ゆれる人魚

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゆれる人魚
ゆれる人魚
14%
38%
31%
15%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

共産主義下にあった1980年代のポーランドを舞台に、肉食人魚姉妹の少女から大人への成長物語を野性的に描いたホラーファンタジー。海から陸上へとあがってきた人魚の姉妹がたどりついた先はワルシャワの80年代風ナイトクラブだった。野性的な魅力を放つ美少女の2人は一夜にしてスターとなるが、姉妹の1人がハンサムなミュージシャンに恋をしたことから、姉妹の関係がおかしくなっていく。やがて2人は限界に達し、残虐な行為へと駆り立てられていく。監督は本作が長編デビュー作となるポーランドの女性監督アグニェシュカ・スモチンスカ。「第10回したまちコメディ映画祭 in 台東」(2017年9月15~18日)の特別招待作品として上映。

2015年製作/92分/R15+/ポーランド
原題:The Lure
配給:コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • オキュラス 怨霊鏡
  • ディスコード
  • WE GO ON 死霊の証明
  • オッズ
  • ザ・ボルト 金庫強奪
  • インシディアス
  • クロユリ団地
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • ファンハウス
  • バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

映画レビュー

4.5自分はまともだと信じてる監督が作った狂った映画

村山章さん
2018年3月31日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

インタビュー記事をとかを呼んでいると、監督はしごく真っ当なコメントばかり話していて、映画の従来のルールが通用しないはっちゃけ感とは随分印象が違う。おおよそこうなるだろうという常識がまったく通用せず、このシーンを一体なぜ観ているんだろうという疑問符が次々と湧いてくるのだが、そうやって振り回されている感覚に中毒性があって気持ちいい。ミュージカルというよりミュージックビデオっぽいのだが、それもまた新しいジャンルを観ている気がしなくもない。監督は理路整然と説明しているのだけれど、やっぱりどう観てもイビツに狂った映画で、しかも他では見られない禍々しくて美しいアイデア&ビジュアルが満載。いやあ、変なものを観た。そしていいものを観ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
村山章

2.5ホラーファンタジーミュージカル

レイナさん
2021年3月1日
iPhoneアプリから投稿

ミュージカル無しで見たかった。
美人姉妹か……?
顔とスタイルに親近感湧いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイナ

5.0久しぶりに最高の映画を観てしまった

2021年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

最高に美しくてグロくて切なくてホラー!!!

台詞が少なくて全体的に暗いトーンなのに、妙にミュージカル調なのも凄くいい。ミュージカルは基本的に好きじゃないけど、これは曲がポップなのもあればロックなのもバラードなのもあり、どれも素敵で飽きない。歌の分量も、本筋を邪魔しない程度なので本当ちょうどいい。

アンデルセンの人魚姫をベースに、ギャロのガーゴイルっぽい冷たさとグロさをふんだんに混ぜ込んで、そこにシェイプオブウォーターっぽい異種純愛テイストをチョイ足ししたかんじ。

これが英語ではなくてポーランド語なこと、時代設定が古めなことも、ファンタジー特有の違和感をうまく軽減している。

最高すぎてツライ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トマトマ子

5.0この愛の果ては

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿

古くからある人魚伝説が、1980年代の東欧を舞台に表現されてる。

感性が乏しい人には何も響かない作品なんだろうけど、映像美、東欧のアンニュイさ、音楽、そして、ラストシーンが素敵だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シゲ・ハール
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る