アンダー・ザ・ウォーター

劇場公開日:

解説

大地のほとんどが海に沈んだ地球を救うべく過去にタイムスリップした男の奮闘を描く北欧製SFサスペンス。2095年、海面上昇により大陸のほとんどが海に沈み、動植物の多くが絶滅した。真水が貴重品となり人類の滅亡も間近に迫る中、ある女性科学者の研究にわずかな希望が見いだされる。彼女は海水を真水に変える研究を完成させたと言われていたが、その内容を発表しないまま2017年に飛行機事故で他界していた。研究結果を入手するよう政府から密命を受けたファン・ルン大尉は、特殊技術で生み出された自らの分身を過去に送り込むが……。出演はTVドラマ「THE KILLING キリング」のカーステン・ビィヤーンルン、テレビドラマ「THE BRIDGE ブリッジ」のソフィア・ヘリン。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

2017年製作/88分/スウェーデン・デンマーク・フィンランド合作
原題:QEDA
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2017 SF STUDIOS PRODUCTION APS, SF STUDIOS PRODUCTION AB, YELLOW FILM & TV OY

映画レビュー

3.0QEDA

2022年6月12日
PCから投稿

全く邦題はなんなんでしょうね!バカなの?
原題はQEDA(Quantum Entangled Divided Agent:「量子もつれ」で分割されたエージェント)なんですが、日本の配給会社の人の理解を超えていたのでしょう凸。私だったら邦題は「エンタングルメント」とかにしたいところ。
なかなか新しい方法を駆使したタイムトリップものなんですが「量子もつれ」でタイムスリップできるかなあ?そこからしてちょっと疑問ですが意欲を買いましょう笑。
過去を変えてはいけない、といっても過去に未来の人が現れて何かしたら(たとえば呼吸するだけでも)絶対変わります。ほんとに幽霊みたいに没交渉で観察するだけでないと。無茶しすぎです。というか過去を全然変えないなら未来も変わらないのでは? タイムスリップ物はパラドックスが難しいですね。
全体の雰囲気はよかったしドラマ的には面白かったです。「犬に注意」みたいな細かいところとか。ところでひいおばあちゃんと関係を持つのはまずいのでは?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
arlecchino

1.0SF感は希薄

2021年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
odeonza

1.0つまらない

2020年10月11日
iPhoneアプリから投稿

意味わからん
つまらない

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mami

4.0量子なんとかで、分裂

2020年9月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

難しい

SFとして、科学的なことは良く分からないけど、過去と現在で意識の共有とか面白い発想でした。全体的に暗いのは理由があります。最初から言ってたなと後から気づきましたが。2017年が、とても眩しく見えました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ケイト
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る