劇場公開日 2018年2月23日

  • 予告編を見る

「大病どころか、観る者に最高の笑顔と元気をもたらす最高の処方箋」ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5大病どころか、観る者に最高の笑顔と元気をもたらす最高の処方箋

2018年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

ジャド・アパトーが得意とする、スタンダップコメディの世界を舞台にした作品。とはいえ、今回のアパトーは監督ではなく制作側に回り、しっかりと若い才能をサポート。何よりもこんなに面白くて感動的な経験をした人が身近に見つかったなら、絶対に手放してはいけないし、アパトーのように「まずは脚本を書くんだ!」と奨励すべき。そう確信させるほど、この映画には宝石がたくさん詰まっている。

人間関係、愛情、家族、笑い、病気、人種、文化。これほど多種多様なテーマが入り乱れると空中分解してしまうリスクもあったはず。しかし本作には半実話という強度がある。当事者ならではの情熱がある。立ち止まった時には、現場にいる彼らの中に答えがある。この物語を伝えようとスタッフやキャストが一体となりスクラムを組んで突っ込んでいく様子が目に浮かんでくるようだ。大病どころか、観る者全てを元気にする、人生の処方箋のような映画の誕生である。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら
「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のレビューを書く 「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のレビュー一覧へ(全59件)
「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」の作品トップへ