ベロニカとの記憶

劇場公開日

ベロニカとの記憶
6%
51%
35%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2011年のブッカー賞を受賞したジュリアン・バーンズの小説「終わりの感覚」を、ヨーロッパや日本でもヒットを記録したインド映画「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラ監督が、「アイリス」のジム・ブロードベント、「さざなみ」のシャーロット・ランプリングらイギリスの名優を迎えて映画化したミステリードラマ。60歳を過ぎ、ひとり静かに引退生活を送るトニーのもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。それによれば、40年前に別れた当時の恋人ベロニカの母親だという女性が、トニーに日記を遺しているという。思いもよらない遺品から、トニーは長い間忘れていた青春時代の記憶が呼び覚まされていき、若くして自殺した親友や初恋にまつわる真実をひも解いていく。

2017年製作/108分/G/イギリス
原題:The Sense of an Ending
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖
  • モンスターズ 地球外生命体
  • HAZE
  • LOFT 完全なる嘘(トリック)
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • ザ・モンスター
  • サクラメント 死の楽園
  • パラノーマル・フェノミナン
  • パラノーマル・フェノミナン2
  • パラノーマル・フェノミナン3
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

映画レビュー

5.0London🇬🇧

jadeさん
2021年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

こんな風に格好良く歳を重ねられる、ジム・ブロードベント(ブリジット・ジョーンズのパパ役と言った方が早いか?)主演の珠玉の映画。いたる処に、
Londonの名所(Tate Modern/ Foyles 等)、公園のベンチ、パブ、地下鉄が映し出されるのが嬉しい。だって、美しいんだもん
英人俳優ファンなら、もう涙ものの、次から次へと登場する豪華英人俳優陣💓
エイドリアンの歴史への定義。ヘンリー8世。旧友達。
元妻との関係(特に、グリッシーニをつまむ彼女に、そんなもの、食べるな!と言っているシーンが好き)
家族への愛、娘への愛、ライカ。
郵便配達員への心配りにも変化が現れ
トニーの心が素直になってゆく様が観ていて、心地よい。

唯一残念なのは、若き日のトニーとベロニカの俳優が、全く
ジムとシャーロットに似ていない事。💦

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jade

4.0鈍感。

2020年9月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

幸せ

人は普通に生きていると思っているけど。少しだけ関わっている人でも大きく関わっている事がある。自分が知らなかっただけで。
知なきゃ知らないで終わる。が。それを知った事で人生を見返してみると自分のいい様に記憶する。
記憶を修正することで。自分のダメなところ。悪いところ。鈍いところがみえてくる。

とても考えさせられました。主人公を通して自分も、もしかしたらと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくろぱんだ

3.0記憶とはいい加減

みーさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人の昔の記憶なんて曖昧で勝手なもので、
自分の都合の良いように記憶を塗り替えて、
真実とは異なることが多い。

遺言で自分に送られた、昔の遺品。
それがきっかけで忘れていた記憶を
だんだんと思い出していく。
そして自分が送った手紙が引き金となって、友人が自殺してしまったのではと考えるが、実はさらに知らなかった真実が見え始め、、、。

母親は何で、遺言でトニーにエイドリアンの日記を渡そうとしたのだろう。
エイドリアンの日記に何が書いてあったのか。
作中の、話にも出てきた
歴史の真実は誰にも分からないという言葉がリンクする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みー

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年6月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

人は人生を語るとき─────
過去を装飾し都合よく編集する
長生きすれば
異を唱える証人も減る
それは事実というより物語
自分を納得させるために書かれた物語
.
2011年🇬🇧ブッカー賞(Booker Rrize) 受賞
ジュリアン・バーンズ の小説を
🎥めぐり逢わせのお弁当(←好き) の監督
リテーシュ・バトラ が映画化
.
.
自分の人生に起きた出来事
その幅の狭さ
失うことも得ることもせず
傷つくのを避ける
それを自己防衛と呼ぶ
.
学生時代の友人たち
初恋の相手
秘かな恋
人生に起きた出来事
何かに気づいたときに
またあらたなスタートが始まる
.
人生哲学
よい映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lilyrose
すべての映画レビューを見る(全29件)