わたしは、幸福(フェリシテ)

劇場公開日

  • 予告編を見る
わたしは、幸福(フェリシテ)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2017年・第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)受賞作で、フェリシテ=幸福という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきたひとりの女性を通し、アフリカの現実と愛を描く人間ドラマ。コンゴの首都キンシャサのバーで歌いながら、ひとり息子を育てているシングルマザーのフェリシテ。最愛の息子が交通事故に遭ったことで、その絶望からフェリシテは歌さえ歌えなくなってしまう。失意の中にあった彼女があるものと出会い……。監督はセネガル系フランス人のアラン・ゴミス。

2017年製作/129分/G/フランス・ベルギー・セネガル・ドイツ・レバノン合作
原題:Felicite
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第67回 ベルリン国際映画祭(2017年)

受賞

審査員グランプリ(銀熊賞)
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)ANDOLFI - GRANIT FILMS - CINEKAP - NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

映画レビュー

4.0リアリズムとスピリチュアルが混在する慈愛の物語

MPさん
2017年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

幸せ

経済状況も治安も最悪の街、コンゴのキンシャサで、バーのシンガーとして日々マイクに向かうヒロイン、フェリシテの、まず、一見疲れているようで,実は現実を受け容れていこうとする強い目線に釘付けになる。アフリカン・ミュージックがなぜ人々の心をかくも揺さぶるのか?そこには限りなく乾いた大地と、そんな自然との語らい、そして、人々のおおらかさが凝縮されていることを、この物語から読み取ることが出来る。厳しい日常と対峙しながら、夜になると精霊に導かれるようにして森や湖に分け入り、その都度生まれ変わったかのように再生されていくフェリシテ。リアリズムとスピリチュアルが混在する物語からは、神から命を与えられたすべての人々への慈愛がこぼれ落ちて、見終わると何とも幸せな気分になれるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
MP

3.0タイトルなし

lilyroseさん
2019年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

コンゴの首都キンシャサ
この地で生きる
バーで歌う歌手で母でもあるフェリシテ
事故で重症を負った息子の手術の為
奔走する
彼女は幸福には見えない
笑顔はなく
心の叫びのように聞こえる歌
その聞き慣れない音楽に苦しくもなる
.
インフラも整備されていない混沌とした街
困窮した生活を送る人々
コンゴの現実が見えてきます
.
街中 バーでの喧騒と
深夜の森の静寂の対比
言葉は少ないけど
内面を音楽で表現
.
汗や臭いまでが伝わってくるような
そんな映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.0私の名前は幸福

2019年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

コンゴのキンシャサ、バーで歌手として生計を立てている女性が主人公、母子家庭で一人息子がいたが、交通事故に遭い、片足になってしまう。
降りかかる災難で歌も歌えなくなった主人公だったが・・・。
私の名前は幸福なんて意味深。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5むせかえるようなコンゴ

sannemusaさん
2019年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

音楽目当てで観に行ったのでわりかし満足。
エンタメ要素がない作品なのでそういうのが苦手な方にはお勧めできない。

幸福という名を持つ主人公のフェリシテだが、常に不機嫌でちっとも幸せそうじゃない。
日本人の私には、ふてぶてしくて超自分勝手でワガママにも見え、いまいち同情できない。ずっと異質なものを見せつけられている感じだった。
ただ、彼女はけして愚痴をこぼさない。不満に満ちた現状を変えるための意見やお願いの言葉は口にするのだけど、愚痴ではなく行動だ。そんな態度は清々しくてカッコよかった。彼女は自分の生活を守るために必死だった。厳しい現実をパワフルでタフに生き抜こうとしている。

フェリシテたちの目線を通じてコンゴの街のリアルな熱量を鬱陶しいくらいに感じた。誇張も美化もしていないであろう彼らの暮らし。(アフリカへ行ったことはないのだけど)
オカピが登場する夢のシーンの森もきっと身近に実在するのでは。

そしてお目当てのコンゴ音楽。
場末の酒場での演奏シーンは、場所、音楽、場にいる人々が混じりあって圧巻だった。そこでしか聴けない音楽。
独特のリズムで歌われる彼女の歌は諦めのような怒りのようななんともいえない哀愁があり、カサイオールスターズの演奏とあいまって、エネルギーにあふれていた。

ストーリー的には、うんざりするほど貧しさと不幸がひたすら続くのだけど、ラストには彼女の笑顔も見え、ほんの少し幸福の兆しも感じられる、そんなラストで少し安心した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
sannemusa
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「わたしは、幸福(フェリシテ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。