劇場公開日 2017年11月23日

  • 予告編を見る

gifted ギフテッドのレビュー・感想・評価

4.0302
34%
57%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全302件中、1~20件目を表示

4.5「前歯がない」という奇跡

村山章さん
2017年11月27日
PCから投稿

泣ける

笑える

幸せ

映画の冒頭から「天才児」であると明かされる少女メアリーを演じたマッケンナ・グレイス。どの出演者も素晴らしいが、もうこの子役に全面降伏である。

演技が巧みで自然な天才子役がゴロゴロしているアメリカだが、本作のメアリーは決して「天才を演じている名子役」に見えない。IQが高すぎるとはこういうことかと一目で納得させられるビジュアルと雰囲気。この佇まいは天性のものなのか。

それでいて、メアリーが100%の純度で「7歳の女の子」でしかないのがすごい。大人顔負けの頭脳を持ちながら、ごく普通の子供という性質が一切削がれていない。7歳ゆえのもどかしさがひしひしと伝わってくるのだ。

タイミングを合わせたのかは知らないが、マッケンナ・グレイスの前歯がないことにも唸った。歯が生え替わる年齢だからこそこの物語が成立する説得力。この映画に神がほほ笑んだとしたら、まさにこのタイミングに撮影できたことだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
村山章

4.0「(500)日のサマー」に通じる、心がつながる喜びと喪失の悲しみ

2017年11月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

幸せ

「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ2作のメガホンを任されて、持ち味を出そうと奮闘しつつも良い結果が出せなかったマーク・ウェブ監督。だが、生後間もなく母を亡くした天才少女と養育する独身の叔父の関係を描く本作は、「(500)日のサマー」で描いたのが若い男女の出会いと別れという違いはあれど、心が通じあう喜びと、そうした関係が失われるときの絶望的な悲しみを再び主軸にした点で、多くの観客に共感を持って迎えられる好作となった。シンプルな人間関係の中で、心の機微を丁寧に表現するのが得意な映像作家だと改めて思う。

そして、メアリー役のマッケンナ・グレイスの実に豊かな表情には本当に驚かされた。優れた子役が子供らしい自然な演技をするのは当たり前だが、彼女は大学教授も驚嘆するほどの数学の天才という“不自然なキャラクター”を自然に演じているのがすごいのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

4.0天才児を演じる少女こそが天才子役!?

2017年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

天才児の育て方を描くと、どうしても暗くミステリアスになりがちだ。常人とは違う未知の領域へ足を踏み入れていくからだろうか?しかし、本作の場合は数学の天才少女、メアリーを演じるマッケンナ・グレイスがませた子供の歪さを終始コミカルに演じて、笑える場面が連続する。これぞまさく天才子役。見た目とやることの絶妙なアンバランスが、嫌味のない笑いに繫がっているのだ。天才を特別視してコントロール下に置きたい祖母と、普通に育てたい叔父との間で親権闘争も勃発するけれど、グレイスの個性によって、それらありがちな展開も程よく浄化される。子供にとって好ましい環境とは何処なのか?設定に関係なく、最後はそんな問いかけが客席に向けて投げかけられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
清藤秀人

5.0滂沱の涙…

vanus_21さん
2021年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

と迄はいかないが、涙した作品

叔父、祖母でお互いの育児像に確執が生じ、調停で親権を巡り争うとっても醜悪な物語です。
仲裁案には毎度不服ですが
しっかりと骨組みされた作品で耽溺できます
半年に1回、もう4、5回は観てる気がする🎬…

何を話すのかは「知性」
何も話さないのは「品性」ですね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
vanus_21

3.0子どもと関係ある方、あった方にぜひ観ていただきたい

2021年4月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あめまぁる

3.5期待値を下回った。期待が大きすぎた

2021年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

それでも、マーク・ウェブは今までさんざんワクワクさせてくれた。
「(500)日のサマー」
「アメイジング・スパイダーマン2」
「Limitless」TVシリーズ

そういえば、なんだかちゃんと完結した作品がないぞ。(笑)

彼の作品の特徴は、

日常をていねいに描き出し、とにかく細部のこだわりがハンパないこと。

そして、大胆で荒唐無稽な設定が成立したら、鮮やかに結末に向かってストーリーが動き出すこと。(この映画では、わずか7歳の少女が数学の天才で、10億人に一人の才能を持つ)

いくら作品世界が拡張しても、一つずつのエピソードはしぼったキャストで展開すること。
だから話に置いてきぼりにならないこと。

例えば、ネタバレにならない範囲で説明すると、片目のネコが少女の相棒として常に画面にいるが、特別目立ったことはしない。

このネコは映画に登場した時にはもう片目だった。子ネコの時、少女がゴミ箱から助け出したことがきっかけで、猫を飼いだしたが、彼女が見つけた時にはもう目がなかったのだ。そのことは、このネコに関わったすべての人に印象付けられる。もちろん映画を見た人にも、忘れられないネコになる。

このネコが、実は重要なストーリーの伏線になる。

何かしら理由をつけて猫を遠ざけようとする人は、分かりやすく利害が対立するように人物を配してある。少女の敵として描かれるのだ。

少女の才能を伸ばすためには、養父であるフランクから遠ざけて、英才教育を受けさせることが絶対であると信じて、彼女のおばあちゃんであるイヴリンは、天才に満足な教育を受けさせないフランクを「養父としてふさわしくない」として、訴訟を起こす。もちろんネコになんか見向きもしない。ちなみにおばあちゃんでもあるということは、フランクの母親でもあるのだが。

ネコにまつわる人間関係で、さりげなく対立軸をあらわしている。さすがの緻密な脚本の完成度。

それでいて、子供が自由に動き回っているようにしか見えないカットだったりは脚本通り撮れたとは思えないし、にぎわっているバーのシーンなんか、本当にどこかに実在する店に見える。
やっつけのアクション映画なんか、とってつけたような盛り場が、いかにもエキストラですと言わんばかりに撮られている。そのクオリティの違いは歴然とある。

クリス・エバンスが今回はマッチョ自慢じゃなくて一切脱がないのもいい。
はっきり言って、始めはミスキャストだと思ったが、彼で良かった。
むしろ、「ファンタスティックフォー」「キャプテンアメリカ」では、役に合わせて、必死に身体をつくったのだろう。

高等教育を受けた、天才の家系の一人なので、もっと細身のナイーブな青年がキャスティングされたほうが理想的だった。亡くなってしまったけどアントン・イェルチンなんかベストだと思う。ジョセフ・ゴードン=レヴィットなんかもいい。

でも、クリスで良かった。

根っからの悪人が出てこないのもいい。
みんな何かしら傷を抱え、信じる道を行き、誠実に生きる人ばかり。
それそれの信条をかざすことで、物語の対立軸が生まれる。

だから、マーク・ウェブの手掛けた作品は面白くなるのだろう。

でも、本当は、「アイ・アム・サム」なんかの、涙腺崩壊ドラマを期待していたのだった。その期待は裏切られた。いい意味で。

泣きはしなかったけど、いいドラマだった。
オクタヴィア・スペンサーの出番が少なくでがっかりだったけど。

マーク・ウェブ。
この監督から、目が離せない。

2017.11.24

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.5メアリーの魅力と天才感が半端無い。

アルさん
2021年4月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

難しい

メアリー演じるマッケナ・グレイス、
この少女の素晴らしい演技に魅入ってしまう。
泣く、怒る、はしゃぐ、楽しむ、学ぶ。
純粋だがリアルな7歳の女の子が、
観ている人の心をギュっと掴む。
そして、クリス・エバンス演じるフランクが、
メアリーの良さを見事に引き出している。
さすがキャプテン・アメリカ、イケメン。

親と子、実際は違くとも、絆を確かめ合う。
お互いの目線は違くとも、愛情が通じ合う。
人を育てるという難しさ、正しい環境とは。
親権という大人の問題、子供の立場。

合間合間に挟まれる大人の世界、
その世界に入ってくるメアリーの喧騒。
フレッグ(猫)への愛、ボニー(先生)との愛、
メアリーを1人の人間として接している、
素晴らしき理解者ロバータ(隣人・親友)。
沢山の愛情に日々囲まれる事。
育てるという事で1番重要なのは愛される環境。

ボニー演じるジェニー・スレイトが、
作中でどんどん魅力的に見えてくるのは、、、
愛が芽生えたが故か。
ロバータ演じるオクタヴィア・スペンサー、
人生に於いて大切な"親友"を演じきっている。
キャストは少ないが、物語はしっかり。

ラストでメアリーが入団していたGSは、
メアリーにとって良い環境だったのだろう。
バッジも沢山獲得していて楽しそうだった。
メアリーの今後送っていくであろう人生の、
未来の明るさの布石になっている。
勉強だけが全てでは無い本当に心温まる映画。
是非、家族で観て欲しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アル

4.0親娘

KTMさん
2021年1月8日
iPhoneアプリから投稿

9歳の娘と一緒に見て、娘がメアリーがどっちと住みたいか決めれば良いのにねって真っ当な言葉を言わせてくれたこの映画に感謝🥲

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KTM

4.5本物の人間関係って、全部は語らないんですよね

2020年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン

3.5gifted

2020年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

双方の意見も分かる難しい問題。
普通に育ってくれれば親の子供に対する教育は成功?
クリス・エヴァンスの演技がよい。
出産を見せるシーンは最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

3.5メアリーに健やかなる人生を送ってほしい。 親心が甦った感じで観てい...

ilctrさん
2020年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

メアリーに健やかなる人生を送ってほしい。
親心が甦った感じで観ていた。
良かった···。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ilctr

4.0とにかく子役が上手い

2020年10月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tete@cinema

4.0数学の天才少女に対してのアメリカの対応

さん
2020年10月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
C

4.0片目の猫ブレッド。

2020年10月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

メアリーは学校に行くのが大嫌い。7才にして難しい計算も瞬時に答えを出す。びっくり。頭がいいので同世代の子供と遊ぶことが苦手。
でも。強い者にも屈せず思いやりもある。
子供らしく育てたいという叔父と能力を伸ばしたい祖母との間で親権争いに。

叔父とメアリーの関係がとってもいい。
もし。祖母に育てられていたら母親と同じ道を辿って自殺する羽目になっていたかも。
メアリー役の女の子が表情豊かに演じていて感動しました。(演技力がすごいね!)最後は大好きな叔父さんと仲良しの片目の猫ブレッドと暮らす事ができてよかった。これからのメアリーがとても楽しみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しろくろぱんだ

4.5メアリー役のマッケンナ・グレイスの演技が上手い

Shin Kさん
2020年8月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

知的

教育とは何なのか、何が子どもにとっての幸せなのか考えさせられる映画。独身なんですけど、、笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shin K

4.5アドラー家の歴史(予習にどうぞ)

2020年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

知的

 これから見る人の理解を助けるために、ネタバレにならない範囲で、アドラー家の歴史を整理してみた。
 イブリンは英国人、英国の名門ケンブリッジ大学で数学を研究していた。当時、女性の数学者は非常に珍しかったと考えられる。そこで、アメリカ人数学者の男性と知り合って結婚し、アメリカ/マサチューセッツ州に移住した。マサチューセッツ州の最大都市ボストン周辺には、MIT(マサチューセッツ工科大学)、ハーバード大学、ボストン大学など、いくつもの著名大学が車の日帰り圏内にあり、そのどれかで研究を続けたと考えられる。まもなく、長女のダイアン、続いて長男のフランク(主人公)を出産した。フランクが8歳の時、父親が死去するが、その後イブリンは資産家ウォルターと再婚し、経済的安定を手にした。イブリン自身は研究から遠ざかったが、二人の子どもに徹底的な英才教育を施した。ダイアンだけでなく、フランクも数学の英才教育を受けていたことは、「フランクも8歳でトラハテンベルク法を修得した」という発言からうかがわれる。
 とは言え、フランクは母親に反発し、哲学の道に進んで、ボストン大学の哲学の准教授になる。一方、ダイアンは生まれつきの数学の天才であり、英才教育もあって、22歳でMITでミレニアム懸賞問題の一つ、ナビエ・ストークス方程式に取り組む。しかし、ダイアンにとって、数学の天才としてのキャリアは、必ずしも幸福とは言えなかったようだ。17歳でできた恋人とは、母親に引き裂かれる。26〜27歳で未婚のまま妊娠したときは、母親から責められたようだ。そんなダイアンにとって、弟フランクは唯一の理解者だったかもしれない。ダイアンは女児メアリー(もう一人の主人公)を出産し、生後数ヶ月のメアリーをフランクに託して自殺する。
 フランクは、ボストン大学を辞め、おそらく母親と連絡を絶ち、当時まだ乳児のメアリーを連れてフロリダに移住する。ボートの修理で生計を立てるが、大学の准教授に比べれば、大幅な減収だ。「北部」に属し、経済、学問の中心であるボストンと、「南部」のフロリダとでは、気候も、生活・文化レベルも、人種構成も全く異なる。フランクは、なぜ縁もゆかりもないフロリダに移住したのだろうか。成人してからのダイアンとフランクとの間にはほとんど交流がなかったが、ダイアンが人間的な幸福を渇望して苦しんでいたことを、フランクはよく理解していたようだ。このため、ダイアンはフランクに遺書を残さなかったものの、メアリーをイブリンにではなく、フランクに託したということは、「メアリーを私の二の舞にしないでほしい。メアリーをイブリンから守って」というダイアンの強い遺志だとフランクは受け取ったと考えられる。
 それから6年半。7歳になったメアリーに、ダイアンに勝るとも劣らない才能があることは、誰の目にも明らかだった。しかし、普通の子どもとしての体験を積ませたいフランクは、メアリーを地域の小学校1年生に入学させることにする。その一日目から、この映画が始まる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モーパッサン

4.0暖かい優しさ

mistyさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿

何より出演者が素晴らしい。マッケナちゃん、素晴らしい。皆がマッケナちゃんに幸せな環境をと願っているのに、裁判で判断されることが正しいのか?「大人の事情」で振り回されることが本人のためになるのか。考えさせられた。CGやドンパチのない、暖かい優しさに溢れる映画の素晴らしさを感じられる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

4.5感涙必至!好きなシーンだらけの作品

2020年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いたかわ

4.0好ましさの集約

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

人目をひきつける三大要素3BはBeauty、Beast、Babyである。
目的があってインターネットを開いたとしても、よけいなところへ飛ぶなら、たいてい、きれいなひと(Beauty)か子猫(Beast)かかわいい子供(Baby)にさそわれて──のことだ。バナー広告の基本は3Bである。

美醜は判断の導入だと思う。
ひとそれぞれ、好ましく感じる外見と苦手なそれがある。
すばらしいドラマだとしても、苦手な俳優なら、敬遠することもある。

なぜ俳優には見た目のきれいな人がなるのか──それを説明するまでもないのと同じことで、ひとびとの目に触れるものを、うつくしい人が演じることは、重要というより、条件のようなものだ。

映画、ワンダー/君は太陽は、人と違う外見にたいする博愛を説きながら、そのじつ、なぜ映画が絶大な支持を得たのかといえば、出てくる人々が全員うつくしい外見を持っていたから──に他ならない。Auggieさえ、かわいい造形にとどめており、Chbosky監督は、完全に意識的にきれいな人だけをキャスティングしていた。

ギフテッドな子供がいて、それがMckenna Graceで、叔父がクリスエヴァンスで、隻眼の猫フレッドを飼っている。配役で映画はすでにほぼ達成している。何を。シンパシーを寄せるにじゅうぶんな3Bを──である。

観衆が、すでに好ましい人たちに骨抜きになった状態なら、あとはエンドロールへ導いてやるだけでいい。
が、映画はドラマもしっかりしていた。

美と天才とアングロサクソンと隻眼の猫。
この星での優位性をいささかも感じさせずに、同情を集積し、叙情へ昇華する。みごとというほかない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0映画の世界

見聞さん
2020年7月4日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞
「gifted ギフテッド」の作品トップへ