ピーターラビットのレビュー・感想・評価

ピーターラビット

劇場公開日 2018年5月18日
146件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

原作とイメージは違っても、すこぶる楽しく、あらゆる世代が一緒に楽しめる稀有な作品

ベアトリクス・ポターによる原作に慣れ親しんできた人にとってみれば、本作が醸し出す情緒は、自身が想像したもの、そうであってほしいと思ったものと、かなり異なって感じられるかもしれない。筆者も最初は戸惑った口だ。ピーターラビットを観ながら脳裏に「ファニー」という言葉が浮かんで止まらなくなった。でもどうだろう。その点だけ割り切れば、本作は映画としてすこぶる楽しく、ノリ良くテンポよく、主演二人のフレッシュな演技や湖水地方の美しい景色(一部はオーストラリアで撮影したそうだが)、さらにCGと実写の融合ぶりも素晴らしいではないか。段々と自分の表情が綻んでいくことに気づく。世の中、むやみやたらと小難しい映画や、大人向け子供向けと住み分けのきっちりした映画が多い中、これは珍しいほど何の前知識もいらず、あらゆる世代が一緒になって楽しめる稀有な名作のように思えてならない。百聞は一見に如かず。まずは見てみてほしい。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年5月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 8 件)

ラビット・ウォーズ

ビアトリクス・ポター作、ウサギのピーターラビットを初の実写映画化。
長年世界中で愛されている名作絵本、可愛らしいウサギたち。
人間とウサギたちのバトル、ドタバタ過激な笑い、ましてや爆発などとは一切無縁のハートフル・ファンタジー。
…じゃなかった!
人間とウサギたちのバトル、ドタバタ過激な笑い、ましてや爆発だってある!
アレ、ピーターラビットってこんな感じだったっけ…?
誰もが見た事のある挿し絵のイメージとはだいぶ違うような…。

ピーターのいたずら好きな性格は原作通りらしいが、後は好き勝手。
これが本国イギリスで製作されてれば『パディントン』のようなハートフル・ムービーになってたかもしれないが、製作はハリウッド。ハリウッドで製作されたのなら、まあそうなるわな…。
小さな子供が喜びそうなドタバタ・コメディ。『トムとジェリー』『ホーム・アローン』『マウス・ハント』路線。
実際、原作ファンの間では賛否両論。原作者が墓の下で激怒してる、との評も。
有名キャラなので、愛着は人それぞれ。厳しい意見もご最も。
でも、自分のように原作本を読んだ事の無い者にとっては、これはこれで、結構楽しめた。

畑を巡って日々バトルを繰り広げているピーターたちと天敵マグレガーじいさん。
ある日、マグレガーじいさんが心臓発作で他界。
やった!遂に畑がボクらのものに!…と、喜んだのも束の間、仕事をクビになったばかりの唯一の親戚トーマスが、“家と土地を売った金でおもちゃ屋を開いて勤めていた会社から客を奪う”為にやって来る。
動物嫌いのトーマスとピーターたちの第2ラウンド、開始!

先にも例に挙げた通り、『トムとジェリー』のようなドタバタ劇、『ホーム・アローン』のようなトラップ仕掛け、『マウス・ハント』のような人間vsアニマル…これらの作品が好きならば本作もきっと楽しめる。
取っ組み合い、道具や野菜投げなどの人間と擬人化されたアニマルのバトルはよくあるが(よくあるのか…?)、本作はそれがびっくり仰天にエスカレートしていく。
電流フェンスを仕掛けたり、果てにはダイナマイト。ダ、ダイナマイト…!?
まさか小さな畑がダイナマイト爆発する戦場と化すとは思わなかった(笑)

そんな両者の間に入るのが、マグレガー家の隣に住む画家のビア。
ピーターたちを助けてくれる心優しい友達。
思わぬ事態が。ビアとトーマスがフォーリン・ラブ。
ピーターとトーマスはさらに火花バチバチに。
愚かな争いは必ず悪い結果を招く。
ある事故が起こり、ビアとトーマスが破局。ピーターも大事なものを失ってしまう…。

これが教育的な作品なら教訓あるのだが…、いや、本作にだってちゃんとある。
自分のやってしまった過ちの罪滅ぼしって訳じゃないが、その為に最後、奔走するピーター。
トーマスも許しを乞う。
敵対してた者同士、分かり合う事。
家族愛や友情。
終わってみれば、本作もれっきとしたハートフル・ムービーであった。

ローズ・バーンがキュート。
ドーナル・グリーソンには身体張ったで賞。
CGピーターたちの生き生きとした躍動感、もふもふ感。
そして、舞台のイギリス湖水地方の風景が堪らなくいい。住んでみたいが、こののどかさを破るピーターたちとのバトルは勘弁だけど。

基の挿し絵のイメージから予想付かないほど、アクションもドタバタもほのぼのも展開。
歌って踊ったりさえする。
何だって出来る。
続編も♪

近大
近大さん / 2018年10月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

楽しい

原作と全く違うイメージだが、これはこれで楽しいお話。何よりハッピーエンドのお約束があって良かった。

Takashi
Takashiさん / 2018年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やんちゃなピーターとその仲間達。

吹き替えVODにて鑑賞。

可愛らしいほのぼの映画を期待すると面食らう。
若い学生が友達どうし初映画館で観に行くぐらいが丁度いい環境映画に仕上がっております。

田舎の畑付き一軒家にて叔父の家を引き継いだマクレガーvsピーターラビット率いる動物(主にウサギ)の内容です。

やっと築いた畑を荒らす動物は人間にとって「外敵」に他ならないが、動物にとって知ったこっちゃ無い。
そんな人間ルール糞食らえの様にウサギ達がやんちゃ、やんちゃ。

このやんちゃ度にこの映画の面白さがあります。
「ホーム・アローン」にも通じるやんちゃ度。
(電流でそんなに吹っ飛ばね〜よ。とツッコミ所もあります。)
また、人間側の反撃にも唖然になる。
まさか、吹っ飛ばす?www

こんな畑が戦場になるとは思いませんでした。
畑戦争初めて観たわw

アクションっぽい話が続きましたが、最後はキチンと反省も和解もあり。

連休など骨休め時期には丁度良かったです。
やんちゃ嫌いや、やんちゃをした事無ければつまらないでしょうね。私昔やんちゃでしたのでOKです。w
バカバカしくもあり、またお互い理解し合う事が大切と教養にもなるだろうとも思える映画。
広い心で鑑賞しましょう。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2018年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ピーターラビットのキャラクター以前の問題で、ギャグ映画とし楽しめる...

ピーターラビットのキャラクター以前の問題で、ギャグ映画とし楽しめるかと思ったのですが全然違いました
最初から最後まで人間vsウサギの殺し合いギャグ映画なら楽しめたのですが...

林檎蜜柑
林檎蜜柑さん / 2018年10月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルリアル

わがままなウサギたちにちょっとヘキヘキ。
それでも娯楽映画としては十分楽しめる。
CGがとてもリアル、可愛くて憎めない。
ラストもなるようになったしね!。

miharyi
miharyiさん / 2018年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キュートなウサギ達

原作を愛する人には「ちょっと違う…」と、感じる方もいるかもしれませんが、ユーモアやジョークも満載で、テンポよい会話や展開が心地よく、大人が楽しめる作品に仕上がってます。

監督が『アニー』のウィル・グラッグだっただけに、演技や動きに軽快な音楽も重なり、動物達が奏でるミュージカルを観ているような、楽しさも味わえました。

とにかく、うさぎ達の表情が豊かで、そして、一つ一つの仕草もとてもキュートで、ピーターが人間の顔に見えてきました。(笑)

いたずらピーターが、失恋と贖罪を経験する中で、人間と心通わす、ハートフルな作品です。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

・めっちゃめちゃおもしろかった! ・ファンキーすぎて好き ・エンド...

・めっちゃめちゃおもしろかった!
・ファンキーすぎて好き
・エンドロール最後の最後まで席を立たないでよかった

小鳩組
小鳩組さん / 2018年8月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハチャメチャでしたが楽しめました。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・畑のために電線や銃やダイナマイトとメチャクチャです(笑)
・ラストは友情が芽生えたりして少しホッコリしました。

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

可愛いピーターラビットのお話かと思ってたら、いい意味で全く違った。...

可愛いピーターラビットのお話かと思ってたら、いい意味で全く違った。
ウサギと人間のホームアローン風コメディアクション映画。
可愛くて面白かった!

kky
kkyさん / 2018年8月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ってたんと違う

自分の中にあるピーターとは全く違う印象の作品。CGを使ってよくここまでできたなと思った。エピペンを使うシーンは賛否が分かれるかな。自分はかなり抵抗を感じた。

Ⓜ︎
Ⓜ︎さん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいい。

ひたすらかわいい。うさぎが。人間の言葉がわかるうさぎかと思ったけど普通に人間と会話できるのね。

H!5@e
H!5@eさん / 2018年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかこんなに面白いなんて

原作過激派なので、はじめは「は!?絶対見ない!」なんて思ってました。
だけど連日Twitterで「よかった」という評判が流れてきたもんだから、見に行ってみたら…すごく面白かった!
原作とは別として考えていますが、あんな展開があってもいいなと。あれで続編がほしいぐらい。
わたしは吹き替え版を見ましたが、意外と千葉雄大くんがハマってましたね。歌も可愛かったです。

桜井杏奈
桜井杏奈さん / 2018年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

兎、兎、何見て跳ねる?

