人魚の眠る家のレビュー・感想・評価

メニュー

人魚の眠る家

劇場公開日 2018年11月16日
23件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

泣きたいなら是非

試写会にて観させて頂きました。

期待以上に良かったです。なぜ何処と無くかんじるホラーテイストに感じるのはなぜだろうと
思っていたら監督が堤幸彦と知り納得です。

今年のアカデミー賞主演女優賞は篠原涼子さんで
いいのではというような迫真の演技でした。

子供が死んでしまう映画はしんどくて嫌だと
思う方はいるかもしれませんが
親になった事が無くて親の気持ちが解らずに
死にたいと喚いている人にぜひ見てほしい映画

私は親になった事がないから子供からしたら、そこまでしてまで私という存在を大事にしなくていいよ。見捨てていいよぐらいに今まで思ってたけど親からしたら、子供は唯一無二でどんな事をしてでも手放したくないそれ程尊い存在なんだなぁと思ったら、死にたいって喚いてた私をどんな思いで両親は見守ってきたんやろとか考えたら涙が滝並みでした。

ヒットすると思うのでみなみなさまぜひに

#人魚の眠る家 #映画 #試写会

凉
さん / 2018年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人の命

これはとても考えさせられる映画でした(・_・;
1つの事故から一人一人の人生も変わり、何もない平和な日常がどれほど素晴らしいか考えさせられました!

Rikiya
Rikiyaさん / 2018年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

重くて切ない

脳が停止したら…? 心臓が停止したら…?
何を持って“死”と捉えるか…。
もし自分がその選択を迫られた時に、適切な選択ができるのか? では適切な選択とは何か?

とても重く、考えさせられるテーマだったけれど、観てよかったと思う映画でした。

スイカスキー
スイカスキーさん / 2018年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

涙が止まりません!

『この世には狂ってでも守らないといけないものがある』、想像以上の深い愛情に思わず涙してしまいました。
見るにつれて薫子の印象が変わり、最後にはこれ以上ない母親だと思えました♪( ´▽`)

何が正しいのかではなく、何がしたいのか。

その大切さを教えてくれる、間違いなく名作でした。

菜々子
菜々子さん / 2018年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

篠原涼子に感情移入できなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実年齢的にはありえないんだけど山口紗弥加と篠原涼子が姉妹逆であった方がこういう役柄ではこの作品を生かしていたと思う。
特に篠原涼子が警官と対峙する場面はアンフェアの雪平が出ていた感じでせっかくの良い作品が少し台無しにしている。

がさいれ
がさいれさん / 2018年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

きっと私でもそうした

突然の事故で脳死と宣言されても「はいそうですか」とは絶対言えない、だって心臓は動いているし体は温かいのに。
医療の方からみたら臓器移植で助かる人がいる、凄くわかります。だけどいざ決断してくださいと言われたら出来ないと思います。母(篠原さん)の立場になればあの時間は必要だったのだと思う。
まして事故とは言え身内がそばにいて、責任を問う事も出来ず怒りも悲しみもぶつける場所がないのですから。
最後迄涙が途切れませんでした。それでも見終わった後の気持ちはクリアーな気分でした。

hanahana
hanahanaさん / 2018年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子と親の関係や思い

正直普通の平凡な生活をしていたらあまり起こり得ない設定かもしれませんし最新技術の機械を使ったりと理由はともあれ突如自分の子がもし同じ状態になったらと考えると父親と母親の考え両方とも共感までとはいかずおも理解できてしまうかもしれません。
最後の決断。これを知ると泣けない方が寧ろおかしいくらいの涙が出ました。

リョウタ
リョウタさん / 2018年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人魚の眠る家

2018.10.17 松竹本社試写室 試写会
家族愛、
親子愛、
最新技術によって
生きる、生かすということ
罪になるのか・・・ならないのか・・・
最後に・・・

涙が・・・首まで流れて・・・
今思い出しても涙が・・・

Milk
Milkさん / 2018年10月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作ってくれてありがとう

試写会へ行きました。
「娘を殺したのは私でしょうか」の文言、映画でなるほどと。
脳死というテーマが重いし、星評価しにくいのですが、作ってくれてありがとうという作品でした。
周りの人達の心情の変化や立場、うまくできていました。
子供に限らず身近な人の脳死、昼にちょうど話題になったのですが、いざ当事者になるとどうだろう。

yyy
yyyさん / 2018年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマは良いのだが…

どの登場人物の視点で観るかで かなり評価が分かれそう。
重たいテーマの割に前半はテンポ良く話が進む。
が、後半は変な演出が各所に見られる。
えっ?ここからサスペンス展開になるのって思わせたり、おどろおどろしいBGMがかかったり…。

あと、子役の男の子が不細工なのが残念だった。

いざよいらいる
いざよいらいるさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エゴイズムがぶつかり合う作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

非常に重い映画です。
脳死や臓器提供というテーマに加え、子供の脳死状態に直面し、治る見込みがないにもかかわらず、延命を選択する親のエゴ、会社の社長でありながら、娘の為に製品開発の方針を変えるエゴ、自分の研究開発に没頭し、婚約者や人間性よりも研究を優先させるエゴ、人のためにとはわかっていても、研究に恋人を取られたと思って嫌なことをしてしまうエゴなど、様々な思いがぶつかり合い、一段と重いストーリーに仕上がっています。
役者さんの演技は皆さん大変素晴らしいですが、富裕層の家庭環境、臓器移植を待つ子供との対比、警察沙汰の騒動やラストの一瞬「!」なシーンなど、不自然な点と、泣きのシーンは子役頼みで、イマイチで感情移入できず、良い映画だけど1回見たらでお腹いっぱいって感じです。

綽名
綽名さん / 2018年10月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった。

今年観た邦画の中で1番良かったです。
原作は知らず、映画の予告を見てこれは絶対面白そう!と思い観ました。
実際内容は色んな事を考えさせられる物だと思いました。ただ私は1番感じたのは家族の愛がすごく伝わってくる映画だと思いました。
本当に涙の出る映画だと思います。

あゆ
あゆさん / 2018年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマの共感は難しい? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

試写会に付き添いで行って来ました。
あまりこういう邦画はみないのですが 純粋に 「とある一家の物語」としてはよい作品だったと思います。

ただし テーマとなる「脳死」については 一見考えさせられたりする と感じますが冷静に考えると 映画の内容は主人公一家がお金持ちだからこその悩みや取り組みばかりであり 「まぁ金持ちだからこうできるよね」というような感じになってしまいます。一般人は映画の内容のように考えたりする暇や余裕すらないのだろうな と思うと ちょいと感情移入は難しい物語の設定なのでは… と思いました。

テーマ性を与えるのであればもう少し庶民家族が主役で 介護のために身銭を削って結果借金までして家族関係も複雑になって… みたいな感のほうがリアル感を感じられるのかなと。

当事者ではなく自分が第3者になってそういう人をみたときどう接してあげられるか という程度なら充分考えられる内容かとは思いましたが。

あとはいわゆる 東野圭吾ミステリー と言われてるみたいですがこの作品にはミステリー要素が感じられませんでした。意外な真実などもなく……(まさか指輪のくだりがミステリーなのか…?)

色々書きましたが 純粋に物語としてみれば楽しめる作品と思います。

BBHobby
BBHobbyさん / 2018年10月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

重々しいテーマで2回は観たくないかも ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

寝不足の日に観たのに全然眠くならずに引っ張られた120分。観終わってのどっぷり出た疲労感は体調のせいだけではない。

脳死 ➡︎臓器移植と簡単に言うけど自分の身内や愛する人だったら「はい、はーい」とは簡単にサインはできまい。ここにこの映画(原作)の普遍的テーマがある。

誰もが篠原涼子や西島秀俊が演じる母親・父親になり得る可能性がある。

泣けるミステリー と銘打ってはいるが、涙のポイントはあまりなくラストのわかばの独白によるミステリーの解明、死の真相のくだりからが圧巻だ。

母・父、祖母、弟、従姉妹、星野が総出となり、大人の身勝手な欲望と虚構がそれぞれの人物から見え隠れする。(舞台っぽい演出!)
純粋な子どもの事故当時の懺悔によりそこにいる全員が自分の罪に苦しんでいたことを浮き彫りにしていく場面はこの映画の息もつかせぬクライマックスである。

ラストはライティングも穏やかになり、薫子(母)がなぜ脳死の娘を連れ歩いていたかが明かされるという小さなタネ明かしもあり、希望を見出せるエンディングとなっている。このラストに絢香のちょい重い歌声がマッチしていていつまでも残る。

いも煮
いも煮さん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しいテーマ

プールの事故で脳死状態になった娘と両親、周囲の人間模様を描くヒューマンドラマは、医療や科学の進歩と同時に、私たちに倫理観を問うているかのようでもありました。

脳死、心臓死、臓器提供etc.に加え、現時点では神の領域だろうテーマが切なく、それぞれの葛藤や、ちょっと衝撃的な展開にも息を呑みました。

ただこの状況、この環境で同じような提案や選択肢があったとしたら、藁をもつかむ思いで″やってみたい″と思うのが普通の感覚のような気もします。
いきなり目の前の大切なものを奪われて、ただでさえ普通の精神状態ではないのですから。

そして、その結果、心が壊れかけてしまうのも、これもまた十分に考えられること、誰にでも起こり得る事なのだと思いました。

そういう怖さや危うさがあるのが人間なのだという想いの反面、限りない優しさも秘めた作品、映像的な見せ方も完成度が高く、堤監督らしいジャンルを超えた面白さを感じました。

原作者自身もそうですが、″涙がとまらない″みたいなプロモーションで、実際途中からすすり泣く声も聞こえてきて、ラストは号泣した方も多かったようですが、私は泣くことはなかったし、そういうタイプの作品にも思えず、これには少々違和感を感じました。

ちゅうみぃ
ちゅうみぃさん / 2018年10月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

考えさせられる映画

原作も読んでいましたが
映画、すばらしい出来でした。

途中は深すぎる内容のため
涙がでなかったのですが、
俳優陣の演技がみなさん素晴らしく
引き込まれました。
子役のみなさんの演技も本当に本当に
すばらしかったです!!!

そして、最後の絢香の曲がよかった。
鳥肌がたちました。

mika
mikaさん / 2018年10月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

命のゴール

艶めいた篠原良子の表情からは狂気しか汲み取れず、俳優陣の力に飲まれきった一作でした。

ゆき
ゆきさん / 2018年10月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子を思う親の心

試写会で拝見しました。

東野圭吾さんの原作と言うのが1番の観たいと思った作品。

題名の 人魚の眠る家 にどんな話?と興味が沸きました。

小さな女の子に降りかかった不幸
それを現実的に受け入れられない両親

親なら子供がどの様な状況に陥っても守ってあげるだろう。

たとえそれが周りから見て異様な光景に見えても。

悲しい話ですが最後はホッと出来た終わり方でした。

子を思う親の気持ちに泣けました!

es201860fuji
es201860fujiさん / 2018年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全ての人に見て欲しい作品

不慮の事故で当然娘が脳死状態に。
何をもって死とするのか社会問題を扱った作品であり当事者のそれぞれの思いを色濃く描き観客に問いかける涙無しには見られない素晴らしい作品でした。
子役含めたキャストの演技、音楽が心に突き刺さります。

Rug
Rugさん / 2018年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脳死は生なのか、死なのか

これは面白かった!

人間の命と魂について、とても考えさせられる話だった

離婚寸前の夫婦、薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)には、小学校に入学する前の娘 瑞穂と、その弟 生人がいる

ある時、瑞穂がプールで事故に遭い、意識不明の状態で病院に運ばれ、脳神経外科から「脳死のような状態だ」と診断されてしまう

この映画は、その夫婦が「脳死かも」と診断された娘の瑞穂について、ある決断をくだすところから話が始まる

そこで、考えてしまう
もしも、自分の家族が「脳死かも」と判断されたら、延命措置をするか、それとも、
脳死判定をして、完全に脳死とわかったら、延命措置をせずに、臓器を提供するか

たとえば、これが支持している宗教がある人に起きたことだったら、その判断は牧師さんにゆだねられるかもしれない
けれど、日本には宗教的倫理観が薄いから、このお母さんのような常軌を逸した行動も考えられるし、実際に、こういうことをする人も、近い将来に出てきそう

この映画は、そういうあらゆる可能性を考慮して、観ている人に「あなたなら、どうしますか」と問いかける

その中で、この映画が秀逸だなと思ったのは、この話に原作者の東野圭吾が「人魚の眠る家」と名付けたこと

全て見終わった後に、そのタイトルを思い、「なるぼどね」とうなってしまった

あまり言うと、ネタバレになってしまうので言えないけれど、
鉢植えに、毎日「かわいいね」と言いながら水を与え続けると「美しい花を咲かせる」と言われるように
医学的に「脳死」と判断されたとしても、その眠っている本人に、話しかければ、何か奇跡が起きるんじゃないかと思ってしまうこと

どんなに医学が発達しても、脳死状態の頭の中のことなど、誰も知ることはできない

もし、その世界に興味があったら、この映画を観て欲しい

時おり「これはホラーか?」と思わせるところもありつつ、お母さんの娘を思う気持ちに思わず泣いてしまう場面もある

殺気立った篠原涼子の演技もオススメ

とえ
とえさん / 2018年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

23件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi