021年7月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

予告でアリータの目が大きすぎて、映画館で観るかどうか迷いました(笑)
ストーリーはテンポが早くて好きな感じでしたけど、レディプレイヤーのようにゲーム感覚で観る映画で、人間ドラマのような映画かな~と思っていたのでちょっと残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuu

3.5アリータの目に感じる違和感が気になって…

2021年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

良く言えば全編クライマックスだけれど、逆に言うと本当のクライマックスシーンが無かったような気がしました。
4DXで観たので迫力はありました。
あと、鑑賞中ずっとアリータの瞳に違和感を感じてしまいました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
野球十兵衛

4.0良く出来たストーリーと映像 十分に面白かった

tunaさん
2021年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

良く出来たストーリーと映像
十分に面白かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna

3.5アクション多めだが、展開の緩急具合が絶妙。

アルさん
2020年12月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

連載時は画風が苦手で、原作未読のまま。
ザレムを目指す為の動機付けは弱めに感じたが、
下層世界から上層世界へ向かうという設定は、
【エリジウム】よりも圧倒的に重厚。
何よりも、アリータの表情と魅力が凄い。
CGを敬遠せず、まずは観てから判断して欲しい。

アリータの強い理由も少しずつ明らかに、
そして上へ向かう為の展開も良い。
ヒューゴが上手く切っ掛けになっており、
親子(?)の愛、人間とサイボーグの愛も、
ストーリー上の良いアクセントになっている。

イドの『健康な10代の脳』という言葉が印象的。
最初、台詞としての言葉に若干の違和感を覚えたが、
ストーリーが進むにつれて納得。
アリータはサイボーグではあるが、
純粋で真っ直ぐ、感情的にもなる"少女"。
"99"というナンバーもまだまだ成長過程、、、
というのを監督は観客に伝えたかったのだろう。

少しずつアリータの過去の記憶が蘇る。
自分の存在する目的は何なのか。
最初から強かった理由は何故なのか。
ラスボスが明らかになった所で、、、え?エンド?
少しモヤっとしてしまう終わり方。。。

起承転、、、結は?汗

ではあるが、アクションの見応えは抜群。
続編に期待。

【メイズランナー】のローサ・サラザールが、
主演だったのを鑑賞後に知ってビックリ。
鑑賞後に是非メイキングも観て欲しい作品。
(メイキングはYouTubeでも観れます。)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
アル

4.0メカっこいい感じでした!

ひっかさん
2020年10月19日
iPhoneアプリから投稿

女性が主人公でアクションがあって、とてもテンションが上がりました!

バトルシーンや敵キャラがカッコよく見てて楽しかったです。
続編が気になるところですが、出るのが楽しみです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひっか

4.0原作の銃夢を知らないにわかですが

XXさん
2020年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

ストーリーはテンポよく進むしアクションシーンも観やすい。
何より登場人物達の造形など世界観が面白いので最後まで飽きる事なく観れました。
次回作に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
XX

3.5素晴らしいキャラクター設定だ。

2020年8月4日
PCから投稿

人間の俳優がそのままやったら「 こんな女性はいない」と言われそうだが CG の女性がやると、まさにこういう性格のサイボーグがいるような感じがした。しかも個性的で人間的で。この映画でしかできないキャラクター設定であり素晴らしいと思った。もちろん原作のキャラクター設定が素晴らしいのではあるが。この映画なりにキャラを変えて書いており映画の中で生き生きと輝いていた。このキャラクター設定がなかったらこの映画は面白くもなんともなかったと思う。ちなみに私は映画を日本語吹き替え版では絶対に見ない.。間違えて買ったら買い直す。
全体から言うと原作の漫画と比べて1/10ぐらいのおもしろさしかないと思った。漫画のいいところはやはり大河ロマンな所であって長い話をじっくり楽しめるというのが漫画ならではだ。映画ではどうしてもそれが死んでしまう。まあなんと言うか、まとめちゃったかなっていう感じになっちゃうのは残念だ。また原作では今回の映画になったこのセクションのテーマが良かった。現代人が忘れかけている「死と向き合いながら生きる」というテーマと真摯に向き合ったドラマになっていた。そこのところが最大の魅力だったのだが映画では全く描かれていない。あるいは漫画が表現したところまで描けていない。思うににジェームズキャメロンはアバター以降、内容の高いものが書けなくなってヒット路線に逃げてるような気がする。
ただ悪くはなかった。いや、なかなか良かった。この作品はやはり原作がいいのでパート2も期待できるという意味で珍しい映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
KIDOLOHKEN

