劇場公開日 2018年3月30日

  • 予告編を見る

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書のレビュー・感想・評価

3.6327
16%
62%
19%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全327件中、1~20件目を表示

4.0神がかった同時代意識

村山章さん
2018年4月30日
Androidアプリから投稿

興奮

知的

一本の映画を作るには、撮影や編集だけでなくかなりの時間を要するが、スピルバーグは本作を『レディ・プレイヤー1』の製作期間中にポロっと撮ってしまったという。そんな突貫スケジュールが可能なスピルバーグの処理能力にはアタマが下がるが、スピルバーグの発言によると、これはいま作られるべき内容だからと強引にスケジュールを押し込んだらしい。

結果、メディアと権力という今の現実そのものを描くようなテーマを前面に押し出した作品ができあがった。スピルバーグに特に日本について描く意図はなかっただろうが、日本の2018年の現実とも不気味なくらいピタリと符合した。

思えばスピルバーグは『リンカーン』では憲法改正の是非だけでなく、推し進めるのがいかに大変かを描く作品も作っている。本作も『リンカーン』も過去の話だが、スピルバーグというフィルターを通すと、どんな社会派映画より同時代的な訴求力が生まれてしまう。偶然か、嗅覚か。いずれにせよスピルバーグに何かしら神がかったものが宿っているのは間違いないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
村山章

3.5その文書を残すのはなぜか

2018年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

本作は報道の自由を守る戦いを描いた作品であり、ビジネスとしてのメディアと社会正義としてのメディアの葛藤を描いた作品である。

同時に、公的な記録を残すのはなぜなのかを描く作品でもある。

ベトナム戦争の戦況に関する分析・記録した最高機密文書を報じるか否かの駆け引きが物語の主軸で、夫から会社を引き継いだ(ことで軽んじられている)女性社主の葛藤と、報道の自由、ひいては合衆国の理念のために戦う編集主幹を軸にストーリーが進む。

IPO直後で、差止めをくらえば会社が吹き飛ぶ状況下というシチュエーションが、メディアビジネスの本質をえぐり出す。会社と従業員に対する責任と報道の自由の責任をメディアは負わねばならない。

もう一つ重要なのは、国防長官がなぜここまで詳細な記録を書かせたのかということだ。記録がなければ「完全犯罪」だったのに。記録を出さなかった政治家と、記録を命じた政治家は同じ人物である。わかりやすい記者の正義の裏に、ねじれた(ねじらざるを得ない)正義の姿がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 25 件)
杉本穂高

4.0報道の自由は守られなければならない。

光陽さん
2022年6月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

前半はちょっと退屈でしたが、後半の機密文書の掲載を決断するシーンと掲載後の裁判勝利のシーンにとても痺れました。
2大オスカー俳優の共演、素晴らしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
光陽

4.0ベトナム戦争に関する政府の機密文書、ペンタゴンベーパーズの新聞掲載...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ベトナム戦争に関する政府の機密文書、ペンタゴンベーパーズの新聞掲載の決断と報道の自由。
決断に揺れるメリル・ストリープ、演技がすごく良かった。そして、緊張と緊迫感がひしひしと伝わってくるトム・ハンクスとのやり取り。
脇を固めるキャスト陣も皆良い。
おもしろかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5放送免許に関わる判断

さん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1966年、ベトナム戦争が泥沼化していた。メリルストリープ扮するワシントンポスト社主キャサリングラハムは全国紙を目指していた。

政治ものは難しいね。注意深く見てないと分からなくなる。掲載するか否か放送免許に関わる判断が必要になる。新聞発行の意義は重要だね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.0原題は

千恵蔵さん
2022年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

原題はThe Postなんだ。
シンプルイズベストと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
千恵蔵

3.0実話としての重みは感じるが

MUNEKIさん
2022年6月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MUNEKI

4.0思惑

こころさん
2022年6月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 17 件)
こころ

3.5うん、

けいさん
2022年5月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興味深くおもしろかったけど、内容が難しめ、ちゃんとしっかり見てないとわかんなくなる(笑)
でもおもしろかった。
最後のウォーターゲートの話までそのままこの映画で続けてほしかった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
けい

4.0報道の自由を守る熱き闘い

2022年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

予想外にシンプルな作品だった。メリル・ストリープ、トム・ハンクス共演のスピルバーグ監督作品だったので、もっとエンターテイメント性の強い作品だと思っていたが、本作は、報道の自由を守るために闘った人々にフォーカスしている。静かな冒頭から怒涛のクライマックスまで、常に熱気を帯びながら、一気に魅せてくれる本格的な社会派サスペンスである。

