億男のレビュー・感想・評価 (4)

メニュー

億男

劇場公開日 2018年10月19日
147件中、61~80件目を表示 映画レビューを書く

お金の幸せな使い方講座 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

佐藤健が大好きなので観ました

相変らず健は凄い!!今回は借金まみれのだめだめ男を
演じてました
そのダメ男くんが3億円を手にしてしまったからさあ大変!!
しかしその3億円を友人高橋一生に持ち逃げされて
そこから彼の お金の旅が始まります

肥った北村一輝や(一瞬誰だかわからなかった インパクトが
あって演技は最高!!)
お金の怪しいセミナーで金を儲ける藤原達也
(これ まじ怪しい!!なのにみな彼の虜になってお金を
巻き上げられてるのに気が付かない)
家に大量の札束を隠し持つ沢尻エリカが
さまざまな お金論を展開していく場面が面白い

健と一生がモロッコに旅行に行くシーンがあるのですが
砂漠のシーンはため息が出るほど美しかった

驚いたのは2人の落語が聞けました!!
大学時代に彼らは落研に入っていると言う設定で
落語を披露するシーンは
とても感動しました

お金は何のために使うのか?
その答えを 色んな場面で教えてくれる映画です

ともちん
ともちんさん / 2018年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お金の大切さ

お金は借金返済だけではなく、家族と生活するためにも必要になってくると考え直すきっかけになりました。ギャンブルや宝くじで当選すると、良い話が舞い込んでこないと肌で感じました。

リッキー
リッキーさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

考えさせられる映画

前情報何も無しで観に行った映画。
大友啓史監督の作品だったー
3億円をかけたドタバタコメディかなと想像してたけど全然違ったw
スローな映画。
そしてお金とは何かすごく考えさせられる映画。
原作は漫画らしいけど。
大友啓史監督はこういうのを映像化するのがすごく上手いなーと思った。
ミュージアムに続き人間の核心をつく内容だった。
佐藤健さんの鈍臭い男の人の演技が凄かった。いい意味で全然イケメンに見えなかった!
沢尻エリカさんの演技に引き込まれた...
モロッコロケの映像は圧巻だった!

観る人によって全く違う感じ方が出来る映画なんじゃないかなー。

chika
chikaさん / 2018年10月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

高橋一生に尽きる

他の俳優も素晴らしかったが高橋一生の演技はずば抜けていた。弱々しい感じも出しつつ目とセリフは力強くて圧倒された。僕個人としてはふつうに素晴らしい映画で単調だとは思いませんでした!原作読んだ作品は見ない方がいいかもしれませんね、、お金だけじゃ根本にある大切なものまで手に入れられるもんじゃないよと。お金は手に入れられても必ずしも人の心まで買うことはできない。お金が全てなんだけど全てじゃないんだよとすごく深かったです。色んな人の価値観・考え方があるからこそこの映画を観る方も演じる方も面白いのではないかと感じております。100点の人がいれば0点の人がいるそれが人間。あまり良くなかったという人とは性格が合わないというだけですね。

mpm
mpmさん / 2018年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今一歩てかんじ。

貧乏生活から宝くじで3億当たるも、親友に持ち逃げされ、関係のあった会社経営のかつての仲間を順番に尋ねていき、行方を聞くとともに、お金にまつわるそれぞれの捉え方を聞いて、お金に対する見方を変えていくという話。

親友とはいえ、盗んだら警察に届けないの?とか、
教祖がウソくさいとか、
離婚はお金が原因と思い込むとか、

ツッコミどころはあるものの、大金をただ圧倒されて戸惑うだけではない、実感としてのお金、ものの価値に対して払うお金、ただ紙切れという仮想通貨のようなお金、それをどう思うかはそれぞれだが、そのきっかけを与えてくれる作品になっている。

ただ、めっちゃそこまで引き込まれるほどではなかっただけに冷静に見ている自分がいたのが結局のところ。

登場人物の名前に数字「一 十 百 千 万 九十九」がついていたのはかなり意図的。

キッスィ
キッスィさん / 2018年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

量が質に転化する

 予告編は、3億円当たって友達に持ち逃げされて、家族には逃げられ、借金取りには追い詰められて散々な目に遭う悲惨な物語という感じで、あまり観たい気はしなかった。下世話なドタバタ喜劇という印象だったのだ。
 しかし予告編の最後の方に出てくる「お金って一体なんだろう」という言葉が妙に引っ掛かり、観てみることにした。黒木華も出ることだし。
 先ず予告編の印象との落差に驚いた。宝くじを当てた男のドタバタ喜劇ではなく、人間同士の信頼関係、それに貨幣を通じて経済活動の本質にも迫るスケールの大きな作品である。
 学生のときに挑んだマルクスの「資本論」は途中で投げ出してしまったが、最初の方に商品と貨幣についての記述があった。量的な変化は質的な変化に転化するという一節があって、現金も一定以上の多額になると、商品との交換というよりも、現金そのものが資本としての価値を持つ、みたいなことが書かれていた気がする。

 財布の中に千円札があれば、ランチを食べられるし、ランチの代わりにパンと牛乳も買える。十万円あれば、大抵のアクシデントには対応できそうだ。百万円持っていると、これはもう何でもどんとこいだ。場合によっては賃貸の契約もその場でできる。しかし一千万円持っていたらどうだろうか。会社の経理担当者や銀行員が扱う分にはどうということもないだろうが、個人で現金で一千万円持っていると、目的がはっきりしない限り、少し不安になるかもしれない。では3億円の現金はどうだろうか。
 実はこの映画を観るまで、3億円が30kgだとは知らなかった。ときどきドラマで見かける手錠付のジュラルミンのケースが1億円入りだから、3億円は3ケース分だというイメージはあったが、1億円で10kgの重さがあるとは思っていなかった。ジュラルミンのケース自体が1個2kg位ありそうだから、3億円は36kgにもなる。重さもそうだが、その価値となると、日常的な個人消費の感覚では把握できない。
 数年前にフランク・ミュラーが3億円の腕時計を発売したのを見たことがある。3億円の腕時計はもはや日常的な個人消費のレベルではない。たとえ宝くじで3億円当たっても、3億円の腕時計を買うことはない。それはもう数千億の資産の持ち主や、百億円の年収の人しか買わないだろう。3億円しか持っていない人は3億円の腕時計は買えないのだ。それがどうしてなのかを、この作品が教えてくれる。

 佐藤健は「るろうに剣心」でアクションを頑張っているだけの俳優かと思いきや、「8年越しの花嫁」「世界から猫が消えたなら」などの文学的な作品でも存在感を示すようになった。本作品でも迂闊で浅薄な男がいつの間にか考え深い人間になる過程を自然に演じている。
 友人役の高橋一生も妻役の黒木華も好演。高橋一生はその独特な喋り方で、何となく賢そうに見える。黒木華はこのところ、主役からアニメまで、いろいろな映画で見かける。派手なOLから凛とした武家の娘まで、とにかく演技の幅が広い。間もなく邦画に欠かせない女優と呼ばれるようになりそうである。

 お金の日常的な側面から、投資や事業という側面、そしてお金では信頼は取り戻せないというおなじみのテーマまで、お金に関して多様で多角的で印象的なシーンが沢山あり、非常に立体的な作品になった。貨幣経済の社会では、ドラマにお金が絡まないことはない。逆にお金をテーマにするとドラマがありすぎて取捨選択に困るだろう。この映画はたくさん考えられたであろうドラマを上手に断捨離し、落語の芝浜と掛け合わせてなぞかけみたいに仕立て上げた。上手に出来たスーツのように、心地のいい映画である。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年10月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いやあ

あれだけお金ある人間が不幸顔なのが納得いかない。。

ふつうのサラリーマンの生涯年収あるんだからさー

るな
るなさん / 2018年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お金が支配する

ふらっと入ったが、何気に面白かった!コメディかと思いきや、心揺さぶられた。
スラム街などの貧困層には、道徳が低くなる傾向がある。心苛まれる物乞いや、見苦しいたかり。 ちょっと小銭を持った日本人も金で女を釣ろうとする。 釣る方も釣られる方も、お金に支配される。 お金では買えない、変えれないもの‥久々に我に帰った!

あよん
あよんさん / 2018年10月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の理解力不足だと思うんですが

普通の映画って感じで、特に感情が揺さぶられることなく過ぎた2時間でした

がみ
がみさん / 2018年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

お金とは

大金を手にする事によって、人はどうなっていくのか。
借金が原因で家族がダメになってしまったと思っている男が、お金の力で家族を取り戻せるのか❓
その時友情は頼りになるのか❓

お金について、かなり考えさせられる映画でした。
お金持ちじゃない人が観る映画ですね。

イロエンピツ
イロエンピツさん / 2018年10月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予告でどの様な作品かは予測出来たが?

お金にまつわるドタバタコメディだと思っててそれならそれでなりきってれば良かったのだが主点は佐藤と高橋の友情劇 別に原作通りでもアフリカまで行く必要なかったし例えば友人でも3億無くなって即警察に届け出ない?犯人もわかってるのだから持ち逃げした理由も彼に考えさせるためだなんて都合のいい口実筋が通るかな?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2018年10月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

お金で、もっと普通な物と思いました…

役者は良かったです、世界観と天才的なところをちゃんと伝えたと感じます。
ですが、確かにお金で苦しんでる人が大勢に居ると思います。それは普通になってしまいました。
お金が知りたい、お金の奴隷になった…などの考えは、天才すぎるかもしれません。
普通の事を極めていく努力は、無力になるのではないでしょうか。
ということで、現実のように見えますが共感し難い、評価も難しい映画でした。
普通にお金持ちでもない、お金の奴隷になってない、お金の事を深く考えてない、の個人意見でした。

小月
小月さん / 2018年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

お金とは、そして人間とは。身につまされる異色のヒューマンドラマ。

【賛否両論チェック】
賛:消えた大金と親友を探し奔走する主人公の姿を通して、「お金」というものの本質を問うていく内容が深い。人間関係をも変えてしまうお金の怖さや、それ故の本当の意味での友情等、味わい深い人間ドラマが観られるのも魅力。
否:ストーリーそのものはかなり現実離れしているので、リアリティはない。クセのある登場人物達も、好き嫌いが分かれるところか。

 親友と大金が一夜にして消え、必死でその行方を探す主人公・一男。その過程で彼が出逢う、ひと癖もふた癖もある登場人物達との関わりを通して、一男のお金に対する考え方が変わっていく姿に、観ている側もお金について、改めて考えさせられてしまいます。個人的には、藤原竜也さん演じるマネーセミナーの教祖・千住の
「人類はお金を崇める宗教を信じさせられている。」
という言葉や、沢尻エリカさん演じる大金を隠す主婦・十和子の
「人に値段ってあるんだな。」
というセリフが印象的でした。
 そしてそんな一男自身ですら、手にした大金で家族を呼び戻そうとしていたり、一男と九十九が大学時代に訪れたモロッコでの一件等、大切な人々との関係性の中でも、お金が切っても切れないものであることを痛感させられるようです。
 親しかった人々との関係や、己の人生をも激変させてしまう。そんな「お金」というものの存在意義について、否が応でも考えさせられるような、そんな作品に仕上がっています。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

奥深い映画でした

「億男」
タイトルからどんな映画なのかイメージが掴めなかったのですが一言で言うと、億のお金を手にした男の話しでした。
多額のお金を手に入れた瞬間から、見える世界がガラッと変わるのを疑似体験できました。
ドキドキハラハラ。

気がついたら映画に引き込まれていき、見終わってからも色々な事を考えさせられる奥深い映画でした。

お金を稼ぐのがどんどん厳しくなってきている反面、お金持ちは多額のお金を得てあらゆるものを手に入れられる格差社会です。
皆がお金を崇めてしまっている時代に、改めてお金とはどんなものか考えさせられるよいきっかけになりました。

主題歌のBUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」が映画のラストに合っていてよかったです。
余韻の残る映画でした。

ararecyan
ararecyanさん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あと1つのピースはどこにあるのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

九十九が最後まで「一男くん」って呼び方が変わらなかったことや、「お金の価値は使う人次第」という台詞。結局は人であり自分であると思わされつつ、モロッコの砂漠の美しさと落語の削ぎ落とされた刹那の美しさに目を見張る。九十九as高橋一生が噺し出した瞬間の驚きと言ったら凄かった…!とんでもない沼に入ってしまった…と後悔してます。
芝浜の引用も良かったけど、九十九と一男って名前だけで優勝!って感じ。成功しているように見えて、もがきながらお金や物事の本質を求め続けた九十九。彼が辿り着けなかったあと1つのピースを、自力で見つけ出すのは一男であるということ。互いが互いを通して補うような関係性だよね…尊いわ…

ありきたりな女
ありきたりな女さん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見終わってトイレの中でも泣いた映画、、

始まりは普通、、徐々に、何気ないシーンで泣いてしまう場面があり、最後のバンプさんの曲で最高潮に泣いて、、トイレの中でも泣いてました、、。初めての経験でした。
今お金に困ってる方、お金がほしくてたまらない方、お金でなんでも手に入ると思ってる方、今から起業する方、におすすめな、心がスーッと軽くなる映画です。
俳優さん達がこの映画では、声を使って演技してあるのを凄く感じて、見応えありました!
素晴らしい映画です!

にじいろ
にじいろさん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

誰もが気になるお金のことを真面目に掘り下げた作品、観ればきっと何か発見があると思う

正直なところ、殆ど宣伝も見掛けないし、大して期待もせずに(すみません! <(_ _)>)鑑賞したのですが、私のツボに無茶苦茶嵌りました!少し誇張した演出もありますが、筋立てそのものは凄く真っ当で面白かった。そして観終わった後、色々と考えさせられる作品でした。殆どその日暮らしのような生活をしていた主人公・一男(佐藤健)が宝くじで大金を当ててしまう。使い道に悩んだ彼は、大学の落研で一緒だった親友・九十九(高橋一生)に相談するのだが、その九十九がお金もろとも行方を晦ましてしまい、一男はその行方を追う行脚を始める羽目になってしまう物語。九十九の知人を訪ねる中で、一男は、お金に振り回される人間たちの醜さと惨めさを目の当たりにし、そしてやがてお金の本当の価値に気付いてくる。「お金がどんなにあっても欲しい物が手に入るとは限らない」とは全くもって至言。朴訥でうだつの上がらない図書館司書役を佐藤健が好演。そして、吃りながらも訥々と自分の信念を語りかける実業家役の髙橋一生は格別。彼が作品の中で演ずる落語「芝浜」がこの物語のモチーフと重なることを知ったのは鑑賞後でしたが、なんとも粋なお話です。この二人がモロッコを旅する場面があるのですが、観光紹介の映像として観ているだけでも楽しいのですが、実は作品の重要なプロットになっていることは観た人なら分かる筈。それから、神保町の酔の助の場面は個人的にちょっと盛り上がりました。東京出張の際にはちょくちょく訪れるお気に入りの居酒屋さんでありましたので。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ミスキャストでしょう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見ていてこんなにドキドキしない映画も初めてでした。
なんでなんだろうと考えた時に、佐藤健の設定に無理があり過ぎだったと思います。
だいたい高橋一生と同学年って、無茶の極みですよ。高橋一生何年ダブってんって話(爆)。全然同年代に見えない。
佐藤健に小学生くらいの子供がいるっていうのも、全然見えない。まだまだ歳が離れた兄妹でも通るような、見え方でした。
佐藤健が童顔で綺麗すぎるからでしょうね。
借金抱えた生活に疲れたオッサンに全然見えなかったから、感情移入しにくかったんだと思います。
宝くじが当たった時のリアクションも薄かったし、本当にこの人この作品ヤル気あったのかな?と疑いながら見てたので、すごくシラケました。
映画の内容も次から次へとアクの強い人が出てくるだけで、ただただ不愉快なだけでした。
モロッコのシーンは幻想的で、まあ綺麗だったと思います。

古リラッ熊
古リラッ熊さん / 2018年10月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

芝浜は知っておいた方がいいかも

文章がどんどん映像化されて いく面白さがあります。
原作を読んで想像してた世界が 目の前にどんどん広がっていきます。人間関係や人の心の変化を 言葉や表情 で追っていくのが 楽しかったです。

小説では 突飛な演出に思える場面も 全く見ていて恥ずかしくなりません。むしろそこに自分がいるような気さえしました。お金が自分の頭の中でも行ったり来たりします。

お金さえあれば取り返せる と思う人が 私にもいます。それは 違うのかもしれないと思ったら、仕事に向き合うスタンス変わります。

かっこ悪い 佐藤健さんが見れます。

佐藤健さんではない 一男 ですね。演じてる役柄って感じがしません。ファンでなくとも

映画館だからこそ 集中して 向き合える 内容でした。家だとなかなか ここまで集中しては 見れないかもしれません。あまり向き合いたくない問題だったり 人と感想言い合うのも ちょっと自分を偽ってしまいそうです。

※ 落語???って方は タイガー&ドラゴン っていうドラマ参考になるやも。長瀬智也くんと岡田准一くんのドラマです。2005年に放送されています。第一回が 芝浜の回です。

onyon939
onyon939さん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか普通

自分には合わなかった。
教祖が出てくるあたりまではそれなりに面白かったけど、そのあとの展開が退屈で少し眠くなった。

(若干ネタバレ気味)

・なんであの電車に乗ってこれたのか?が謎
・あの子供の親というには若すぎに見えたなぁ
・「こんな紙切れーー!!」は面白い

ききょう
ききょうさん / 2018年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

147件中、61~80件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報