ライフのレビュー・感想・評価

メニュー

ライフ

劇場公開日 2017年7月8日
179件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

過去のアイディアを上手に取りまとめ。

漆黒の宇宙に浮かぶステーション内に持ち込まれた未知の生命体が次々とクルーを"握り潰す"。その殺戮の方法に独自の視点が垣間見られる「エイリアン」シリーズ、否、SF密室サスペンスの最新作は、古い映画ファンに ロバート・ワイズの「アンドロメダ…」(71)を思い起こさせたりもする。思えば、マイケル・クライトンのSF小説を映画化したワイズ作品が"科学的"と称されてから45年あまりが経過し、今やこのジャンルでは物体の造形を克明に描くことは当たり前になって来た。もはやそれも限界に達した今、観客の欲求と技術革新のせめぎ合いはさておき、過去積み上げてきたアイディアを上手に取りまとめたこの種の作品もアリかなとは思う。しかし、ここいら辺で「フラッシュ・ゴードン」(80)的にチープなSFムービーを観てみたい気もする。製作中止になった「バーバレラ」(68)の劇場版リメイクを誰か立ち上げてくれないだろうか?

MP
MPさん / 2017年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

映画館で観なくて良かった

いろいろ理屈ぽいセリフが多いけど、やってることはエイリアン退治なだけ。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新エイリアン

火星からサンプルを持ち帰り、宇宙ステーションで分析中に生物を発見する。
この生物、可愛いように見えたが実はとても狂暴で、どんどん大きくなる。
タコ型のエイリアンなので見かけは怖くないのがミソ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見たいときにちょうど見たいシンプルなパニック映画が見れた。
舞台となる宇宙ステーションの中は本物みたいで凄い!
中身はB級の筈なのに、演技や舞台のクオリティが高くてそう思えない。
登場人物達も余計な仲違いや馬鹿な茶番劇を起こして尺を取らないし、
ほどほどにリアリティある理性的なコミュニケーション。
トントン拍子で進むストーリー。
宇宙人VS人間クルーズっていうシンプルで
オチも予想通りの良い映画。
クルーズの殺られ方も派手じゃないけど、
確実に締め殺す様子にはゾッとした。
でも最後あれどうなってるの?笑
こういうのが見たかったんだよ!そうそう!

tokyotonbi
tokyotonbiさん / 2018年4月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後衝撃的

まさかとは思ったけど、、、
ありがちな話だとは思ったけど、あえての最後があの終わり方だからこそ少しはおもしろかったかなと感じた。

can0py1012
can0py1012さん / 2018年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重い。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人の死に方がエグいし、何よりラストがもう。。。
個人的にはあまりって感じでした。
ただ、キャスト達の演技力には圧倒されました。
でも、やっぱり最後だけはいい感じに終わってほしかったなぁ。。。笑

Kai Miyashita
Kai Miyashitaさん / 2018年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何百回と描かれた・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地球外生命体発見。宇宙船のクルー襲うそして全滅。

A級、B級問わず同じ内容のSFサスペンスが沢山作られていますが、まあ、好きなジャンルなので、飽きずに観れました。

ラストのオチも意外で好みです。(笑)
(大体最後の一人は助かるパターンが多いので)

ただ、「んー?それは無くないか?」
と思ったのは、地球側?の対応。
救助挺が来たかと思ったら実は、危険と判断して宇宙ステーションごと排除するするためだったのですが、初めての地球外生命体な訳で、こういう場合、政府のお偉方は、犠牲など関係なく持ち帰れ!みたいな指示するのがセオリーだと思うんですが。
人類の安全とかそんな殊勝な考えしませんって普通。「エイリアン2」でも居たじゃないですか、持ち帰ろうとする如何にも悪役ってキャラ。

ただ、私的には「エイリアン2」では分かりやすく、嫌なやつ演出されていましたが、そういう発想すること自体には、納得はするんですよね。実際、貴重 だとは思うので。

Mt.ブルー
Mt.ブルーさん / 2018年3月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構興奮しました。

思っていたよりもぐいぐいと来て興奮した。
ただ、真空にいる時間長すぎで、これで大丈夫なら無敵でしょう。

khapphom
khapphomさん / 2018年2月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありがち

エイリアンを思わせるストーリーはほぼ予想通りでありがち。
ラストまで含めて、取り立てて刮目する場面はない。

イライラするのは、人為的ミス連発なこと。
きちんと対応していれば何の問題もないはずなのに、
ありえないミスを連発して自ら危機を招く。
興覚めで溜息が漏れてしまう。

ラストから察するに2の制作意欲満々なのだろうか。
もし続編ができたら、またBDで観たい。
映画館に足を運ぶほどではあるまい。

みみず
みみずさん / 2018年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

教訓:未知との対峙は自分の土俵で

宇宙空間は地球の生命体にとって不利が多かったね
地球に持ち込んで、酸素とかに曝露されて万一対象が死滅したとしても、それは結果オーライってことで
逸る気持ちもわかるけど、プレゼントはお家に帰ってから開けた方がいい
今後宇宙に行く人は気をつけてください

