交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1のレビュー・感想・評価

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

劇場公開日 2017年9月16日
86件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

★のみ評価

詳細忘れたので…。
だいたいこんなもんだったよ。

日高雄介
日高雄介さん / 2019年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒りを含んだ笑いを抑えつつのレビューである。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画から離れていた日々が続いていたのだが、まさかエウレカがまた新しく映画化していたことを知らなかった。
友達に、「そういえばエウレカの新作、次はアネモネだってよ」と言われ、なるほどそうかと思って早速レンタル店に赴いて見たところである。
ちなみに私は原作が大好きだ。特にアネモネが好きだったのだが、友達の話からアネモネは多分一作目には出ないだろうな、と思っていた。
それ以上に「一作目はだめだね」とも聞いていたのだ。私はあの黒歴史の再来を予感した。残念ながらその予想は的中してしまったのだ。

この際だからはっきり言わせてもらおう。エウレカセブンをおもちゃのように組み替えて再生産するのはやめてほしい。

画像が昔張り付いて楽しみにしていたテレビサイズになった瞬間、違和感を覚えた。いや、これは原作を見ていない人にも一から楽しんでもらうためだ。そう思ったが、途中で原作と違うところが出てくる。気になってぐぐってしまった。
その点に関しては長く文句は言わない。声優の起用に関する事情があったことも理解した。

この映画に関して大きく言いたいことはいくつかある。
一つ、過去造ったアニメで映画を作ってるのだから、振り返りで原作の映像を使うことは理解できる。しかしその量があまりにも膨大すぎやしないだろうか?
最初の二十分と最後の出がらし程度しか新規映像が使われていない。それ以外は使いまわし。

構成もよろしくない。それもそのはずだ、「●日前」「●日前」「●時間前」と、レントンの心情を追うために何度も時系列が飛ぶ。その際もさっき見た映像を使うのだ。
おかげで頭が混乱する。自分はいまどの時空に存在しているのだろうかと疑いを持ってしまうのだ。
原作の展開を、この映画との違いを、いやというほど思い出させてくれた点には感謝したほうがよいだろうか?

上に挙げた「●日前」を初めとするテロップ群が画面の半分を占め、情報が読み切れない。初見で全部読むことが出来た人間はいるのだろうか?
そのせいでいちいち停止する必要も出てくる。幸い映像に関しては使いまわしだから、後半はテロップの方に集中していたぐらいだ。

「ポケットが虹でいっぱい」で大コケし、原作ファンの怒りを買った事実があったから、設定は大きく変更することなくリブートでもしようと思ったのだろうか? ならば画を書くことだ。
「ポケットが~」ではエウレカとアネモネとニルヴァーシュがたまらなくかわいいという褒める箇所も存在した。今作はそれもない。

小手先の技術を用いて何度も煎じた「エウレカセブン」という世界を、またもや適当に煎じた程度の評価しかすることが出来ないのだ。
私は「映画」が見たいのだ。アニメの総集編なら録画した原作を見返す。
設定を変えたなら、あんな姑息な手段を用いずに表現する方法はいくらでもあるだろう! なぜエウレカセブンはそんなことさえできないのか!

少々熱くなってしまった。
この作品にも褒めるところは存在する。最初の二十分だ。数々のテロップを除いて、ここだけは素直に称賛したい。新規の板野サーカスを見ることが出来る。
この一点だけで0.5点を勝ち取っているが、それ以外は見る必要がない。パンフレット一枚で済む情報を薄めつつ使いまわして終わりだ。

「つづく!」何て最後に言われたものの、私は自身を失くしている。
別作ではあるが、最近公開予定がようやく発表されたシンエヴァと同様である。あれも見返したのであちらのレビューも書かなくてはならない。既に書いたかは忘れている。
しかし、ヱヴァQに抱いた、「あぁ、ここから続くのか……」という不安、「これどう擁護すればいいんだよ」という諦観、それでも原作ファンとして「最後まで見なくては」という決意。
その三つを改めて抱かせてくれた本作には、謝辞を送りたい。

これで、何があっても先に進む勇気が湧いてくる。
アドロック・サーストンも言っていたのだ。
「ねだるな、勝ち取れ。さすれば与えられん」

この酷評は、私がエウレカセブンがよりよくなるために取った些細な行動だ。しかし、これは偉大な一歩でもある。
理想のエウレカセブンをねだってるだけではいけないのだ。勝ち取らなくてはならない。そうしなければ、我々はまた絶望を与えられることになるのだろうから。

むしろここからどう持ってくるのかが楽しみでもある。これ以上落ちぶれた展開にはならないだろう?
なので、胸の昂り(動悸かもしれない)を抑えながらその日を待とうと思う。
願わくば彼女が汚されませんように……

皆友
皆友さん / 2018年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当時はかっこいいと思ってみてたわー

テロップ表現とか。
現代アニメ表現の歴史を思い起こさせる作品でした。

文芸野生時代ってなんだよ!

Peinyo
Peinyoさん / 2018年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ややこしい回想 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

TVシリーズは未見。
犬に追っかけられてる少年が見る走馬灯の如き回想が本編の一部始終。

時系列がバラバラに構成され、初見の俺には鬱陶しかった。
省略されてる部分は、要らない部分なのか、今後紹介されるエピソードなのか…とにかく鬱陶しかった。
養子縁組なんかは特に分かりにくく…とある船団から脱退した主人公が、無一文になり公園で野宿してたところを拾われた。で、合ってるのかな?再会がどうのこうのと話してたけど、省略されてる部分が何年か前なのか、ここ数日の話なのか…サッパリ分からない。

おそらく必要な部分は網羅されているのであろうが…主人公とエウレカに何があったのか多くは語られず、彼がエウレカに会いたいと願う衝動は謎のままだ。
明確な敵もドレかは語られない。
ロボットアニメのくせに爽快感もない。
オープニング以外はほぼ飛んでるだけだったな…。

まぁ、続編もあるみたいだから観てみようかと思うのだが、エンドロールの後、続編の公開は2018とあった。
もうすぐ2018年も終わるんだけど、今、劇場にかかってるのがソレなのかなぁ…。
副題が違うような気がして、劇場に観に行くのに戸惑いを感じる。

U-3153
U-3153さん / 2018年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

セコイぞ

ANEMONEが殊の外良かったので、本編であるエウレカセブンを見てみたが分かりにくい物語を時間を交錯させて見た目を変えたつもりかもしれないが、さらに分からない物語にしてしまったという感じ。映画化するならもう一度作り直す気で作って欲しかった、TVシリーズの焼き直しはセコすぎる。

kouhei1813
kouhei1813さん / 2018年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予習なしで第二部に進んで良いのか不安に感じた

主人公の一人語りの形式。説明が苦手な人とかが良くやる、整理せずに思い付いたことから時系列を無視して断片的に語られていく。しかも、主人公の分からないことや話したくないことはカット。
レントンが己の道を選びとり、何故か犬に追いかけられているところが現時点で、その決断をするまでには、義理の両親の愛情や、ずっと心に引っ掛かる後悔があったのだというまでは、何とか分かったと思う。
TVアニメを見ていなく、コミカライズをパラ見した程度の人間なので、ヒロインや敵や仲間とその目的のことが全く説明されず終わったこの映画だけ観た状態で、このまま予習なしで第二部に進んで良いのか不安に感じた。

有無
有無さん / 2018年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味不明と断ずるはファンにあらず ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

自身、エウレカセブンを年に1回1周する程度のファンなのですが、劇場に足を運ぶ機会がなかったのと、ネットでの評価が異様に低かったことから、鑑賞まで至りませんでした。
ポケ虹は好きだったのですが、AOの再来を考えてしまい、尻込みしていました。
AmazonのPrimevideoで出たことを知り、視聴しました。
本編で1番好きだったビームス夫妻のパートを重点的にまとめられていたので、非常に良かった。ここが違っている、ここはそのままだなどと考えながら楽しめました。途中からは何故か涙が出てきました。
端的に言えばファン向けの映画。しかし、これを意味不明というようであればファンではないのでしょう。もうすぐ公開のハイエボリューション2、Anemoneはどんな評価であれ、劇場まで足を運ぶと決めました。それほどの体験をさせて頂けました。

jampman
jampmanさん / 2018年11月4日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜにいま?

エウレカはエヴァ同様、劇場版が意味不明だった印象があります。しかしエヴァは新劇場版では意味不明なもののとてもおもしろいストーリーが展開しています。
それに対してこれは……。よく調べてないので、このプロジェクトがどこに向かっているのか全くわからないけど、少なくとも1は観る価値ゼロかと。基本的にアニメをはしょってつなげただけの、総集編にすらなっていない何か。
次作ではアネモネのオリジナルストーリーらしいので、2は観たいような気はするが、1がこれだとちょっと期待できない。
というか、なんで今さらエウレカ?

ちかし
ちかしさん / 2018年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

16:9と4:3AVが混じっていてAVの総集編っぽい

サマーオブラブを映像化するだけにとどめておけばよかったのに。
次回予告付き
アネモネがアイドルグループの一員として頑張る話らしい。
劇場に行かなくて良かった。
エヴァンゲリオンを意識し過ぎでは?
まあちょっと泣いたけど

個人的下書き
個人的下書きさん / 2018年9月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画館に行かなくてよかった

上映決定から楽しみにしてましたが都合が合わずに見に行けていませんでした。
DVDが出てたのでレンタルして視聴。

時系列がゴチャゴチャすぎていつのことだかわからない。中途半端にひねりを入れて中途半端な仕上がりに。
映画館で1800円払わず、かつレンタル無料券でタダで見れたのでまあいいかと思えるけど。
次も困難ならどうしよう。

みーちゃんぱぱ☆
みーちゃんぱぱ☆さん / 2018年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初と最後は新録 その間はテレビシリーズの使い回し 画面サイズが急...

最初と最後は新録

その間はテレビシリーズの使い回し

画面サイズが急に変わってしまうからげんなり…

使い回しも時系列もバラバラにつぎはぎにつぎはぎを重ねてしまっていてどうなんだろう…

きっとテレビシリーズ見てない人間には何がなんだかわからないはず

けど、知ってる人間からしたらベスト3には入る名場面だから嬉しかった

肝心の新録部分…

キャストの声も原作から変更されてしまっていたり

描写が完全にエヴァ化(元から設定似てるけど)

してたりもするけど、やっぱワクワクするのがエウレカの偉大さ

劇場版の流れとか、エヴァの新劇場版と同じパターンなんだな

これまでアニメはエヴァ一択と思ってたけど、なんだかんだでエウレカも好きになってきた

泣けるシーンで言ったらエウレカのが断然多い(エピソード数も違うけど)

nobe666
nobe666さん / 2018年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

総集編として…いや!新たなエウレカとして見るべき ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

テレビの使い回し、世界観変更、改悪、色々と言われていますが、、、
ファンと名乗るならいいシーンが使われたことに喜ぶべきだと思う!
声優が亡くなられたり、病気療養だったりと変更せざる終えない所があるのはしょうがないと思います。
ただ、世界観変更で許せないことが多すぎて悪評に繋がっているのかなと…
テレビ番のパラダイスロスト回を使うならそのままでプレイバック映画にしなかった方が良かったのではないかと、
まぁ、そのままの流れだと新しいエウレカにはならないんでしょうが、チャールズ、レイのセリフの重みが変わりすぎて初めは受け入れられないです。

キャラクターの心理描写がわかりづらく、とても複雑な気分になります。
設定がわかれば良い作品になると思います!
次回作品にも期待!

