KOKORO

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
KOKORO

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これが長編2作目となるベルギーの女性監督バンニャ・ダルカンタラが、日本のある小さな村を舞台に、心に深い傷を負った人間が再生していくさまを描いた人間ドラマ。ベルギー、フランス、カナダの合作映画で、「奇跡のひと マリーとマルグリット」のフランス人女優イザベル・カレが主演を務め、國村隼、安藤政信、門脇麦が共演する。フランスで暮らすアリスのもとに弟のナタンがやってきた。旅先の日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語っていたナタンは、数日後突然この世を去ってしまう。最愛の弟をなくしたアリスは、弟を変えた人々に出会うため、ひとり日本を訪れる。行き着いた先は自殺の名所として知られる崖のある海辺の村だった。そこでアリスは元警察官のダイスケと出会う。ダイスケは自殺のために村を訪れる人に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。村の人々との交流がアリスの心に静かな変化をもたらせていく。カレがアリス役、國村が元警察官のダイスケ役を演じる。

2016年製作/95分/ベルギー・フランス・カナダ合作
原題:Kokoro
配給:ブースタープロジェクト

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Need Productions/Blue Monday Productions

映画レビュー

3.5visionと似てる

いつこさん
2019年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

心に穴が空いた外国人が日本の秘境に訪れ、同じく穴の空いた人々と触れ合うことで穴を埋めていく、的な。
映像が綺麗。登場人物も魅力的。ただ麦ちゃんの化粧の濃い女子高生っぷりには違和感。麦ちゃんはやっぱ素朴な感じが一番。

完璧でちっぽけな人生。
生きる意味なんかない、ただ息を吸って吐くだけ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

4.5印象深い

Ryoさん
2018年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

最初の三分の一ぐらいは少しストーリーが動きますが、それは残りの部分のための序文のようなもので、後半はストーリーがほとんどなく、静かに時間が流れます。が、なぜか印象深い。「感動した」というのとも違うし、映像が「きれい」というのとも違い . . . . でもなんだか、静かなのに退屈せずもう少し観ていたかったというぐらい、惹きつけられる映像と音楽でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryo

4.0実存主義

2017年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

 高収入の夫とティーンエイジャーの二人の子供がいて広い家に住んでいるという、主人公のステレオタイプの幸福は、弟の死によって崩れ去ってしまう。死がこんなにも身近で肉体はいとも簡単に滅びてしまうという事実は、主人公を魂の救済の旅へ押しやる。
 弟を怒らせて事故に至らせてしまった罪悪感はいつまでも消えないが、訪れた自殺の名所で自殺の危機に瀕した人々が本当に自殺してしまったり、或いは思い止まったりするのを目の当たりにすることで、いつしか生の本質に気がつきはじめる。
 主役の女優イザベル・カレはこの映画で初めて見たが、表情を豊かに表現するタイプではないように見えた。しかしそれは、静かに時間が過ぎていく環境の中で心もまた静かに変化してゆく様を表現するためだったようだ。この人が陽気に笑う顔を見てみたい気にさせる好演であった。
 門脇麦はエキセントリックな役柄を演じるのがとても上手である。この作品では主人公を誘導する狂言回しの役割を上手にこなしていた。
 國村準は何でもこなす名人だ。この作品では、自殺する人たちを時には助け、時には死体を確認しながら、未だに悟りを得られない自分自身を正面から受け止める退役警官の役が見事であった。
 ストーリー性のない、情景描写と心象風景の映画だが、見終わってどこかホッとする、とても哲学的な作品だ。人間存在の本質を問いかける実存主義の映画といってもいい。静かで上品な作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
耶馬英彦

1.5ストーリーに説得力が全然ない

栗太郎さん
2017年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

多くを書き込む気が起きない。
美しい風景に引き込まれるくらいなもので、話のスジが浅い。
日本にやってきた自殺志願者の映画なら、「追憶の森」の方が数段よかった。あちらの方が、絶望の淵から生きる希望へと心境が好転していく様が見事だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
栗太郎
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る