フーミン
フーミンさん / 2018年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初代「エイリアン」を受け継いだ最新スリラー

DVDレンタルで視聴。
B級映画と侮ることなかれ、前半は王道SFスリラーとして非常に満足できるクオリティ。
後半は王道を裏切る斬新なストーリーで楽しめました。

まずこの作品の素晴らしい所は、エイリアン映画としての王道を踏みながら現在の視点から見てもリアリティを感じられる設定や映像になっている点だと思います。
特に宇宙ステーション内でのクルーの動きは非常にリアル。
長回しを多用した生活感溢れる無重力描写はゼログラビティと引けを取らないレベルでした。

肝心のエイリアンとのファーストコンタクトからパニックに至るまでもまたリアル。
火星の土壌サンプル内の生命を研究する過程で逃走させてしまうまでの流れは、チェストバスターの特撮感とはまた別の現代的な恐怖体験をもたらしていました。

きっちりと王道のストーリーを踏みながらも大きな転機が訪れる終盤の展開は好みが分かれる所でしょうが、個人的はありでした。

終盤でリプリーとビッグチャップのサバイバルに焦点が当てられた「エイリアン」と違い、「LIFE」で描かれるのはタイトルの通り種をかけた生存競争だったのだなと。
クライマックスには2001年宇宙の旅にも似た感慨を感じました。

遊星からの物体Xとか好きな人には間違いなくオススメです。

ジョイ☮ JOY86式。
ジョイ☮ JOY86式。さん / 2018年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンプルにかぎる

宇宙空間という限られた空間と化け物の取り合わせは、死ぬか生き残るかっていうスリル、ただそれだけでいいんだ!

ということを再確認させられた映画だった。文句なしに面白かった。

エイリアンコヴェナントでうーん、とモヤモヤしたぶん、この映画ですっきりさせてもらった。

ごちゃごちゃ死生観語られても面白くないんじゃ。

ただどうあがいてもB級のかおりがするが、それを面白いと思って役者さんは参加したんだよね?

と豪華すぎる面子に不安になりながらも

そのB級かげんがたまらなく好きで、なつかしかったのでうれしかった。

しんば
しんばさん / 2018年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なかなかの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白さ
火星調査で生命体見つかる、地球でも騒ぎになるみたいなのとかは起こりそうな展開ではあるし、宇宙ステーションというトラブルが起きやすい密室というのもよくシチュエーションとは言え物語をスリリングにしてくれる。
誰が犠牲になるのかというハラハラに拳を握りしめながら見入っていた。
というよりこういうモンスターパニックな映画には余計なツッコミは不要だろう。
とりあえずどう生き残りどう倒すのか倒せるのか?地球に入れないようにできるのか?というハラハラドキドキを楽しめればそれでよし!
今回のモンスターはなかなか生命力が高いといのと弱点という弱点が見つからないというのも容赦ないし、ラストも読めていたのでニヤニヤしながら見守った笑
まあ閉じ込めるのも不可能だろうし、地球終わりだな笑
今回の映画にはこういう映画でよくある愚かな人間同士のいざこざがないし、よくいる自分勝手なやつもいない(まあ各々色々あるが)
まあそこまで手汗握るほど息をつかせないほどハラハラドキドキはしなかったかもしれないがパニックものとして充分に楽しめた。かな

まあツッコミ入れるならよくあんなに得体の知れないものをあんな手袋で実験するなぁとかあんな急成長したら少しは警戒しろよとか(研究に夢中だったとはいえさ)結局あのおっさんの時点で隔離しとけよとか、火炎放射しまくりの彼とか(おしゃべり含めてデッドプール感笑)まあ色々ツッコミはあるよね
でもそこツッコミ入れたらもうこの手の映画が成立しないので、そこはご愛嬌だね

追記
宇宙ステーションはリアリティあって良かった
あと真田広之の死亡フラグ立ちまくり感笑

テツ
テツさん / 2018年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

マジか...

終わり方がもう「マジかよ...」ってなる。
悪い意味ではなく裏をかかれた感じ
日本人の真田さんも頑張っててよかった。
「エイリアン」のようなハラハラ感は少ないが地球外生命体の視点での場面もあって意外だった。

MKT
MKTさん / 2018年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

エイリアン:サクセッション

6人のクルーを乗せた宇宙ステーションが、火星から帰還した探査機から生命体を発見。やがて“それ”は急速に成長、凶暴化、クルーを襲い始める…。
言ってしまえば、『エイリアン』の二番煎じ。国際色豊かな実力派を揃えながら、テイストはB級。
厳しい声も多く、興行的にも不発…。
でも、期待値を低くして見たせいか、思ってたより面白かった。
むしろ、『エイリアン:コヴェナント』より『エイリアン』を継承している。

地球外生命体の発見に誰もが色めき立つ。
“カルビン”と名付け、その成長を見守る。
最初は可愛らしい(可愛らしい…??)もんだった。
微生物と言うか単細胞と言うか、粘菌状で、全身が筋肉であり脳。
すくすくとヒトデ型になり、どうやら知能もある。
愛着湧くのも無理は無い。
何てったって、自分たちが見つけた人類史上初の地球外生命体。
そう、初の地球外生命体。どんな危険があるか分からない。
こんなに小さく弱々しく思えた生物がやがて…。

環境の変化で一旦冬眠に入り、起こそうとした時…
突然襲いかかる。
まだ小さいながらも、人間の手を握り潰す力に。
異常なほどの成長速度。
他の生物の成分を吸収し、成長はさらに。
そして遂に、隔離していたラボから逃げ出す…。

この手の作品の宿命、はっきり言って序盤はタルい。
が、カルビンの襲撃が始まってから、一気にハラハラドキドキ、スリリングに。
ラボから逃げ出し、何処から襲撃してくるか分からないカルビン。
その知能で通信手段を遮断し、逆にクルーは追い詰められ、宇宙船内という密室状態に。
まさしく『エイリアン』!
ビジュアルも秀逸。
単細胞から半透明のヒトデ型、成分を吸収し、顔かそれとも模様がそう見えるのか、なかなかグロテスク。
カルビンはまだ成長途中。
もっともっと成長していったら、もっともっとどんな恐ろしい存在に…?
そもそも、“カルビン”と名付けられたこの生命体は…?
劇中でも憶測されていたが、ひょっとしたら火星を死滅させた…?
色々想像が膨らむ。

ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、そして真田広之ら国際色豊かな実力派の共演も見所。
一人一人、誰が犠牲になるか。
一昔前なら黒人や日本人だったろうが、最初の犠牲者があの人とは意外だった。もっと最後の方まで生き残ると言うか、最後までカルビンと戦うと思ってたので。
ダニエル・エスピノーサのセンスやスリル充分の演出も飽きさせる事無く、全編から『エイリアン』への敬愛を感じた。

この最悪の事態は人為的ミスでもあり、そうでないかもしれない。
クルーたちが一人一人犠牲になりながらも、地球への帰還&カルビン撃退。
が!
衝撃のラスト。
ゾッとするこの終わり方、気に入った!

皆さんも火星から採取した微生物にはくれぐれも気を付けましょう。

近大
近大さん / 2018年1月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ほう…こんな終わり方か…!

宇宙ステーション内で未知生物からの恐怖に踊る無重力パニック映画。
一人目の犠牲者の死に方、出血の表現が印象的。クルー達は未知生物を隔離駆除するために奮闘するが、最強生命体に次々と殺されてしまう。そして最後には…!?
普通に楽しかったです。
そして最後に言いたいのは、私はジェイクギレンホールがデイアフタートゥモローの時から好きですということ!

ぽじのふ
ぽじのふさん / 2017年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

冗長

パニックSFに哲学は必要だとしてもこうじゃない

nov
novさん / 2017年12月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そんなに怖くなかった

‪火星から採取した土の中に微生物の存在を確認。世界から集められた研究者たちは宇宙ステーションでその生物の研究を始めるが…。
宇宙密室+宇宙生物のSFスリラーで初代エイリアンを彷彿させるシーンが多い。欲を言えばあまり生物自体を見せない方が怖かったのでは…と感じた。

shotgun
shotgunさん / 2017年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

助かって欲しいと思える人がいなくて残念

これは個人的な見方だが、この手のサバイバル・スリラーにはいつだって「この人には助かって欲しい〜‼︎」と思いながら視線で追えるキャラクターが1人は欲しい。
本作にはそれがいなかったので、あまり感情移入できずに終わってしまった。
カルヴィンの動きがやたら俊敏で宇宙空間を生きる生物とは思えないところがもう人間との格差を感じる。展開のテンポが速く、中だるみする前にラストへと加速してくれたので楽しめた。ラストの脱出ポッドを2つ使い、オーディエンスをハラハラさせてくれるアイディアはたいへん素敵でしたね。

キャストが豪華で、ライアン・レイノルズが早々と切り捨てられた事に驚いたか彼を欠いたとしても豪華さ有り余る脂の乗った俳優陣!真田さん頑張った!

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2017年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビックリ!面白かった。

あまり話題にもなってなかったし、それなりなのだろうと思っていたら面白かった。時間のサイズもちょうど良いし、観てよかった。

宇宙船という密室に地球外生物を入れるパニック物ってたくさんあると思うけど、その中でもリアリティがあって生物も最強の部類に入ると思うしとても面白かった。

殺し方が全部違うのも素晴らしいし(僕的には最初の犠牲者のやられ方、特に血の演出が好きだった)ラストも僕は好きだった。

残念だったのは真田広之が子どもが生まれ地球に何としても帰りたいというフリがあまり効いてなかった事。そのフリが効いてたら日本人としては、もっと感情移入出来てたなと思う。

モンスターは人間型やら大きいヤツより、小さくて早いヤツに知能があったら最強なんじゃないかと思った。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

179件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi