ダリル・デイヴィス KKKと友情を築いた黒人ミュージシャン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

2016年製作/100分/アメリカ
原題:Accidental Courtesy: Daryl Davis, Race & America

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
マット・オーンスタイン
  • ダリル・デイビス

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

3.5KKK、ネオナチ、警官。。。

2019年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

難しい

ミュージシャンとしてのダリル・デイヴィスが語るチャック・ベリーやプレスリー、ハンク・ウィリアムスなどブルースやカントリー、ロックンロールを絡めた人種問題の話が興味深い。

何かが解決されているとは言い難いが、互いの話を聞くことで分かり合いプラスで前に進める道がある。

皮肉なことに白人至上主義者よりも、同じ黒人と分かり合えない事態がより現実的で難しい事柄になっている。

白人も怒っている、黒人も怒っている、人種の問題が人間同士の問題になっていて"人それぞれ"で片付けられる簡単なコトではない。

S・リーに観てもらいたい作品でもあり感想も聞きたいし「ブラック・クランズマン」を観た後に是非、おススメしたい作品でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「ダリル・デイヴィス KKKと友情を築いた黒人ミュージシャン」以外にこんな作品をCheck-inしています。