サトシ
サトシさん / 2018年2月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーイミーツガールの傑作、復活

2005年〜06年にかけTV放送された空を駆けるロボットと少年少女や大人たちを独自の世界観とスタイリッシュな音楽や瑞々しさと残酷さを織り交ぜた表現で描いたボーイミーツガールの大傑作、エウレカセブンの実に8年ぶりの映画作品にして新たな要素を加えた新3部作の第1作目。

2017年の作品の中で多分今作の予告を1番観たと思う笑。
大してアニメを知らなかった頃の自分が名前は知ってるけど中身はよく知らないアニメシリーズを観ようと思い立ち、最初に手に取ったのが今作。
ベルフォレストという絵に描いたような田舎で退屈な毎日を過ごす14歳の少年レントンが突如空から降ってきた謎のロボット、ニルヴァーシュとそのパイロットのエウレカに惹かれ故郷を飛び出しありとあらゆる理不尽な人や出来事に遭遇し、全50話の半分近くをウジウジウジウジと鬱のかまってちゃんのごとき姿を見せるも、エウレカと向き合い生きて行く覚悟を決めエウレカとともにニルヴァーシュに乗り込み、世界の崩壊を阻止しようと奮闘する様を号泣しながら鑑賞した当時の自分は22歳笑。
リアルタイムでいろんな作品を観なかったツケを嘆くことその3年後。まさかの新作公開の報にただただ純粋に嬉しかったし、たとえどんな内容だろうと観に行くんだろうなと確信した笑。

この作品が好きな理由はたくさんあるが、強いて言えば製作陣の趣味の良さだ。
前アニメシリーズのOPEDでは売れなかったけど良い曲だし、エウレカの世界観に絶妙にマッチしている音楽が多く使われていた。
OPEDの曲が良かったのはもちろんだが、劇中歌で使われていた
SUPERCARのSTORY WRITERとそれを流すタイミングが天才的だった。
それを象徴するのが26話。この前後の展開もあってのことだがこの回は名作だ。全アニメシリーズの中で1話好きなの上げろと言われれば間違いなくこれだ(そんなに知らない笑)
そんでその26話のタイトルがモーニンググローリー笑。
つまりは要所要所で製作陣の音楽的趣向が露見している。マジで友達になりたい笑。

キャラクターの名前の由来もそういった趣味から来ているようで、主人公のレントンサーストンはマイオールタイムベストNo. 1のトレインスポッティングの主人公マークレントンから拝借し、サーストンに関してはUSインディーの伝説とも呼べるバンドSONIC YOUTHのサーストンムーアから引用しているという。
さらにはそのレントンの息子のアオが主人公の続編AOの第1話のタイトルがボーンスリッピーだったりと洋楽や洋画に詳しいオタク共をニヤニヤさせる要素がやたらある点が好きだ笑。

散々テレビシリーズの話をしてしまったが笑
とにもかくにも8年ぶりの続編。こんなハップは観たくなかったの印象が強い大戦犯作品の前作「ポケットに虹がいっぱい」の例があるため間違いなく傑作だとはカケラにも思っていなかったし、設定が変更になっているという前情報もあったため今までと違う作品になっているのかと感じていたが、、
観終わった最初の感想が改変が中途半端ではないか?といった感じだった。
チャールズ夫妻の養子になるという点は別に文句はない、だってチャールズ夫妻神だもん笑。
ただその関係がいつ始まったのかがよくわからなかった。
エウレカと出会う前から既にレントンビームスだったのか?じっちゃんは?姉ちゃんは?ホランドらゲッコー号との関係は?
シリーズ通して見ている人ならなおのことその辺りが引っかかって集中できないし、集中したところでテレビシリーズをまさに皆さんがいうブツ切り編集で繋いで行く雑な回想シーンなどに振り回されて懐かしむヒマもない笑。

テレビシリーズでいうところのゲッコー号から家出してチャールズ夫妻に出会う辺りを改変しているわけで、それはつまり前述のモーニググローリーのちょうど手前の辺りなわけで、改悪にウンザリしながらも途中でそのことに気付き、もしやラストはモーニググローリーで締めてくれるのではないかと中盤辺りでワクワクしていたのは自分だけではないと思う笑。
今作で1番よろしくないのはそういう期待を持たせる展開にしておきながらまさかのモーニググローリー前に終了する鬼のラストだ!笑
簡単に言えば25話分の鬱物語を詰め込んでモーニググローリー前に終了する無情の作品と言える笑。
もちろんラスト手前の犬に追いかけられる新しいカットはあれはあれで希望に満ちてて嫌いじゃなかったが、オレはあの数時間後のエウレカとの再会のシーンが劇場で観たかったの!そこ観せて!笑
おそらく今作の1番の改悪はここだろう笑。

散々文句言ってきたが余裕で次作も観るし、冒頭のサマーオブラブの戦闘シーンはマジで神がかってたと思う。
今作の初見を幕張のイオンシネマにある「ULTIRA」と呼ばれる劇場で観たが、9.1chというぶっ飛んだ音響システムでIMAX✖︎サラウンド音響みたいな感じで鑑賞出来て、それはもう大迫力だった笑。
その一月後に告知された4DXで公開するという悪徳商法に乗せられてもう一度観たいなと思っている自分がいる笑。

とりあえず次作でエウレカがデレ始めてからがこのシリーズの出来を左右しますね笑。
レントンとエウレカのデレ具合観てて恥ずかしいんだよなぁ笑。
あとはアネモネが幸せになってくれてればオールオッケーなのですが、予告の時点でプリキュアみたいになっていたのでそれはそれで幸せなのかもしれない笑。

とりあえず現代にエウレカセブンを復活させてくれてありがとうございます。
色々と期待してます!!

オレ
オレさん / 2017年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

漫画一読くらいがちょうどよい

むっちゃ個人的な話ですが…
私が大学生の頃に自転車で家出して漫喫で寝食をしていたころに、そこで手に取って読んだのがエウレカとの出会いでした…
という、むっちゃ個人的な話でしたw

さて、マンガで全編読んだ知識で鑑賞したのだが、テレビ版を見てなくて、ウロ覚えで、

( 。゚Д゚).oO(こんな話だったなぁ)

となんとなくの知識ぐらいで見るのがよかったのか、楽しく見ることができました。

ただ、「漫画もアニメも見たぜ!」や、「エウレカ…なにそれ?」という人には物足りない印象だろうとは思います。
最初の戦闘シーンこそ、男子が大好きロボ + オリジナル用語満載アニメで楽しめるんですが、それ以降はテレビアニメ総集編らしい(私は見てないので)
…というには初見置いてけぼりの進行
…にしても、実は劇中では重要なところ(これまでの生活~ヒロインとの出会い~別れやら)が箇条書きのように列挙されるだけで、すごく解りづらい(・д・`;)
一方で漫画にはなかったエピソードにしっかり時間をとったり、それが主人公の変化につながるかといえば、それにしては印象が弱い。

とまぁ、映画としてはなかなか厳しい意見を持ったが、
アニメとして楽しかったので、たぶん次回作も見ます!たぶん、おそらく…(。-ω-)

ウマノホネ
ウマノホネさん / 2017年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなしくなった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エウレカセブンが大好きだった。
何度も観たし、何度も助けられた。
ハイレボリューションの情報を知ってから、公開が楽しみで楽しみで仕方がなかった。
総監督が「作りながら「この作品は本当に愛されてるのだな」と思うことが何度もありました。
それに応えるべく、…(略)」とコメントを残していた。
今までのTVシリーズを進化させると言っていた。

公開日を楽しみにするくらいの映画へのワクワク感は、はじめてだったかもしれない。

だけど、その期待は裏切られた。
いや、期待が大きすぎたのもあるかもしれない。
まったく、このエウレカセブンの「物語」に没入できなかった。感情移入できなかった。
・昔の映像そのままに、別の設定が入っていること
・セリフが"説明的"なこと
・時系列がバラバラなこと
によって、レントン少年がなにに悩み、苦しみ、葛藤しているのかが理解できなかった。
なにを愛し、なにを目指して、なぜ行動しているのか、
なぜ"彼女"を好きなのか、なぜ彼が出ていこうと決意したのか、なにもなにもわからなかった。
映画を観ながら、悲しくなってきた。
これは何を描いているのか。

たしかに、TVシリーズをみていたからこそ、細部の差も気になってしまい、集中できなかったのもあるかもしれない。
だけど、それを含めて、「入り込めなかった」のはほんとうに残念な気持ちでいっぱいだ。
"ファンのため"の映画にもなっていなかった。

qooi
qooiさん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

知ってる人向け、ブツ切り総集編

TVシリーズは全部みてて、放送当時は毎週凄く楽しみに見ていました。それだけに映画もかなり期待していたのですが。。。「知ってる人向け、ブツ切り総集編」という印象でした。エウレカ初見の人は大分辛いのではないかと。でも、最初のアドロック博士のシーンはとても良かったです。

世界に猫を招く者
世界に猫を招く者さん / 2017年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

続編への良い意味での「予感」を感じさせる優れた助走。準佳作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

座席f7

思った感想を書きます。まず、デューイとその仲間達とのシーンを
もちっと増やして欲しかったかも。
デューイの周辺人物とか人間関係をもっと作り込んで欲しかった。
そんで銀箱の辺りでそいつら大量に殺してデューイに号泣させるとか。
アドロックの葛藤もヌルい。
銀箱理論発見して仲間集めて学会発表して最初は馬鹿扱いされるが次第
に話題になり更に仲間が集まり政府にも認められ銀箱作るまでの熱い血
と汗の滲む団塊パッソンファイティンなプロジェクトXが幕を明け壮絶
な銀箱開発秘話がTV版未視聴者の涙を誘いTV版ファンを唸らせるが途中
頓挫しそうになって援助打ち切られるがバイタリティと情熱と例の名言
で切り抜け突き抜け奇跡の理論を生み出して何とか窮地を脱し国際プロ
ジェクトへと昇華し一躍時の人となり雑誌の表紙を飾りインタヴュー責め
になり新世紀のアインシュタイン気取りな有頂天になってルンルン気分
で赤ちゃんレントンも登場させて(そして出来れば赤ちゃんエウレカも)
スイーツ博士の愛した数式よろしくローマの休日な展開で視聴者を騙し
つつある日突然1+1=2を覚えたばかりの赤ちゃんレントンが家中に2の
字をクレヨンで落書きしまくり、当然大事な大事な原稿にも数字を落書
きをしてしまいアドロックが「おいおい何だこりゃ?これじゃあ解が台
無しになるぞ?銀箱と地球が爆発しちま・・・うぞ?・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嘘だぁーーーーーーーー」
という感じに偶然2を付け加え2乗にすると確かに地球が爆発するという
ジュリアナ東京も本能寺ビックリの二の舞なバブル崩壊チックな欠陥を
銀箱理論に発見してしまう。
超絶間違いである事に気付いた後はレントンの落書きを壁にピン止めし
真っ暗な地下室で顔色悪そうに狂気の顔色で製図しながら計画立て最後
は人殺さなきゃなんない地獄へ行くまでの凄まじい葛藤。
昨日までの英雄が良くて単なる殺人者、悪くすれば何十億人も犬死にさ
せる極悪人になってしまったのだからそりゃもう地獄だろう?
そういう感動と感情を求めてるんだよボケェ!
とにかく手抜きが酷い。銀箱の話なのにそれ作るまでの話描かないのは
どう考えても異常。ヤル気なし。新人アニメーター育ての為の作画教室
じゃ無いんだからw
商業作品として全然成り立っていない。

悪い点

今日観賞させていただきましました。
で、本編これ時系列いじり過ぎた?爆死すんぞこれ?
まず、気になったのは初見殺し過ぎたという点でしょうか?
TVシリーズ版に思い入れのあり過ぎる方や初見の方にはかなりキツいでしょう。
何か全体的に暗いしとっつきにくい。
サマーオブラブ以外はやんないで欲しかった。
サマーオブラブとか観れたのは良かったが銀箱の曲が何か酷い。
もっと神秘的な曲を選べや‼
銀箱が何なのかイマイチ伝わらない。
あと何でアクセルジジイの出番を削った?意味不明だろ?
青野武に土下座しやがれ!
今の波平の奴に何でやらせない?
青野もそう望んだ筈です!
最悪台詞無くてもいいから遠くから見守ってる教師役とか
無言の存在感と圧力を放つエンジニアとかでも何でもいいから
出せよって思うわ!
レントン走ってるけどどうせならもっと野犬を凶暴にすべきだった。
2500匹位の野犬の群れにすべきだった!
シリアスシーン以外ずっと犬に追いかけられてる設定にすれば良かった。
犬の群れがレントンになついて体の一部になる位にむしろコクピットに乗せても良い位だ。
特に一番最悪なのは時系列いじり過ぎた事。
というか時系列ズタズタで何が何だか何とも何でか何たる何でも何つーか何もかもが
初見にはさっぱり分からない。
そういう冒険は予告編とか特典映像とかディレクターズカットとかでやって欲しいのよ。
ゲームの続編作ってその特典映像とかにすればヒットしたのに。
それかパチンコ限定映像とかにするとか。
方法は色々あった筈です。
悪い意味でのスピード感。いや、スピード違反か?いいや爆死願望か?ああ、成程‼
スピルバーグの「激突」へのオマージュか!そうとは気付かなかった!許せ!
スリル満点ジェームズ・ディーン似なのは主題歌歌ってる人の親父だけで結構‼
あんな中途半端にエウレカ出しても気持ち悪いとしか思えない。
最高の素材を最高の料理人が清盛も熱盛りびっくりな超高熱出して体調崩してる
最低な時に調理した下痢ピーゲロンチョ状態で作った中途半端で下痢菌まみれ料理
みたいなイメージ。

ああああああああああああああああああああああああ思い出してイライラ

良い点

まず、碇の息子・・・じゃなかったw
尾崎の息子の曲は良かったね。
今回は古参ファンはある程度楽しめます。
タルホ姉ちゃんの若かりし尻を拝めて幸せ。
サマーオブラブをずっとやって欲しかった。
後編はカットして欲しかった。
長門の長回しじゃないけどもっと長くしろ!
美麗な映像には毎度脱帽です。
この前のク○虹よりは格段に良くなっています。
よって倍の星評価を贈らせていただきます。
養父母設定の改編ですがTVシリーズファンにとっては別にそれ程不自然さは感じ無いでしょう。
元々養父母だったという設定にした方が物語に深味が出るし矛盾も少ない。
長過ぎる文字列だって後で確認すりゃ良い事だし。
テロとの闘い(戦い)というのも今の時代を先取りしていたのでしょう。
これだけ原型を止めない改編が許されるって事は続編で大化けする可能性も確かにあります。

余 疏涅
余 疏涅さん / 2017年10月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

他の方もレビューしてる通り

ファンの為の映画。
此れに尽きる。エウレカ好きには本当に至福の一時。
次回にも期待してます

レントン
レントンさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!と同時に微妙… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とりあえず私もエウレカファンですが…

シアターで見る新作で見るエウレカの戦闘シーンの迫力はさすがだと思いました。
ただしそれを差し置いて約3分の2が総集編、
他の方が比喩されているたとえで考えてもらっても結構なくらいです。

しかし言葉のニュアンスの違い、状況、
設定が違い、時折新しい描き下ろしシーンはあるので、
全てがダメとは思いません。

それでも苦手な方や完全新作を期待していた方は肩透かしを喰らう気分にはなると思います。

また演出も90分に(総集編を)収めるためが画面移りが激しく、
一気に説明した感は拭えません。

それらを加味すればやはり評価はイマイチとなってしまいます。

しかしED曲の素晴らしさと、
個人的に一番気になっていたホランドの代役さんですが、
しっかりと藤原さんから受け継いだ素晴らしいアフレコとなっていました。
更に新作パート部分はやはり素晴らしかったので、
見に行く価値はそれなりにあると思います。

それでも無理して見なくても良い評価だなと思われる方は、
焦らずOVAでも出たら見るくらいで丁度良いかと思われます。

🔞じゃん🔞
🔞じゃん🔞さん / 2017年10月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TV版とは別物になるの⁉️

時間軸の動きが初見の人にはつらいだろう‼️っていうのが正直な感想。

『ファースト・サマー・オブ・ラブ』だけで大満足‼️で、この★笑

前半ってこんなにエウレカやゲッコー号のクルーとの関係って薄いんだっけ⁉️とにもかくにも『少年から大人の入り口への旅立ち』っていう所だけをわかればいいのかなぁ~

レントン姉の存在はどうした⁉️⁉️

レイ零号機
レイ零号機さん / 2017年10月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

86件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報