舞台は1971年アメリカ。夫の死で図らずも新聞社ワシントン・ポストの社主になってしまったキャサリン(メリル・ストリープ)は、周りのスタッフに支えながら慣れない仕事を熟していた。しかし、ベトナム戦争に関わる機密文書をニューヨーク・タイムスがスクープ報道したことで、状況は一変し、ワシントン・ポストも追従し、政府と対峙しながらも隠された真実を報道すべきか否かで社内は真二つに割れてしまう。葛藤、苦悩しながらも、キャサリンが出した決断とは・・・・。

実話に基づいた物語であり、報道の自由を守るための闘いがメインストーリーとなると、気高く崇高なイメージが鼻に付きそうだが、スクープ合戦、新聞社経営、など現実感のある要素を巧みに織り交ぜて、リアルで泥臭い作品に仕上げている。

メリル・ストリープは、従来演じてきた力強い女性像ではなく、当時の女性の地位を象徴するような家庭的で優しい女性像を好演している。そんな彼女が、物語が進むにしたがって、逞しくなっていく姿は、当時から現在に至るまでの女性の地位向上の歴史そのものである。

トム・ハンクスも従来演じてきた物分かりの良い男性像とは異なり、形振り構わず信念を持って突き進んでいく、報道の自由への迸る想いに溢れる辣腕編集主幹を熱演している。

本作のメッセージは明確である。作品全体を通して、自由は他力本願ではなく、自らの手でしっかりと掴み取るものであること、リスクを覚悟して強い想いで挑んでいかなければ、自由は手に入らないことを強調している。報道の使命は、隠された真実を暴き、伝えることである。真実は時代を照らす光であり、光が無ければ、時代を見通すことはできない。時代を正しく捉えることはできない。真実を知るために報道の持つ意味は大きい。

本作は、1970年代の事件を描いているが、事件の内容は普遍的なものであり、現代に通じるものがある。いや真実が見え難くなっている現代の方が本作のメッセージは重要である。本作は現代への警鐘になっている。スピルバーグ監督の意図はそこにあるのだろう。

本作は、無茶苦茶、面白い作品ではないが、普遍性のある歴史の一コマを丁寧に描くことで、現代について考えさせられる貴重な作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
みかずき

4.5オールスター

越後屋さん
2021年7月10日
PCから投稿

話自体がサスペンスフルな上に、この二人にこの監督がいつも通りの力を出せば、面白いに決まってます。掲載決断する時のメリル君の演技、泣きそうになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
越後屋

5.0マスコミよ、こんなときこそ頑張れ!

2021年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

怖い

興奮

知的

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、
これからは「星のナターシャnova」として
以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。

==========
文句なしの良作です!
公開当時も劇場で観てそれなりに感動したのですが
作品の良し悪しに関わらず、
どうしても眠気に負ける時間帯に観たせいで
うまくレビューが書けなかったので
今回ネット配信でしっかり観られて
本当に良かったし、改めて感動しました。

コロナ報道で、良くも悪くも
報道機関の重要性や
信憑性が問われる今だから
一般ピープルも「正しい報道」がいかに大事か、

また報道関係者も、襟を正して観てほしいしですね

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

前半は亡くなった夫から新聞社を引き継いだ
メリル・ストリープ演じるケイ(キャサリン)が

男ばかりの経営者や銀行家の社会で、
右往左往する様子が映し出されるのですが
後半、ペンタゴンペーパーを入手し

これを報道するか止めるかの判断をするときに


「これを報道すれば、誰も戦場に行かなくていいのね!
公共の福祉に寄与するのが新聞の役目だから〜」

そこのところをトム・ハンクスが演じる新聞編集長に

確認する社主のケイ(キャサリン)。
そういうのって、
権力の維持や
政権への忖度だけを考える男どもにはできない。
女性で経営の素人だから出来た決断だと思う。

そして中盤のトム・ハンクスの言葉
「報道の自由守るのは報道を続けることだけ」

最後の方で女性の記者が電話で聴いた裁判所の判事の言葉を
皆に伝えるシーン。
「報道機関が仕えるべきは、統治者でなくて国民です。」

自宅でネット配信で見ている気楽さで
この言葉には思わず拍手してしまった!!

メリル・ストリープとトム・ハンクスの掛け合いのシーン。
流石にベテラン二人!

ほとんどアドリブに見えてしまう位の
ナチュラルさが見事!

裁判所から出てくるメリル・ストリープを多数の
女性たちが見送る。
それは兄弟や親、夫や恋人など大切な人が
戦場にいるのであろう女性たちであり
メリル・ストリープが案じるケイ(キャサリン)への感謝と

メリル・ストリープと言う女優へのリスペクトも相まって

感動的なシーンになってます。

最後の方で新聞の印刷機が動いて大量の新聞が
印刷されていくシーンがある。
これはスピルバーグから新聞社や報道関係者への
エールであり、
プレッシャーだと思います。


裁判所で本来ならライバルであるタイム紙の代表者も
一緒に報道の自由の裁判に出席して

「争っている場合では無い!こんな時に」

報道各社よ!よく聴いてとけ!!

@お勧めの鑑賞方法は?
時間のある今だからネットやビデオでじっくり観て!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
星のナターシャnova

4.0日本の政治スキャンダルが小さすぎての心配が…

2021年6月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この作品のように、カタカナ名の人物が
多数登場する映画の鑑賞は、
私にとっては大変な苦難を伴う時間だ。

ご多分に漏れず、誰が誰やら解らないままに
話が進んでいってしまい、後半になって
ようやく全貌が掴めてくる始末。

題名からして、国家機密情報の取得を
巡る作品かと考えていたが、
入手した情報を掲載するかしないかとの
社主と編集主幹を中心とする
一新聞社内の葛藤の物語で、徐々に
鑑賞への高揚と感動がもたらされた。

多分にマスコミ関係に席を置かれる方々には
勇気づけられる作品ではないだろうか。

「報道が仕えるべきは国民だ。統治者では
ない」との判事の意見書の言葉が全てで、
発行部数ランキング的に見て、
日本だったらは毎日と産経がタッグを組んで
政府と対峙しているようなもの
かも知れない。だから、
政府広報組織化している大手新聞社が
幅を利かせる日本のマスコミの皆さんには
皮肉も込めて申し上げるが、
昨今の政権がひた隠しにする諸問題の真実
には力を合わせて是非迫って欲しいと
心から期待したいところだ。

ただ、政治の側で心配なのは日本の場合は、
この映画で描かれるような米国における
国家機密というスケール感では無く、
モリカケ・桜・公文書破棄・1.5億円も全て、
国会議員による彼らの取り巻き連中への
逆忖度だったり、その隠蔽だったりと、
余りにも動機が個人的でスケールが小さく、
本来はこういった政治スキャンダルは
小さい方がいいはずなのに、質の点において
妙に日本の政治の方を心配させられる作品
でもあった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
KENZO一級建築士事務所

2.0選択三部作

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

「ソフィーの選択」「マディソン郡の橋」と本作で、メリルストリープ 選択三部作とするか。
トムハとスピならではの想定内の単純さゆえ本作が劣るが。
輪転機の油と歯車と活字が噛み合うパタパタ音に「アイアンマン」着脱シーンの心地良さを見た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.0「報道」とは

2021年1月12日
iPhoneアプリから投稿

報道とは
そう、報道とは私たちに真実をありのまま色付けせずに伝えてほしい
隠さず、あおらず、感情を乗せず
私ね、ワイドショーって苦手なんですよ
それからニュース番組もね、ただたんにニュースの時間がいいな
短い時間に余計な言葉をはぶきあった事を淡々と語るニュースの時間がね
そこには伝える側の主観が無いから
だってワイドショー見ちゃうとその人の意見に流されちゃうんですよ
たいして自分を持ってないし反発するほど頭が回らないからね
ありのままを言われればそれに対して考えるのは自分だけ
何故なんだろ? どうして何だろう? それか、まっいっか〜とかね
報道する側の方々も大変でしょうね
でもいい加減そろそろ分かってるはずですよね?
あなた達は真実を曲げて伝えてる事に

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
カルヴェロ1952ll

4.0報道

たけおさん
2021年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

難しい

新聞社の言論の自由を題材にした作品。
新聞社のオーナーでるメリル・ストリープと編集長のトム・ハンクスが中心に話は、進みます。
ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズの社員達のアツい思いが伝わって来て楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
たけお

3.0新聞屋の正義

2020年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

正統派映画だけど、見応えがあった。メリル•ストリープの決断!かっこよかったです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おのもん

4.0メリル・ストリープとトム・ハンクスが同じ画面にいるだけでゾクゾクし...

UNEmiさん
2020年10月25日
PCから投稿

メリル・ストリープとトム・ハンクスが同じ画面にいるだけでゾクゾクしてしまう。
そして、当時の新聞社の雰囲気がたまらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
UNEmi

3.0トム・ハンクスが変w

2020年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

やっぱりメリル・ストリープはすんごいね…
圧倒的俳優だと思う…
トム・ハンクス見たさで観たんだけど
声もオデコもなんか変www
真っ当な役はダメだな〜

映画の内容は良い話に作りすぎたかも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.5映画史上最もカッコいい校閲シーン

2020年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ケイ(メリル・ストリープ)の決断のシーンが泣けたけど、「30分で赤入れだ!」の映画史上最もカッコいい校閲シーンにシビれた。国民でなく統治者に仕えるこの国のマスコミのみなさんにぜひ見て欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
flipperpinball
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の作品トップへ