劇場公開日 2018年7月14日

  • 予告編を見る

志乃ちゃんは自分の名前が言えないのレビュー・感想・評価

3.759
27%
52%
15%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

4.0女優と女優。

2018年9月30日
PCから投稿

悲しい

楽しい

高校生の話だが、この映画を撮影した時、志乃役の南沙良も加代役の蒔田彩珠も中学生だったという。マジか。マジですか。

思春期の揺らぎをみごとに演じられたのは、思春期の女の子たちが演じているからだろうか。いや、そんなビギナーズラックみたいな話ではない。自分たちの声を、動きを、感情をコントロールして表現しているからこそ、これだけの作品ができたのではないか。

というのも、例えば志乃が感情をほとばしらせて泣くシーンで南沙良からみごとな洟ちょうちんが垂れる。形だけの演技ではあんなものはそうそう出るものではない。蒔田彩珠の音痴という演技も、クライマックスでは最高の感情を運ぶ武器となる。

中学生だとか高校生だとかは関係がない。女優と女優の素晴らしい演技に終始惹きつけられた。そして菊池くんは本当にウザかった。物語的には彼のいいところが見えてくる構造だと思うのだが、そんな気分になれないくらいガチでウザかった。菊池、ウゼえんだよテメエ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
バッハ。

4.0原作者の思いを見事に昇華した

ローチさん
2018年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

撮影期間が2週間という厳しい条件だったそうだが、非常に素晴らしい青春映画に仕上がっていた。メインキャストの3人がとにかく輝いている。

吃音の女の子が主人公だが、原作者の「ただの吃音漫画にしたくない」という思いを映画製作サイドもよく汲んでいる。原作よりも存在感を増した菊地など、主人公と対象的な存在の、対象的な悩みを描くことで、主人公の悩みは独特なものでなく、青春時代に誰もが抱くものであることが強く押し出された。
志乃は上手にしゃべれないが、菊地はしゃべりすぎてしまう、加代は歌が下手と三者三様の悩みを等価に描くことで、吃音の特別感を原作以上に上手く打ち消している。

ラストの加代の絶妙なヘタクソな歌が心に沁みる。あの年頃の、あの瞬間ではなくては歌えないと思える、そんな特別な感動のある歌だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ローチ

4.0そこに友達がいてくれるだけで世界はまばゆく変わる

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

高校生活が始まる。出かける前に鏡の前で繰り返した自己紹介が、みんなの前だと何故かスムーズに言えない。志乃ちゃんは吃音を抱えた女の子。冒頭の5分間、彼女の胸につかえた思いが痛いほど伝わってきたのは、かくいう私も学生時代に軽く吃音っぽかったからだろうか。

だが、本作は決して吃音だけに特化した映画ではない。そこから見えてくるのは、誰もが何かしら悩みや苦しみを抱えて生きている、ということ。そして、そこに友達が静かに寄り添ってくれるだけで、人生の見え方は180度変わる。

現に冒頭のシークエンスを抜けると、不思議なほど温かみのある映像に包まれる。そしてこれまで一人で奏でていた単音の人生にもう一つの音が加わり、映画の色調も「表現すること」をめぐる和音へと変わっていく。その神々しさ。類い稀なる青春映画を真摯に奏でた演出に敬意を表すると共に、主演の二人はもちろん、いい味を醸し出した男の子も高く評したい。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
ぐうたら

5.0これは私の話。きっと大勢がそう思う

AuVisさん
2018年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

コミュ力が高くて新しい学校でも新しい職場でもすぐ友達ができる人や、容姿や運動神経に恵まれ小さい時から周りにちやほやされてきた人なら、共感できないかも。けれど、初対面の人と話すとき緊張したり、多くの人の前で話すのが苦手だったり、外見やそれ以外のことで劣等感があったりする人なら、きっと「志乃や加代は自分だ」と思うはず。

南沙良と蒔田彩珠が、高1の春~夏を不器用だけど懸命に生きる志乃と加代を瑞々しく体現している。2人の路上ライブのシーンもいい。ブルーハーツの「青空」、ミッシェルガンの「世界の終わり」を女性デュオでやるという発想にも感心。歌詞もちゃんと物語につながるし。

原作の舞台は押見修造の出身地・群馬県(背景に西桐生駅が描かれるコマがある)だが、映画では沼津、下田でロケを行い、多くのショットで背景に海が映り込んで青春にふさわしい「青」があふれる。心から推薦したい傑作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
AuVis

2.0とても良い映画ですが

2019年10月3日
PCから投稿

しのちゃんが声をだせなくした親の理不尽な姿がとてもいゃだったので、すいません、点数低めです。
とても良い映画ではあります。
主役は名演技です。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.5志乃です!加代です!しのかよです!

kossyさん
2019年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 吃音によりコミュニケーションがとれないことはよくある話。ところが音楽というツールによって発声がスムーズになる。どこかで聞いたことのあるような設定ですが、生活をすべてミュージカルにしちゃえばいいじゃん♪などと催眠術を勧める母親を見て思った。あ、でも踊りだすのはやっぱり変だな・・・

 スキャットマン・ジョン(1942~1999)がメジャーデビューしたのが52歳の時。自身の障害である吃音症を逆手に取ったスキャットソングで、いきなりのミリオンセラーを記録した。彼は日本の吃音者団体である全国言友会に寄付した。意味を持たない言葉だったら自由に喋ることができるということ、当時はかなり話題になったものだ。その代表曲「スキャットマン」を初めて聴いたときには愛川欽也のパック・イン・ミュージックのジングルを思い出したものですが、コピーするのも難しく、何十回も聴いたことをも思い出しました。

 で、この作品は音楽映画であるのか?「あの素晴らしい愛をもう一度」や「翼をください」といった懐かしのフォークソングを歌うあたり、またしても『ダンスウィズミー』と世代的に同じところを狙っているような気がする。しかし、加代ちゃんがとても下手だったり、歌よりも加代志乃の百合っぽい映像に惹かれてしまう。文化祭のコンサートの「魔法」というオリジナルは下手すぎて歌詞にばかり気を取られてしまうほど。

 彼女の心の中は誰にも伝わらない。加代ちゃんだって孤独な少女なので、作詞によって思いを伝えることしかできないのだ。空気を読めずにずけずけと彼女たちに割り込んでくる菊地が緩衝材となってるところもいい。それがなければ二人の絆はただ楽しいだけの関係になっていたのだろうから・・・とにかく壊れやすい乙女心。俺も昔はわかってなかったな・・・・

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy

3.0きれいな絵づくり

Nakashinさん
2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Nakashin

4.0運転手さんそのバスに僕も乗っけてくれないか

コンブさん
2019年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

単純

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
コンブ

4.0ロック

Kjさん
2019年3月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

3.0鼻水

2019年3月23日
PCから投稿

泣ける

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま

3.5ロケ地も素敵

MA2030さん
2019年3月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

素敵な校舎にしのかよちゃんの青春がキラキラ眩しい。そしてありきたりでないラストもいい!3人が少しだけ逞しく成長する姿が心に響く。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
MA2030

4.0実写版「聲の形」

2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

吃音(きつおん)にコンプレックスを抱える少女が、音痴コンプレックスを抱えている少女と出会い、成長していく物語。

吃音であるが故に、うまく人間関係が結べない少女。
自らの心が若いが故に彼女の心にづけづけと侵入する同級生。
私は大人だから分かってると勘違いして接してくる先生。
そんな中、1人の少女と出会い、映画は徐々に心の狭さ、豊かさを観る側に与えてくれる。
路上ライブにて唄う姿はザッツ青春。
挫折理由もあるある。
最後も好きよ私。みんなハッピーエンドにするよりかは、これからが始まりって感じで。

完全に泣かせにくる映画よりかは、この様な心の距離を描く映画の方が好きだ。人と人の距離感も上手く映像で表現。

別映画「聲の形」にも似たような感覚。
この作品も私は若い人達に観て頂きたい。
どんな頭が良くても、心が養えていない大人は多い。
心が養える映画。
「あの、素晴らしい愛をもう一度〜♫」
こんな映画が増えて欲しい。

今、学校では道徳性のある映画観賞など実施しないのかねぇ…
有名俳優出ずしも、良い作品は創れる。
おすすめします。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 13 件)
巫女雷男

3.0苦手だが好きなシーンも多い

shotgunさん
2019年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

吃音症により上手く話せない志乃は入学先の高校で人を寄せ付けない少女、加代と出会い…。
全編が沼津で撮影されていて地元民としては景色だけで既に満足。恥ずかしいと言う点で苦手な物語ではあるが映像の撮り方や友情の描き方など好きなシーンも多かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun

5.0不自然ではない、これが本当の友達

2019年2月22日
PCから投稿

自分ではとても友達なんて出来ないと思いながら、いつも、素晴らしい友達がいる。
でも、自分は嫌いでも、友達は大切な存在。
志乃ちゃん、とても綺麗で、歌が上手いから、そんなに共感は出来ないけれど、みんな、そう有りたいとゆうことは対現している。
男の子はとてもわざとらしくて、たまに吐くからとてもうざいけど、イケメンだから、でも、邪魔です。
犯罪や死に向かわないのは良い傾向です。
しのちゃんが鼻水垂らしながら、よだれが垂れてないし、粘度が低いけど、控えめな感じは好感が持てます。
最初から最後まで自然に観れたのは、控えめで、誠実で、心配りがある、人間の本質に触れるような作品であるからでしょう。
本当に良い作品を見せて頂きました。
有難う御座います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.5キラキラして、切なくて、染みる感じ。

2018年11月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 3 件)
マツマル

0.5クソ映画(これは映画とは呼びたくない)

2018年10月11日
iPhoneアプリから投稿

それっぽい人間をそれっぽいストーリーで撮影し繋げただけでこれは映画とは言えないなと思った。
全ての人間のする行動に過去が見えてこない。無理やり映画のためにそういう人を作ったに過ぎない。音楽もピアノからギターと出会いを気に変わって行くが弱い。全てが浅はか。感動する事はしているがその奥にあるエモーショナルが確実にない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
monoko4696

4.5かよちゃんがイケメンで良かった

2018年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

良かった、とっても。

画が良いもの、何より。人物には陰影。光と影を対比させる室内。焦点と静動の使い分け。日本人的な、細やかな画の造り込みに、まずは引き込まれました。

自分を追いかけて来る自分から逃げるのは、セーヌ川が起源。しのちゃん、それ、一生かかっても逃げ切れないから。あなたの、「バカにしないでメンタル」は、ハッキリ言えばヘビメタ向きです。頑張らなくて良いから強くなれ、しのちゃん。

クールに見えたかよの方が、友情物語信者的だったのが可愛い、って思いました。

安易な大団円にしなかったラストが、思春期の青少年のリアルを描いてる気がして良かったです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
bloodtrail

4.5ブレイクスルー:志乃ちゃんの鼻水は美しい。

だいずさん
2018年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
だいず

4.5青春の輝きと痛み

2018年9月19日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なめろう

5.0私を恥ずかしいと思っているのは私。

くりさん
2018年9月10日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
くり
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の作品トップへ