圧巻のCGで、色んな悪ふざけが沢山あり、ホームアローン的な展開。

原作は名前しか知らないけれど、こんなイタズラウサギだったのだろうか。

飛行機の中で視聴

aMaclean
aMacleanさん / 2018年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

許してやって! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

全ての事に言える事ですが十人十色、色々な意見が有ると思います。この映画もそうですが子供には見せられないとかブラックベリーの事とか…。(さすがにブラックベリーの所では私も、ん?と思いましたが…。)まぁ冒頭のナレーションで教育的映画ではなくてごめんねと謝ってるから許してやってくださいな。(笑)それを除いたとしての感想ですがこの映画、非常にノリ、テンポ良くCGの出来も良くウサギのもふもふ感もかなり良く、思わず2回見に行ってしまった位でした。早くも続編の話も出てる見たいですね。楽しみです。それにしてもエンドロールが長かった…。

とくさん
とくさんさん / 2018年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

絶滅寸前の年齢制限なしドタバタバイオレンスコメディ

原作未読。
世界的名作を題材に、米英豪が合作したバカバカしいバイオレンスコメディ。
作中でピーターラビット自身がエクスキューズしてたように、若干倫理的にアウトな表現も見られるので、コメディであれ看過できない人もいるだろう。(実際英語圏でも批判を受け、配給元が謝罪した模様)
この手合いのコメディはもう、実写の人間VS人間じゃ子供も見れるように作るのは難しいし、トムとジェリーの類さえ新作映画というジャンルじゃ厳しいだろうし、年齢制限なしならほぼ絶滅寸前な気がする。社会風刺も込めたブラックユーモアのカトゥーンアニメは米国産に見られるが、あれらはドタバタバイオレンスコメディとはまた違う気がするし……。
だがこれが7月現在、2018年の英国No.3に位置するヒット映画なので、かの国には「原作信者」的存在より、この手のコメディを求める層の方が分厚いんだなぁ。自分自身思い入れのある作品にはついつい原作信者めいた感情を抱きがちなので、原作と映画の関係性については何とも言えないところはあるが。
ただこの手のコメディをメジャー系が年齢制限なしの実写でやるには、世界的名作の原作を隠れ蓑(あるいは炎上商法)にしないといけないという事なのかもしれない。このジャンル自体はPGやR指定つきで生き残るだろうから、悲観する事もないだろうけど。
と思ったら2020年続編公開決定だそうで。英国のキッズよかったね。

ぷらさか
ぷらさかさん / 2018年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間vsうさぎ団

冒頭、思ったより子供向けだなあ、のれるかなとちょっと心配になったけど、マクレガーⅡ vs うさぎ団の仁義なき戦いが開始されてからずっと笑いっぱなし。ドナール・グリーンのはじけっぷりが最高。大好きになった。

A.TAKE
A.TAKEさん / 2018年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

CGは凄かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ピーターラビットがCG?口の周りの動きとか表情とか違和感あるなあと予告編を見たときはそう思ったがさすがに映画一本見終わった後にその違和感は残っていなかった。CGのピーターラビットは絵本のそれよりも大分あざとくそのせいかリアルな毛並みの兎が二足歩行してるのもあまり気にならなかった。
問題は内容だ。単純に兎と物理攻撃を掛け合う男性が周囲に異端者を見るような目でみられるところが痛々しかった。ピーターラビットは飼い主である女性に意志疎通ができないが男性には話すことができる。女性は兎には知識がないためスイッチを自発的に押したり自宅を破壊するわけがないと思っている。つまりこれは実質コメディの名を借りたホラーでもあるわけだ。ハチャメチャ劇も度を越えるとホラーになることを実感させられた映画であると教えられた作品だった。ホラーは好きだがピーターラビットはホラーには合わないと思った。

ghjkk
ghjkkさん / 2018年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

湖水地方の美しさ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画館で観る価値あり!湖水地方がとても美しくて感動します。
ウサギさんの仕草や動きも本物そっくりでとてもリアルに描かれています。耳を挟まれるシーンはかわいそうで見ていられない。
お父さんがパイになったのは悲しいけれど、映画の中でウサギたちは命を落とすことなく、最後はハッピーエンドで終わるので良かったです。自然の中で生きることの大変さや人間と動物との関わり方など多くのことを教えてくれる壮大な作品です。

ゆっきー
ゆっきーさん / 2018年7月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょいワルピーター

世界的に有名な青い洋服の可愛らしいピーターとは、違い今作のピーターはちょいワルキャラ、マクレガーとのバトルシーンも最高に楽しかった!!ドーナルグリーソンのコミカルな演技も必見!!音楽もミュージカル調になったり、ラップ調になったりと面白かった。子供だけでなく、大人も楽しめる作品

トムのり
トムのりさん / 2018年7月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

146件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi