「ヒロイズムが過ぎる」空飛ぶタイヤ 日高雄介さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「空飛ぶタイヤ」 > レビュー > 日高雄介さんのレビュー
メニュー

空飛ぶタイヤ

劇場公開日 2018年6月15日
全266件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ヒロイズムが過ぎる

鑑賞直後は★4.0くらいの佳作と思ってましたが、日が経って冷静になるにつれ欠点が目立ちます。
いくら何でも主人公が格好良過ぎる。

美し過ぎたり格好良過ぎたりするものは、大体ウソだよ。こんなの信じられないよ。鼻白む。
長瀬智也という最高級素材の無駄遣い。

あと、悪の責任を三菱役員ただ1人に集約させたのも陳腐に過ぎる。鼻白む2。
バカほど物事を単純化し、英雄を求めたがるよね。私みたいな半端なバカは、こんなんじゃ騙されないぜ。

日高雄介
さん / 2018年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報