3.5思ったよりは!

Kayoさん
2020年7月28日
Androidアプリから投稿

公開当時いろんなサイトで評価悪くて見なくていいわ!と、思ってたんですがアマゾンで安くなったんで見ました❗軽快なテンポでストーリーも進み人間役キャストの演技も光り思ったより最後まで楽しく見れました‼️見て良かったです!只思ったよりはグロく感じました!顔は人間身体はサイボーグ!胴体八つ裂き!グロー!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
Kayo

2.0変えてる所の感性が違いすぎてキツかった

2020年7月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バスト・ラー

5.0しっかりと統一された世界観に酔う。なお車酔いする人はぜひ2D版を。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

もともと一人の漫画家が造り上げた世界なので、世界観がすみずみまで統一されており、観ている側の不要なストレスがなく、楽しめました。
アバターのキャメロン監督が、原作に惚れて脚本を書いたということも、たしかにそうですね、と、実感できます。

かわいくて、カッコ良くて、アリータは造形として最高でした。

私は字幕+2Dで観ましたが、登場人物の発する英語がみんな極めて明快で分かりやすかったのでした。
この点は、この映画の隠れた美点だろうと思います。

脚本家や監督の力かも知れませんが、このように言語が研ぎ澄まされてクリアであることが、作品全体をも明晰にできている一つの原動力なのだろうと感じました。

もちろん吹替版で観てしまうと、この点は分からなくなるのですが……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
お水汲み当番

3.5目が大きい人だなあ

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

恥ずかしながら、最初、目がすごく大きい人なんじゃなかろうか、と思って見ていました。サイズ比にして、あり得ない大きさなのは察したものの、ビジュアルエフェクツを察するまでに時間がかかりすぎたのは、主人公以外に、目の大きい「同型」がいないからでもあります。
これは重要なポイントだと思います。
どうでもいい考察ですが、俗世間では目を大きく強調撮影できるアプリが人気で、嫌になるほどよく見るゆえに、近未来SF世界では、ましてや人間の造形物であるなら、その顔がもっと存在してしかるべきだ、と思ったわけです。ところが、主人公以外にこのチャームを有するサイボーグが一体もいないので、これが主人公を際立たせるためのチャーム/ポイントなのは明らかだ、と思ったわけです。
数あるサイボーグのなかで一体だけが愛らしい、ということに気付き、かつそれが映画になってみると、原案となった銃夢を超えてそのうしろの手塚治虫/鉄腕アトムが見え隠れしてくるのです。私は銃夢を読んでおらず、作者が誰の影響を受けているか解りませんので、あまり迂闊なことは言えませんが、アリータとダイソンイドは、アトムと天馬博士を想起させずにはいられませんでした。
ほかの格闘サイボーグたちは、みんな、ラギッドな武闘的外見なのに、アリータだけが、かわいい。これはちょっとズルいんじゃなかろうか、などと完全に余計なことも考えましたが、いちばん感心したのはアリータにRosa Salazarを充ててくるキャスティングです。普通の発想では、PG13のヒロインアクションSFに30代の女性を充てないでしょう。とうぜん、キャプチャー撮影時の表情の動きを重要視していたはずです。アリータが板チョコを食んで感嘆するシーンがありますが、表情の豊かな女優を選んだ効果が顕著でした。ハリウッドの慧眼だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎
「アリータ バトル・エンジェル」の作品トップへ