ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書のレビュー・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

劇場公開日 2018年3月30日
254件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

神がかった同時代意識

一本の映画を作るには、撮影や編集だけでなくかなりの時間を要するが、スピルバーグは本作を『レディ・プレイヤー1』の製作期間中にポロっと撮ってしまったという。そんな突貫スケジュールが可能なスピルバーグの処理能力にはアタマが下がるが、スピルバーグの発言によると、これはいま作られるべき内容だからと強引にスケジュールを押し込んだらしい。

結果、メディアと権力という今の現実そのものを描くようなテーマを前面に押し出した作品ができあがった。スピルバーグに特に日本について描く意図はなかっただろうが、日本の2018年の現実とも不気味なくらいピタリと符合した。

思えばスピルバーグは『リンカーン』では憲法改正の是非だけでなく、推し進めるのがいかに大変かを描く作品も作っている。本作も『リンカーン』も過去の話だが、スピルバーグというフィルターを通すと、どんな社会派映画より同時代的な訴求力が生まれてしまう。偶然か、嗅覚か。いずれにせよスピルバーグに何かしら神がかったものが宿っているのは間違いないと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

その文書を残すのはなぜか

本作は報道の自由を守る戦いを描いた作品であり、ビジネスとしてのメディアと社会正義としてのメディアの葛藤を描いた作品である。

同時に、公的な記録を残すのはなぜなのかを描く作品でもある。

ベトナム戦争の戦況に関する分析・記録した最高機密文書を報じるか否かの駆け引きが物語の主軸で、夫から会社を引き継いだ(ことで軽んじられている)女性社主の葛藤と、報道の自由、ひいては合衆国の理念のために戦う編集主幹を軸にストーリーが進む。

IPO直後で、差止めをくらえば会社が吹き飛ぶ状況下というシチュエーションが、メディアビジネスの本質をえぐり出す。会社と従業員に対する責任と報道の自由の責任をメディアは負わねばならない。

もう一つ重要なのは、国防長官がなぜここまで詳細な記録を書かせたのかということだ。記録がなければ「完全犯罪」だったのに。記録を出さなかった政治家と、記録を命じた政治家は同じ人物である。わかりやすい記者の正義の裏に、ねじれた(ねじらざるを得ない)正義の姿がある。

ローチ
ローチさん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 14 件)

スポットライトと似てる

スポットライト 世紀のスクープ
と似てる(>_<)

ちょっと難しくてトントン展開するんからついていけなかった💦

最後は感動のシーンなんだろうけど、、

スポットライトの方が感動した。

HY
HYさん / 2018年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

非常に面白いテーマの作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

報道をテーマとした作品だが、さまざまな困難に立ち向かったヒューマンドラマを描いた作品。
ぜひ、見てもらいたい作品の1つ。

ふぁーびー
ふぁーびーさん / 2018年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピルバーグのもう一つの遺言

この映画を見て、何かの番組だったか記事だったかでスピルバーグは「撮りたい映画」と「撮るべき映画」を交互に作っているみたいな事を言ってたのを思い出した。

同時期に撮影された「レディ・プレイヤー1」が撮りたい映画だとすれば、本作はスピルバーグが撮るべき映画として製作したんだろうし、「レディ~」はある意味でスピルバーグが次世代のクリエイターに残した遺言的側面を持つ作品だったけど、本作も報道というメディアを通して映画の在り方を語るもう一つの遺言的な作品だったと思う。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2018年10月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

報道の自由を問う熱き傑作

スティーブン・スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクス!ニクソン政権対ワシントンポストの構図が報道の自由を問う。

「大統領の陰謀」を観たときのことを思った。あれから40年以上経ったのですね。

アカデミー賞では無冠に終わったが、熱い感動がある傑作だ。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

人として生きていくのに正しい事、人として正しい事のために何をすべき...

人として生きていくのに正しい事、人として正しい事のために何をすべきか、人として何を大切にすべきかを考える。

こば
こばさん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決断

政府(ニクソン大統領)からかかる圧力に屈することなく勇敢な決断を下したワシントン・ポスト紙の女性オーナーをメリル・ストリープが演じている。
女性蔑視でオロオロするオーナーから徐々に成長する姿を見事に演じており、トムハンクスが小物に見えるところがこの映画の魅力。
他の人も書いているが、前もってベトナム戦争前後の歴史を勉強しておくと、ラストの事件もオチとしてすんなり見れると思う。

赤い彗星
赤い彗星さん / 2018年9月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ウォーターゲート事件へ繋がる権力との戦い

大きな権力に屈しない英断。
国民のための報道を貫いた熱い思いに感動。
しかしながらこの陰には多大な権力に押さえつけられたら事件も多いのだろうと思わされる。

上みちる
上みちるさん / 2018年9月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

手腕が冴える。

大作と並行してこの完成度で撮り上げちゃうスピルバーグの凄さを再認識する。

ハチコ
ハチコさん / 2018年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味だけど興味を引く展開

会話のテンポが良く、引き込まれた

noritenpa
noritenpaさん / 2018年9月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

報道する使命と義務、知る権利 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スティーヴン・スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクス!
オスカーに愛されし顔合わせとオスカー好みの題材で、漏れなくオスカーにノミネート。
しかし、たった2部門(作品・主演女優)ノミネートだけで今回全く本命では無かったが、紛れもなく社会派映画の一級品。

ベトナム戦争の真実が記されたペンタゴンの最高機密文書を入手したワシントン・ポスト。
公表するか否か、決断迫られる…。

本作公開時に「アンビリバボー」でも特集。同題材と、社主キャサリンについて。
それを見ていて良かったと思う。見ていなかったら、序盤は退屈であったろう。
元々専業主婦だったキャサリン。
父の会社を夫が継いだが、自殺し、自分が継ぐ事に。
経営者として悪戦苦闘。
男社会に飛び込んだ故の偏見。
何より、亡き父と夫から受け継いだ会社を守る…。
劇中ではさらりと触れられる程度だったので、それらを知った上で見ると、よりキャサリンの苦悩や決断に重みが増した。

ライバル紙のNYタイムズが一部暴露した機密文書を、こちらもコピーで全て入手。
だが、これは“爆弾級”。
公表すれば、間違いなく世紀の大スクープ。
が、政府からは睨まれ、最悪の場合は社自体が潰される…。
圧力には屈せず、記者人生を懸けてまで掲載を訴える編集主幹のベン。
政府の圧力を恐れ、掲載には大反対の経営陣。
その板挟みのキャサリン…。

機密文書を入手してからは、さすがのスピルバーグ。小難しそうな社会派映画であっても、スリリングさやエンタメ性で一気に見せ切ってしまう。
スピルバーグらしい正攻法の演出や正義の訴えも一貫している。
苦悩滲み出るメリルの巧演と記者魂のトムの熱演。この両名優の共演と演技バトルがまさか見れるとは!
編集部内のセット、スピーディーなカメラワークと編集、ドラマチックなジョン・ウィリアムズの音楽…スピルバーグ組の充実の仕事ぶり。
『レディ・プレイヤー1』の製作を一時中止し、僅か9ヶ月で完成させたとはとても思えない!

実話モノ。映画になるくらいだから、オチは決まり切っている。
キャサリンは掲載を決断する…!

大スクープは、時として、自らや他者や社会までを変えてしまう。
それは、良くも悪くも。
案じて、伏せる事も時に仕方ないだろう。
が、国が故意に不正を隠し、国民に嘘をついている。
それを伏せる事など出来やしない。
圧力を掛けるのならば、掛けるがいい。
誰かが厚い壁をぶち破れば、後に続く者、同調する者が現れる。
社会に疑問を呈し、訴える事が出来なければ、民主主義とは言えない。それが出来てこそ、民主主義だ。
報道の自由とか、そんなジャーナリズム精神じゃない。
記者には報道する使命と義務があり、我々には知る権利がある。

近大
近大さん / 2018年9月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

権力との戦い

TVのスペシャルドラマみたいだった。名優の共演で安定した劇ではあるが、新鮮な驚きがない。

ドラゴンミズホ
ドラゴンミズホさん / 2018年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

矜持

自分が主人公の立場だったらどうするだろうと考えた。ザ・シークレットマンの2本立てが絶妙でした。

ひぐらし
ひぐらしさん / 2018年9月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

I am the state

政権の嘘に挑む報道の自由は普遍的な構図であり、それに異論はない。しかし、メディア自体に対する不信感がトランプ政権を産んだ背景にあるわけで、今回のような論じ方ではお腹が減ることも否めない。メディアが多様化し、見る側の選択肢が与えられている世の中。新聞メディアはこの当時と異なる状況で自らの社会的役割を見出さなければならない。ただ懐古的ではいられない。

Kj
Kjさん / 2018年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポスト政府と報道の蜜月時代

ベトナム戦争への勝算なき兵士投入を裏付ける文書漏洩を描く。
情報セキュリティ、内部告発、政府と報道の関係性...この作品の現代性が見えてくる。
夫の死でワシントン・ポストの社主ポストに就いてしまった夫人の心の葛藤と孤独な決断を、上品に女性らしく演じるメリル・ストリープがやっぱり凄い。

旅するランナー
旅するランナーさん / 2018年8月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今日の日本政治にマッチしてる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・テーマや伝えたいことが分かりやすくて楽しめた

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かったが… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 事実をもとにした映画で、結果は分かっているのに、ハラハラさせられて、面白かった。だが、同時にマスコミの恐ろしさも感じた。

 映画の中では、ニューヨークタイムズは3か月間もその内容を吟味し、真意を確かめて、記事にしている。
 しかし、ワシントンポストは、全く真意を確かめず、ただ記者の知り合いからの情報というだけで、わずか10時間ほどで記事にしてしまっている。
 もしあれが、嘘の情報だったら? そう考えずにいられない。
 つまり、その記者の主観で、情報源が確かと思い込んでしまえば、その情報に飛びつき、真意を確かめずに記事にしてしまうという事もあり得るという事だろう。
 逆にいえば、何々省の元役人などという肩書さえあれば、簡単に恨みのある誰かを陥れるような嘘の情報をマスコミに流し、記事にできるのだ。

 映画の中でに話だろうが、マスコミは怖い。

おびぃ2016
おびぃ2016さん / 2018年7月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱレベル高い… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

感想は数年前のブリッジオブスパイとおなじ。
スピルバーグ、すごいんやな…と、改めて思った、です。
字幕翻訳はだいすきな松浦美奈さん。それもまた良し。

題材も時代背景もあまりよくわからないながら、ぐんぐん引き込まれて、飽きることなく、物語の言いたいことがズバン!とスクリーンのこちらに届く感じ。
すげーよーと思います。

女をバカにした新聞社内でのケイの孤独な戦いにも、ぐっときます。

テーマはジャーナリズム・マスメディアの本質的な役割についてなんだと思います。体制におもねることなく、権力を監視すること。1970年初頭にそれを命がけで実践した人がいるんですよ。さて、2018年にはできてるの?という問いかけです。言わずもがなですが。

そして無知な私は映画鑑賞後にウォーターゲート事件についてwikiりました。

未だみたことがない「シンドラーのリスト」をいい加減みたいなと思います。

だいず
だいずさん / 2018年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マスコミ、頑張れ!

文句なしの良作です!

@もう一度観るなら?
「映画館で観たかったんだけど、どうしても時間が合わなかった!
残念ですわ!」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

254件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi