4月の終わりに霧雨が降る
ホーム > 作品情報 > 映画「4月の終わりに霧雨が降る」
メニュー

4月の終わりに霧雨が降る

解説

本作が長編デビューとなるタイのウィットチャーノン・ソムウムチャーンが監督・脚本を手がけ、失業して故郷に帰った青年が織りなすドラマを、監督自身の家族へのインタビューなどを交えながら描いた実験的作品。タイの東北部イサーン地方。バンコクで職を失って帰郷したナムは、高校時代の友人の結婚式で、かつて思いを寄せていた同級生ジョイと再会する。日本ではアジアフォーカス・福岡国際映画祭2012で初上映。2017年・第30回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #4 ネクスト!東南アジア」上映作品。

作品データ

原題 Sin maysar fon tok ma proi proi
製作年 2012年
製作国 タイ・オランダ合作
上映時間 76分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「4月の終わりに霧雨が降る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi