劇場公開日 2018年2月23日

  • 予告編を見る

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめのレビュー・感想・評価

3.872
22%
62%
14%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全72件中、1~20件目を表示

4.0本人の主演・脚本で難しい題材をサラリと綴る。

村山章さん
2018年2月28日
PCから投稿

笑える

知的

幸せ

ジャド・アパトーが描いたスタンダップコメディの世界となるとセス・ローゲンとアダム・サンドラーが共演した『ファニー・ピープル』(邦題:最高の人生の終り方)を思い出す。あれはロサンゼルスが舞台で、こちらはシカゴだが、若者たちが互いに皮肉を飛ばし合いながら、面白バトルを繰り広げながら切磋琢磨していくコミュニティの姿は共通している。

ただしこちらは実話がベースで、また別のアングルも加わってくる。人種間、文化間のギャップや偏見、男女の恋愛、家族との複雑な関係性、そして突然やってくる難病と、どれか一つをとっても一本の映画になるモチーフだ。

ところが、それらのすべてを扱いながら、すべてを軽やかに、常温の中でさばいていく演出と演技が素晴らしい。主演や脚本を実話の当事者が務めるという、言わば思い出再現ドラマなのだが、自意識の強さは感じない。このニュートラルでナチュラルな語り口はなかなか得難い魅力である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.5大病どころか、観る者に最高の笑顔と元気をもたらす最高の処方箋

2018年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ジャド・アパトーが得意とする、スタンダップコメディの世界を舞台にした作品。とはいえ、今回のアパトーは監督ではなく制作側に回り、しっかりと若い才能をサポート。何よりもこんなに面白くて感動的な経験をした人が身近に見つかったなら、絶対に手放してはいけないし、アパトーのように「まずは脚本を書くんだ!」と奨励すべき。そう確信させるほど、この映画には宝石がたくさん詰まっている。

人間関係、愛情、家族、笑い、病気、人種、文化。これほど多種多様なテーマが入り乱れると空中分解してしまうリスクもあったはず。しかし本作には半実話という強度がある。当事者ならではの情熱がある。立ち止まった時には、現場にいる彼らの中に答えがある。この物語を伝えようとスタッフやキャストが一体となりスクラムを組んで突っ込んでいく様子が目に浮かんでくるようだ。大病どころか、観る者全てを元気にする、人生の処方箋のような映画の誕生である。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.5終わってみたら良い映画

bigsukeさん
2021年8月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

良かった〜。
正直、スタンドアップというのは英語がわからなくて楽しさが伝わらないし、全体的に暗めで途中までは少し退屈だったけど、後半はどんどん引き込まれた。
実話なのがまた良くて、最後の写真もジーンとした。仲直りできたみたいで良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bigsuke

3.5ビジュアル大事

2021年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.5恋愛×難病

たけおさん
2021年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

恋愛×難病を題材にした王道と言えるストーリーに人種問題と実話ってことがプラス材料としてあります。
ストーリー的には王道でしたが、爽やかであり彼女の両親とのやりとりがとても好きで気に入ってます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.5自由に結婚できない…

ケイさん
2021年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
ケイ

4.0宗教を取るのか?両親を取るのか?

Aprilさん
2021年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アメリカ人👩とパキスタン人👨のカップルの葛藤を描いたお話。

国際結婚というだけでも大変だと思うのに、
宗教も違うし、おまけに両親から絶縁宣言されて…。
宗教とかこだわりがないけど、他の宗教に改心しろって言われたら嫌なので、
本当に好きでないと結婚は出来ないよな~。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
April

4.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年4月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

パキスタン出身でコメディアン志望の
クメイル・ナンジアニ
アメリカ南東部出身でセラピスト志望の
エミリー・V・ゴードン
.
二人の実体験を
本人たちが自ら脚本を執筆し
クメイル自身が主演し再現した
.
宗教・文化の違い・家族との葛藤
二人を取り巻く人々と繋がり
異文化カップルにはあり得そうな
恋愛中には起こりそうな
共感したり応援したくなる
そんなチャーミングな映画でした😌

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lilyrose

3.5上手いことなんてなかなか言えない

2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿

みんな不器用で、とびきりの成功なんてそんなに転がってない。素直になれない相手も多いし ちょっとした拍子で、取り返しがつかない(かもしれない)失敗もする。自分が経験してきた場面とも重ねて、苦笑したり温かい気持ちになれる作品だと感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
xmaseve1974

3.5いろんなアイテム入りすぎかな

fukui42さん
2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿

一言「笑えない」(いろんな意味を含む)。

◎よかった点◎
・主人公クメイルが、パキスタンからの移住一家の設定なので。
パキスタンはお見合いで結婚「しなくてはならない」という文化を知れた。
といいつつ、クメイル自身はどっぷりアメリカ生活。
お祈りはしない(親の前では、地下室でしたことにしている)等、皮肉っているのも愉快。

・クメイルの母も、恋人のエミリーの母も。どっちも強烈。
それは子供のことを思ってからの行動なんだけど。
「母ちゃんあるある」感満載。

・恋愛物と思ったら。昏睡状態になったエミリーのことで、クメイルがエミリー両親と上へ下への騒ぎ。
「家族ってなんだ?」と、それぞれの両親とクメイルとのやり取りで思ったりして。

△いまいちな点△
・恋愛→人種問題→大病。ちょっと項目が次から次へと流れていくので、終わった後疲れた。

・最初の役者紹介でホリー・ハンターの名前。久しぶりと思ったら、エミリーの母親役。
言われてもわからないくらい、劣化(ファンの方sorry)してた・・・。

最後これで終わりか?と、正直退屈背伸びしかけたら。いやん、ちょっとにやり。
でもこれのどこが、オスカー脚本賞ノミネートだったのだろう?。

⭐️今日のマーカー・ワード⭐️
「愛は簡単じゃない。だから愛」byエミリーの父。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
fukui42

3.0エミリーの父親の方がコメディアンに向いてる気がした

kossyさん
2020年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 “スタンダップ”が漫談と訳されていたので、ついウクレレ漫談の牧伸二を思い出してしまうのはなぜだろう(綾小路きみまろでもOK)・・・あ~あ、やんなちゃった。

 映画が実話であり、パキスタン人クメイルはクメイル本人が演じていたことにびっくり。そのおかげで彼の“漫談”が笑えなかったのか、それとも実は真面目青年だったという事実のためなのかわからないが、エミリーパパのテリーの方が面白いこと言ってた気がする。

 人種や宗教の違いよりも、パキスタンでは見合い結婚こそが正当な結婚であるという風習が邪魔していて、その事実を知ったエミリーは自分がバツイチであることよりも重大なことだと考えた。途中からはそんなことは忘れてしまい、大病を患いながらも可笑しく描いていたことや、文化の違いをユーモアたっぷりに表現していたことが素晴らしい。

 それにしても、白人からすればムスリムはみなテロリストに見えるという皮肉や、それをバネに笑いに転換するクメイルの度胸も面白い。また、アメリカ在住のパキスタン人はウルドゥ語がわからないんじゃないかという偏見もそう。でも、クメイルの舞台見てても、単なるパキスタンの紹介にしか思えなかったのが残念だった・・・

 シカゴからNYへ。ウーバーがシカゴの生活に根付いていたようだったし、パキスタンでもインドと同じくクリケットが人気競技。このクリケットは、世界の中でもサッカーに次いで2位の競技人口を誇ることもついでに覚えておこう♪

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

4.5ハッピー♪

R♪さん
2020年4月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

とても幸せな気分にさせてもらった✨

出演者それぞれの気持ちがわかり(実話だからか)色々な出来事に一喜一憂。

ふたりの親が子を思う気持ちが素敵💕
家族っていいね☺

この映画に出逢えた事に感謝😃

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
R♪

4.0パキスタンからの移民

2020年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

パキスタンからアメリカにやって来た移民一族の青年が主人公で、本人が演じている。
信仰心もなく、家族に合わせているだけだったが、白人の恋人ができ嘘に拍車がかかる。
恋人が難病にかかり昏睡状態になり、恋人の両親と会うことで自分自身を問い直すことに。
ロマコメの体裁を取っているが、なかなかヘビーな問題が含まれている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0実話だがしかし

JYARIさん
2020年2月4日
iPhoneアプリから投稿

あまり響かなかったのは何故だろう
素晴らしい主人公に素晴らしいストーリーであるはずなのに
きっとこの先思い出すこともないかもしれない

たぶんあまりにも厚い壁があるわりに、さらっとした演出とか、突然の出会いに突然の病気
ついていけなかったわたいがいたのだな…

しかし、主人公&義理のママの関係は最高だったし、(パパもママも最高すき憧れる大人)
ゾーイカザンはやっぱり魅力的だね、もうちょいクレイジー要素あっても良かったけどね

本人が演じちゃうのはすごいよなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

4.5映画「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」と見比べよう

みっくさん
2020年1月21日
Androidアプリから投稿

明るく楽しいラブコメ。
でも、人種、宗教、移民といった、トランプ時代にピッタリな問題を、観客に突きつける。

日本でも他人事じゃなくて、近年外国人が増えてきているので、本作と同様なコトは日常的に起きてるんだと思う。たまたま私の半径10メートルで起きてないだけで。

つまり、本作の魅力・見どころは、ヒロインのゾーイ・カザンが可愛い、ということ。
いわゆる「美女」とは違い、「キュート」という表現がピッタリな女優。

映画「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」と系統は似ているが、(実話がベースで、違う人種(民族)での結婚がテーマのコメディ)
本作の方が好み。だってヒロインが可愛いから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みっく

4.5【パキスタン出身の男性コメディアンとアメリカ人女性のカップルが、結婚に向けて文化の違いによる数々の障壁を乗り越えていく様をリアリティ感たっぷりに描き出す】

NOBUさん
2019年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

幸せ

 ”パキスタン出身の男性コメディアン、クメイル・ナンジアニとアメリカ人女性のカップルが、結婚に向けて文化の違いによる数々の障壁を乗り越えていく実話をもとに描いたコメディドラマ”

 とあるが、その通りに面白かったなあ。

 アメリカに住んでいても、自分たちの厳格なイスラム教徒としての生き方を踏襲するクメイルの両親は彼に次々とパキスタン女性の見合い写真を持ってくる。両親は、クメイルはパキスタン女性と結婚すると固く信じている。
 だが、クメイルはジョークの波長が合うアメリカの女性エミリーに惹かれていた・・。

 設定は良くあるパターンだし、エミリーが突然重病にかかってしまい昏睡状態になるとか、かなり強引なストーリー展開もあるが、ぐいっと物語に引き込まれた作品。

 エミリーを演じたゾーイ・カザンの素朴で可愛らしい女性感を出した演技が印象的だったなあ。
 (実際の彼女は戯曲家、脚本家、制作もやってのける才女である。ポール・ダノ君、大切にするようにね。)

<現代アメリカの多国籍な人々が暮らす中、実際に起こっているだろう問題を軽やかな笑いとともに描き出した作品>

<2018年2月23日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

4.0思いがけずパキスタンという国を知ることができた

2019年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

知的

幸せ

主人公のクメイルの演技がどんどん良くなって作品に深みがでた。
それにしたがってどんどん面白くなった。
ホリーハンター久々の登場で嬉しくなりました。
旦那役の方もとても素敵です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まゆみ3

3.0パキスタンの女性がきれい。芸人のやってることが笑えない?(^_^;)

lemonさん
2018年12月14日
Androidアプリから投稿

パキスタンの女性がきれい。芸人のやってることが笑えない?(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lemon

1.0ごめんなさい、何も感じない!

2018年11月24日
PCから投稿

真摯に作られたのはわかります。
でも、何も無いの。
パキスタンですか。
わからない私が悪いのかと自己嫌悪。
話のすれ違い、交流、ひたむきな姿わかるのですが。
どれも、典型的、形だけ。
キャストの演技が凄いだけ、貶したくないのに。
最後まで観るのが辛いです。
何も無いから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0コメディのあり姿

けつおさん
2018年11月6日
Androidアプリから投稿

文化の違いから恋愛が成就しない話を軸に展開するドラマが、シリアスではなくコメディに振れることの爽やかさと、振り子で戻るリアリティが絶妙。さすがアパトゥー組の傑作。
とにかくエミリー役のゾーイ·カザンがかわいい! 両親も最高だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
けつお
「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」の作品トップへ