ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書のレビュー・感想・評価

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

劇場公開日 2018年3月30日
270件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

神がかった同時代意識

一本の映画を作るには、撮影や編集だけでなくかなりの時間を要するが、スピルバーグは本作を『レディ・プレイヤー1』の製作期間中にポロっと撮ってしまったという。そんな突貫スケジュールが可能なスピルバーグの処理能力にはアタマが下がるが、スピルバーグの発言によると、これはいま作られるべき内容だからと強引にスケジュールを押し込んだらしい。

結果、メディアと権力という今の現実そのものを描くようなテーマを前面に押し出した作品ができあがった。スピルバーグに特に日本について描く意図はなかっただろうが、日本の2018年の現実とも不気味なくらいピタリと符合した。

思えばスピルバーグは『リンカーン』では憲法改正の是非だけでなく、推し進めるのがいかに大変かを描く作品も作っている。本作も『リンカーン』も過去の話だが、スピルバーグというフィルターを通すと、どんな社会派映画より同時代的な訴求力が生まれてしまう。偶然か、嗅覚か。いずれにせよスピルバーグに何かしら神がかったものが宿っているのは間違いないと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

その文書を残すのはなぜか

本作は報道の自由を守る戦いを描いた作品であり、ビジネスとしてのメディアと社会正義としてのメディアの葛藤を描いた作品である。

同時に、公的な記録を残すのはなぜなのかを描く作品でもある。

ベトナム戦争の戦況に関する分析・記録した最高機密文書を報じるか否かの駆け引きが物語の主軸で、夫から会社を引き継いだ(ことで軽んじられている)女性社主の葛藤と、報道の自由、ひいては合衆国の理念のために戦う編集主幹を軸にストーリーが進む。

IPO直後で、差止めをくらえば会社が吹き飛ぶ状況下というシチュエーションが、メディアビジネスの本質をえぐり出す。会社と従業員に対する責任と報道の自由の責任をメディアは負わねばならない。

もう一つ重要なのは、国防長官がなぜここまで詳細な記録を書かせたのかということだ。記録がなければ「完全犯罪」だったのに。記録を出さなかった政治家と、記録を命じた政治家は同じ人物である。わかりやすい記者の正義の裏に、ねじれた(ねじらざるを得ない)正義の姿がある。

ローチ
ローチさん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 16 件)

表現の自由か、社の存続か

新聞社の社主が記者ではなく、世襲制のような形で承継されていることがまず驚きだった。権力との結びつきがその性質上許されない新聞社の経済基盤を誰が支え、どのようにして経済基盤を守っていくのかは、今後のマスコミにとっても大きな課題であろう。
経済基盤の喪失の危険を前にすると、表現の自由もただの理念であるかのように思えてくるのは当然だ。しかし、マスコミに突っつかれたくない権力側は、そこにつけ込んでくる。これに対抗する戦いは、今後もずっと続くだろうし、マスコミが常に勝利できるわけでもないだろう。
マスコミが国民に仕えることを使命としている間は、国民がマスコミを守るよう心掛けるべきである。そうでないと、私たちは権力に対抗する重要な手段を失うことになるからだ。

a0064
a0064さん / 2019年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気持ちがいい

正義のために身を賭す覚悟を決めるキャサリンの潔さ。女性でありながら、女性の生きツラい時代に、自信を貫き勝利を手にする姿は美しく、気持ちがいい。メリル・ストリープはいつも私に力と勇気を与えてくれます。

yh
yhさん / 2019年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

”報道の自由”とは

ウォーターゲート以前、国防省極秘文書がニューヨークタイムスとワシントンポストに掲載された事件の映画化で、監督はスピルバーグ。
一番かっこいいのはポストの女性社主(メリル・ストリープ)で、編集長(トム・ハンクス)はそれなり。
時の権力から独立するのは難しいけど、頑張ってほしい。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2019年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分の予想とは違うジャンルだった

機密文書を巡ってドンパチを期待してたら、全然違ってた。原題はThe Post、ワシントンポストの人間模様を描いた地味な映画だった。当時を知ってたらもっと楽しめたかも

a.i
a.iさん / 2019年1月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

国民のための大統領の呪縛との対決で命がけの報道の自由。圧巻の演技 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

#ペンタゴンペーパーズ #試写会 やはり圧巻の二人の演技で戦争シーンは少なかったけれどワシントンポスト紙が大統領よりだったが戦い法定侮辱罪の投獄から全マスコミが報道の自由で戦い勝つのがかっこいい。レモネードぼったくりだけどねー笑

-新次-
-新次-さん / 2019年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧巻の勝利と演技。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

#ペンタゴンペーパーズ #試写会 やはり圧巻の二人の演技で戦争シーンは少なかったけれどワシントンポスト紙が大統領よりだったが戦い法定侮辱罪の投獄から全マスコミが報道の自由で戦い勝つのがかっこいい。レモネードぼったくりだけどねー笑

ピュア
ピュアさん / 2019年1月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが噂の

メリル・ストリープとトムハンクスとゆう二大俳優の名演により、これが映画化される事が凄いのだと思う。

人は誰しも、仕事をしている上で、
判断に迫られる際、こういったケースがあるとゆう点で非常に共感。

無事にうまくいった?例だと思う。

シャネルちゃん
シャネルちゃんさん / 2019年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本のマスメディアよ奮起せよ

スピルバーグはやっぱり偉い!制作発表から僅か10ヶ月足らずで作り上げたと言うのだから、まずその行動力に拍手。映画は期待通りだがそれ以上のものでは無い。もちろんトランプ政権への異議申し立てなのだが、どうしても今の日本の現状(政権忖度報道)へのアンチテーゼとして観てしまうのだ。「報道機関は国民に仕えるものであり政権や政治家に仕えるものではない」byヒューゴ・ブラック判事。

たあちゃん
たあちゃんさん / 2018年12月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

質が収益を高める ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
(スティーブン・スピルバーグ監督)から。
題材は「ベトナム戦争」だけど、テーマは「報道の自由」だ。
そして、報道の使命とは何か?を強く考えさせられた。
「権力を見張らなくてはならない、
我々がその任を負わなければ誰がやる?
報道の自由を守るのは報道しかない」と言い切るシーン。
また「趣意書にはこうもある」と前置きして
「新聞の使命はすなわち『優れた取材と記事』と。
「それに」とさらに付け加えるように
「新聞は国民の繁栄と報道の自由のために尽くすべきである」と。
ではどうするか?と考えた時、冒頭シーンにヒントがあった。
「10万の兵力を追加して改善せず、それは悪化と同じだ。
うちの読者はエリート層で教養があり要求も高い。
だから腕のいい記者に投資する。質が収益を高める」
そう、読者の要求に応えられるような記事を書ける記者こそ、
大切にしなければならない、と言っている。
最後に、裁判所の判事が、ダメ押しのように意見を述べた。
「建国の父たちは報道の自由に保護を与えた。
民主主義における基本的役割を果たすためだ。
報道が伝えるべきは、国民だ、統治者ではない」
質の良い記者の記事は誰もが読みたがるから、新聞が売れる。
そういうことなんだろうなぁ。

shimo
shimoさん / 2018年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

70年代臭が半端ない

言論の自由の映画であり、また、主人公のキャサリンを通してフェミニズムの映画でもあると思った。しかし話そのものには全く興味が湧かなかった。反戦運動が高まっていたこの時代に政府の欺瞞が暴かれたのだから、この時代を生きた人、監督のスピルバーグくらいの世代の人にとっては今でも忘れられない出来事だと思うが、個人的には全く引き込まれなかった。それより衣装や調度品などの70年代の時代感が半端なく、相当金をかけたのだろうと思った。当時の新聞を印刷する機械も圧倒的だった。また、秘密文書を全部コピーするのに1ヶ月かかったとか、そのコピーが部屋中につみあげられている様が、今やUSB1本で済む時代になったんだなと感慨深かった。

GreenT
GreenTさん / 2018年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やってしまった…

初めて映画館で寝てしまった…
相当疲れてたみたい…
ポップコーン食べ終わったら寝ちゃった😢

実話を元にしてて、難しかった!
また改めて見直します。

yuuu
yuuuさん / 2018年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

集中を欠いた鑑賞でした

たまたま『素敵なダイナマイトスキャンダル』と続けて観たため、紙媒体の両極が対比できて面白かったです。

視点が分散していて移入しにくかったですが、終盤に向けて集約していく様は、盛り上がって良かったです。
集約して緊張感高まった割に、能天気な(失礼)ラストで拍子抜けしましたね。

これが日本の新聞社だったら??とか、ゴーン・ショックのこととか、京都新聞社の地下で見た、輪転機が撤去された空間とか、いろいろ余計なことを考えがちな鑑賞でした。

凪
さん / 2018年11月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中身の無い最低のクソ映画

どうしてトムハンクソの出る映画はクソばかり。
情報入手のところは少しだけ。
後は、ワシントンポストのドラマ。
ワシントンポストの宣伝映画か。
政府、裁判所、投資家、あらゆる敵を恐れず、勇敢にも暴露により、ベトナム戦争をやめさせたワシントンポスト。
これで良いのか。
新聞記者遊びしてるようにしか見えない。
あまりにも一面的。
いい加減にしてくださいね。

アサシン
アサシンさん / 2018年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今だからこその作品か

先ずスピルバーグ、メリルストリープ、トムハンクスなど名だたる映画人が一堂に揃ったことに驚きです。今だからこそハリウッドがトランプに物申したかった映画ですね。

odeonza
odeonzaさん / 2018年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピルバーグ版 世界仰天ニュース再現VTR

ベトナム戦争敗北の可能性が高いこと示した報告書について、自分達の使命として新聞社が公表に至るまでを描く物語。

ドキュメンタリー的な作品でマスコミが戦ったという事実を後世に残す目的で作られたのだと思う。どのような過程で新聞社に報告書が届き、それを公表したか、そしてどのような抵抗を受けたかということを時系列に沿ってドキュメンタリータッチで描かれている。

ただスピルバーグ、ちょっと力が落ちてきてしまったかな、という印象。レディプレイヤー1と同様、どうも人物描写が荒い、というか雑なのである。

メリル・ストリープ演じる女社長が政府側と繋がりもありながら、なぜ自分の使命に気づけるようになったか、報告書を新聞に載せるという勇気ある行動に出れたのかという気持ちの変化の過程がよく分からなかった。ここで乗れなかったので幹部を目の前に報告書の公表に踏み切る場面のカタルシスが弱かった。
彼女は新聞社を人間に置き換えた存在で彼女の葛藤がそのまま新聞社の葛藤と重なる。ところが彼女の変化がよく分からなかった為、報告書公表までの葛藤や政府との戦いが、ただ事実を並べただけになっていて感動しずらかった。

スピルバーグといえばシンドラーのリストのように事実を映画に撮らせても超一級品の作品にしてしまう天才だった。
だが前作レディプレイヤー1からなんとなく人物描写が雑になっている気がする。
スピルバーグ演出の世界仰天ニュースの再現VTRという印象

ヒロ
ヒロさん / 2018年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馬鹿な感想だけど、新聞社は熱い。

難しかった。
難しいと分かってたのでウィキペディアを読んでから
観た。
簡単に言うと、ベトナム戦争は成果も出てるし、
国の為に兵士は戦ってます。と政府は言ってたのに、
何の成果かも得られず、それを知っていて大統領は
自分が責任を負う事だけを恐れて
長引かせてるという事実。
そのためだけにいくつもの若い命が失われていた
と言う事。

難しかったのは、自分が戦場に行って命を落とした息子の父親だったとして、それを記事で知る事がどれだけ凄い事なのか、と言う気分になかなかなれなかった事。
それは画面上で行われてる事や台詞が難し過ぎて食らいつくのに必死だったから。

ただ、新聞屋の人たちが自分の立場を顧みずに、
報道の自由と新聞屋の信念で突き進んで行く様は
とても熱かった。

しかし難しかったなぁ。理解出来てない部分が大半
だけど、理解しようと見入ってるうちに終わってしまった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マスコミが正義?

映画館に足を運ぶつもりだったが、結局タイミングが合わずにBD鑑賞。
でも、これで十分と思わせられる内容だった。

巨悪に立ち向かう正義のジャーナリスト、
私はそんな構図を素直に受け入れられる人間ではない。
この映画に描かれているのは、あまりに単純な上記のような構図だ。
ポスト内での対立は描かれているが浅いし、
政権側に至ってはアメリカ大統領のプライドで片付けられてしまっている。
とにかく深みがなく、報道の自由を持ち出されるたびに引っかかった。

今のトランプを見て明らかなように、アメリカ自体正義ではない。
私には、マスコミvs政権も狐と狸の化かし合いにしか思えない。
胡散臭いジャーナリズムは置いといて、
女性経営者の成長にフォーカスしていたらもう少し楽しめたかも。

みみず
みみずさん / 2018年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スポットライトと似てる

スポットライト 世紀のスクープ
と似てる(>_<)

ちょっと難しくてトントン展開するんからついていけなかった💦

最後は感動のシーンなんだろうけど、、

スポットライトの方が感動した。

HY
HYさん / 2018年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

270件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi