そろそろ音楽をやめようと思う

劇場公開日

  • 予告編を見る
そろそろ音楽をやめようと思う
0%
57%
43%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

音楽の夢を追い続けるも厳しい現実を前に揺れ動く男の姿を、これが初監督作となる小野親一監督が描いたインディーズ映画。主演は、ロックミュージシャンのダイナマイト☆ナオキ。多数の映画やドラマで名バイプレイヤーとして活躍する田中要次も出演。プロのミュージシャンになることを夢見て、アルバイトを続けながらライブ活動に励む健一。妻の明子もそんな夫を支え続けてきたが、一向に芽の出ないまま40代に突入し、近頃はあきらめムードが漂っていた。そんなある日、健一は元音楽仲間から「自分の会社で正社員として働かないか?」という誘いを受ける。悩んだ末に妻や自分のためと言い聞かせ、ギターを売って音楽を辞める決意をした健一だったが、そこから事態は思いがけない方向へと進み始め……。

2017年製作/90分/日本
配給:Onoway Film、GABIGABI Movie
日本初公開:2017年11月11日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0魂が伝わる一本ですね。

2021年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

評点が高かったので急遽鑑賞です。
最終日に滑り込みでした。
結果、観てよかったです。

粗いです。色々と、様々な点が粗いです。
比べちゃいけないとわかりつつ
専門学校の学生が撮った映画のほうが
作品として綺麗に仕上がっているものも
あります。光沢を感じるのではないでしょうか?

その光沢を作り出すのは
使っている機材や技術、知識なのでしょうね。
そうなのだろうと思います
「磨き方=学べること、身につけられること」
じゃないですかね?

しかし、磨く前には
<芯を創り、形を創ること>が必要ですよね。

これは何を伝えたいか?表現したいのか?の
「想い(信念?)」がどれだけ明確になっているか?
伝えたい「情熱」がいかほどか?
これによって創れるかどうか?が決まるのでは
ないでしょうか?

本作を包む空気感と熱量はなんなんだろう?
と考えたとき、あぁそれなのかな?って思いました。
監督自身もバンドマンだったとのこと、出演されてる
方の多くが同じ環境であり、ありのままで演じている。
故に、皆さんが持っている持ち続けている想い、情熱が
そのまま映像に映し出されているのだと。
発するセリフ一つ一つにあらわれているのだと。

アフタートークでの主演のダイナマイト☆ナオキさんは
自分のCDがネットで300円でも売れない現実を自虐的に受け入れ
ながらもロックスターになることを信じて疑ってませんでした。
そんなブレない強い信念、情熱が本作を貫いていると思いました。

技術や知識で作られる光沢はないかもしれません。
しかしその不恰好かもしれない形に大きな魅力を感じる作品と
なったのは出演者たちが持っている信念、情熱を余すところなく
表現できたからではないでしょうか?
故に、本作のキャスティングは大成功で演出も素晴らしく良いもの
になったのだと思います。

ストーリーはシンプルかつ「よく出来た」話ではありますが
この信念と情熱の上だからこそ作品として成り立つ話です。
クライマックスはグッときましたよ。

インディーズ映画で現在はどこでも上映していないことが
残念な作品です。

秀作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

2.5これぞ、インディーズ!

caduceusさん
2021年5月27日
Androidアプリから投稿

冒頭から終わりまで、これぞ、インディーズ!
映像の質感、音質、音楽、演技、ストーリー、すべてにインディーズ感が貫かれ、決して売れる可能性のないミュージシャン模様を、これでもかと演出します!
曲もつまんねえ、飲み方もつまんねぇ、夫婦生活もつまんねぇ、しかし、最後は「音楽やめらんねぇ」という結論に達し、夫婦の絆を確かめあい、エンディングへと思いきや、まだ終わらず、そしてエンディングへ…。
終わったと思ったら、ミュージックビデオ!
フレー!フレー!トウキョウ!
インディーズ最高!早く観ないと終わっちゃうぞ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
caduceus

4.0地味ながら…

タケさん
2017年11月16日
スマートフォンから投稿

泣ける

心に残る映画だった。
登場人物全員に共通する優しさ、音楽で成功するにはあまりに生温いが…
だからこそ心をうつ歌が生まれるのかもしれないとも感じた。
バーのマスターが歌うところは少し泣けた。

コメントする
共感した! (共感した人 18 件)
タケ

3.5想像通りの展開でほっこり

こまちさん
2017年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

上映館のリストにはありませんが、新宿のミニシアター、at THEATREで観ました。

予告編を裏切ることのない内容。
部分的にちぐはぐなところもありますけど、あの映画の中でのリアルかも。
手作り感溢れるところが、鑑賞者の評価の分かれ目か。

ダイナマイト☆ナオキ、思った以上にいい役者でした。

コメントする
共感した! (共感した人 18 件)
こまち
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「そろそろ音楽をやめようと思う」以外にこんな作品をCheck-inしています。