ありふれた悪事

劇場公開日

ありふれた悪事
6%
61%
21%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

捏造捜査を命じられ陰謀に巻き込まれていく刑事を主人公に、軍事独裁時代末期の韓国の暗部を描いたサスペンス。荒っぽいところはあるが正義感が強く、家族思いの平凡な刑事カン・ソンジンは、大統領直属の情報機関・国家安全企画部の室長ギュナムから呼び出しを受ける。ある事件で逮捕した男が連続殺人事件の犯人であることを告げられ、裏付け捜査への協力を命じられたソンジンは、捜査を進めていく中で、男が連続殺人事件の犯人でないことを気づいてしまう。連続殺人犯の逮捕は国民の目を欺くため、ギュナムが仕かけた完全な捏造だった。多額の報酬、足の不自由な息子の治療援助と引き換えに、ソンジンに捏造捜査の続行を命じるギュナム。その一方で、ソンジンの大親友である記者のジェシンは捜査に疑いの目を向け、国家安全企画部の陰謀を暴いていくが……。主人公の刑事役をソン・ヒョンジュ、黒幕の国家安全企画部長役をチャン・ヒョクがそれぞれ演じる。

2017年製作/121分/韓国
原題:Ordinary Person
配給:クロックワークス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ディスコード
  • ポゼッション(2012)
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ
  • 怪談新耳袋 怪奇 ノゾミ
  • 心霊
  • 心霊2
  • 心霊スペシャル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2016 TRINITY ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved

映画レビュー

3.0捏造事件

2018年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

韓国の軍事独裁政権末期、公安は国民の目を欺くため関係のない人物を犯人として捕まえる。
現場の刑事は協力を強いられるのだが・・・。
国家権力の怖さが伝わってくるが、いつでもどこでも・・・。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

1.5ソンヒョンジュ

ssspkkさん
2018年4月23日
iPhoneアプリから投稿

80年代後半までバリバリの軍事政権だったことを忘れがちだけど、30年でちゃんとエンタメにするのは偉い。あまり面白くないとしても。聾唖の妻と足の悪い息子が効いていない。きちんと描けないなら、出すなって話。韓国特有のチマチョゴリ料亭での接待がここでも出てきて、給仕の娘がなんか話に絡むのか思わせて回収できてない感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

4.0良質サスペンス

SungHoさん
2017年12月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

金曜夜の1本目は、今年の41本目(目標まで残り12本)。今日が公開最終日の韓国映画『ありふれた悪事』。かなりいいサスペンス映画だった。

舞台は1987年春、全斗煥政権下のソウル。大統領直接選挙へと至ることになる「6月民主抗争」の引き金となった学生拷問致死事件に着想を得たフィクション。ストーリーをかなり複数絡ませながら、わかりにくさは感じさせない、とてもよくできた脚本だった。

邦題とは異なり、原題は『普通の人(보통사람)』。
脚本中では拷問によって殺害された社会派新聞記者の口から発せられる単語であるものの、この記者のことではなく、悪事に加担させられて翻弄されることになる刑事こそが「普通の人」-- 正義感を理解する心は持ちながらも、生活に悩みも抱えていて、それゆえに誘惑に弱い、いたって普通の人であることが含意されている。

87年という時代設定のため、光化門周辺が映る1シーンでは、門の後ろに解体される前の旧朝鮮総督府庁舎(87年当時は国立中央博物館)が見えた。

巨悪たる国家安全企画部室長を演じるチャン・ヒョクの「ザ・韓流のムカつくやつ」っていう役回りの演技がとてもいい。

最終日に見ておいてよかった一作。

2017年 通算41本目

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
SungHo

3.5普通の善人を闇に突き落とす賄賂の力

とえさん
2017年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

サスペンス映画かと思ったら、ガッツリ社会派だった

1987年の韓国で、民主化を求める声が高まる中、国は犯人をねつ造してまで検挙率をあげようとし、国の強さを誇示していた

そんな中、主人公の刑事は国のねつ造に加担し、次第に泥沼へとはまり込んでいく

韓国映画を観ていて、いつも不思議に思っていたのは、
なぜ、これ程までに「汚職や賄賂が多いのか」ということ。

その謎が、この映画を観て理解できたような気がする

出世のために金を使う者と、それを受け取る者がいて
受け取る側が貧しいと
「家族のために」止むに止まれず受け取ってしまう
受け取った者は、金を払った者の命令に従い、金を使った分しっかり出世する

当時の安全企画部と警察は、その仕組みで世界を回していた

人の弱みに付け込み、うまく利用した者が出世できる

その仕組みがとても興味深かった作品だった

自分が出世するためなら、人の命を消すことさえ厭わないエリート検事をチャン・ヒョクが演じていて、その意外性が面白かった

1987年、韓国の情勢が激変していく様子を感じ取れるのも、この映画の面白さの一つだった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とえ
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る