葡萄畑に帰ろう

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
葡萄畑に帰ろう
0%
24%
71%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

官僚主義を痛烈に笑い飛ばした風刺コメディ「青い山 本当らしくない本当の話」などで知られるジョージア映画界の最長老監督エルダル・シェンゲラヤのヒューマンコメディ。政府の要職に就くギオルギは、故郷に残した母親のことなどすっかり忘れ、大臣の椅子の座り居心地を満喫していた。早くに妻を亡くし、娘との折り合いはあまりよくないものの、新しい恋も手に入れ、順風満帆な日々を送っていた。しかし、ある日突然、大臣をクビになってしまう。ジョージア国会副議長を務めるなど、政界で活躍した監督自身の経験をベースにした権力社会への風刺を、大らかなユーモアで包みこみ、ジョージアの魂とも言える葡萄畑が広がる故郷への愛がつづられる。

2017年製作/99分/ジョージア
原題:The Chair
配給:クレストインターナショナル、ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

映画レビュー

3.5政治家経験を反映させたコメディ

ローチさん
2019年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

ジョージア(グルジア)の重鎮監督の久しぶりの映画と聞いたので、どんな重厚な作品なんだろう、と思っていたら皮肉たっぷりに政治コメディだった。旧ソ連から独立した時に政治家も務めた経験のある監督自身の実体験を存分に反映させた作品らしい。
難民追い出し省というすごい名前の省の職員はなぜかローラースケートを履いて仕事しているし、そこの大臣である主人公が買った椅子はなぜかしゃべって人をかどわかす。椅子は権力の象徴で、それが人を狂わせるのだということを面白おかしく描いている。全部実体験から着想を得たらしいが、政治の世界では本当におかしなことばかり起こるのだろう。

主人公は、大臣をクビになった後、人生において大切なことを見つける。故郷のぶどう畑が美しい。ジョージアはワインの産地として有名だが、上手いワインと愛する家族以上に人生に大切なことはないのだと軽やかに謳い上げる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0予想外にお茶目な面白さ

AuVisさん
2018年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

ジョージアはワイン発祥の地と呼ばれているそう。政治家や家族を題材にした旧ソ構成国の映画と聞くと、固い映画なんじゃないかと敬遠しそうになるが、実際に観るとなかなかどうして、風刺あり、ユーモアと笑いあり、そして感動ありと、実に小粋な良作だった。

日本でも「大臣の椅子」「社長の椅子」などと言うが、椅子を重職や権力の象徴とするのは世界共通なのだろうか。英語でも議長や会長をchairmanと呼ぶし。でも、椅子を単なるメタファーにとどめるのではなく、擬人化して狂言回しに使うという発想に意表を突かれたし、それが80過ぎの高齢監督エルダル・シェンゲラヤの作品というからまたびっくり。

おまけに、アナ役のナタリア・ジュゲリ(監督の孫娘)をはじめ、女優陣が美人揃いなのもポイント。ジョージア映画、もっと日本で観られるようになるといいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.0ジョージアに行きたくなった

ミカさん
2019年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

私はジョージアの作品が初鑑賞なのですが、地理的にはトルコの上ウクライナの下なんですね。なんとなく作品の雰囲気がクストリッツァに似ていたので気になったのですが、黒海の向こう側が旧ユーゴスラビアなので、雰囲気も似るのかもしれないです。

権力を持つ人間も権力という椅子に振り回されてしまうという皮肉なのでしょうが、どの国も一緒なんですね。官僚国家の旧社会主義国ではその印象が強いですが、今では資本主義国でも変わらない様なそんな事を思いました。

様々な文化が混在してそうなので、ジョージアに行きたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.0なんとも風刺の効いたコメディ

2019年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日本でも充分に風刺になる内容。今の政治家と官僚に見せて感想を聞いてみたい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る