バリー・シール アメリカをはめた男のレビュー・感想・評価

バリー・シール アメリカをはめた男

劇場公開日 2017年10月21日
172件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

お調子者の成り上がりコメディ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画から教訓を得ようなんてある意味さもしいことであるし、特にこの主人公から何かを学ぼうなんて考えるのはムリがある。お調子者で、つい危ないことに手を出したがるバカな男が、とんでもない大金を手にして、やがて破滅していく。ストーリーだけを要約するとそれだけの話だが、コレがやたらと面白い。

そもそもトム・クルーズの持ち味は正義の味方でも超人的なヒーローでもなく、自意識過剰で自信過剰な憎めない男。その魅力は本質的には愚か者である本作のバリー役でも存分に活かされている。

そしてバリーが転落に向かうのは、盛者必衰というより自業自得に近いのだが、実は本当の責任は裏で糸を引いていたCIAにある、という告発の映画でもある。ただ政治的なテーマを扱いつつも、説教くさくなるより可笑しなブラックコメディに仕立てたダグ・リーマンにも、作品の方向性にちゃんと自分自身を合わせてきたトム・クルーズにも拍手を送りたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

天才も政権もどっちもどっちなリアルクライムアクション ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

弱冠16歳でパイロット免許を取得し、元航空会社大手TWA史上最年少で当時の最新鋭機、ボーイング707の機長を務めた操縦の天才、バリー・シールにとって、旅客機のコックピットは退屈極まりない空間だったのかも知れない。劇中で、深夜飛行の最中、わざと操縦桿を動かしてタービュランスを"演出"し、乗客をたたき起こしてしまう場面もあるほどだ。だから、彼がTWAを退職し、CIAの偵察飛行を請け負い、その流れで南米の麻薬コンツェルンから運び屋も頼まれ、ダブルインカムでボロ儲けするのも、要は才能の見返りと思えば納得がいく。勿論、そんな天才を政権が交代する度に便利に使い倒す政治の自己チューには呆れかえるけれど。才能に溺れて自分を見失う側も、状況に合わせて政策をころころ変える側も、どっちもどっちなリアルクライムアクションなのだった。

MP
MPさん / 2017年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

悪党で金の亡者でもかっこいいトム・クルーズ

トムが違法で不徳な金儲けにのめり込む実在の人物を演じている。まあ、トムだけに悪事を働いても爽やかでかっこいいのだが。本格的なワルに扮したのは「コラテラル」以来か。もっとも近年の傾向は、「ジャック・リーチャー」にしろ「ザ・マミー」にしろ、チョイ悪な面もあるヒーローが多くはなっている。

ダグ・リーマン監督は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもタッグを組んだが、今作のほうがトムの多面的な魅力をうまく引き出している。少し前の「ザ・ウォール」はまた違うタイプの戦場シチュエーションスリラーだったし、引き出しの豊富な作り手だ。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「ゴールド 金塊の行方」に通じる、桁外れのジェットコースター人生を送った有名人の実録モノ。強烈な性格と大胆な行動に呆れて眉をひそめるが、心のどこかでうらやんだり憧れたりしてしまう、そんな大衆の心理をくすぐるようだ。

AuVis
AuVisさん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ラストとエンディングが秀逸。

エンディングにバグが入りましたが、劇場で鑑賞したのだもの、演出としてバグが入っているんだよね?

狂騒的な時代の軽躁状態のバリーの人生を、軽快な音楽にのせて軽いコメディタッチで描いた作品かと思っていたら、最後のラストとエンディングの演出でやられました。印象付ける作品となりました。
 このセンスに脱帽。

トム様スマイルに見惚れて、つい細かい表情等を見過ごしちゃいそうになるけれど、これまでの役とはまた違った人物を見せてくれます。
 やっていることはバブリーなんですが(と言ってもゴージャスな場面はあまり出てこない)。

軽薄!と退けたくなるような軽い、イケイケな作り。
 その中での、妻・家族を大事にするいい奴ぶりに、JBをなんとかしようとしたり、冷や汗かいたり、最高のおもちゃ(飛行機)を見せられて、自分のテクニックをおだてられて、馬鹿な話に簡単にのっちゃう小市民ぶりに笑ってしまう。
 いつもの華麗で頼りがいがあって格好良いトム様を殴り捨て、これでもかという格好の悪さを出してくる。
 一つのちょい悪を犯した後は、「NO」という選択肢のないまま、転がりだして底なし沼にはまってしまった人生。まるで、軽い気持ちで万引きや麻薬に手を出してしまった非行少年がたどる人生のようだ。
 やっていることも生理的に嫌悪感が湧き出てくるし、性格的にもこれだけしょーもない男。なのに、だんだんと、どこかバリーが愛おしくなる。丸まった背中が愛おしく、抱きしめてあげたくなる。トム様じゃなきゃこんな風に演じられないよな。

原題は風刺が効いている。原題を頭に置きながら映画を見ると違った感想を持つだろう。原題のままでは私たちにはピンとこないんだろうけれど、トム様ファンなら絶対観るし、口コミでも広がると計算できるほどの度量が欲しかったかな。
 邦題だとそれこそ「配給会社にはめられた」感満載で、満足度下がる。

そんなバリーの一代記のふりして、USAの暗部を燻りだした勇気に拍手。
 監督のインタビューに、この映画を観て、興味がわいたら調べてほしい、誰かと語ってほしいとあるが、USAの裏歴史を繰り返さないための入り口となってほしいと、切に願う。

という、とんでもないできごとの映画ですが、トム様の操縦で飛ぶ空は最高です。
 ぜひ、フライトも楽しんでください。

とみいじょん
とみいじょんさん / 2018年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはりトム様

実話ベースでもトム風味。
もはやワールドクラスの定番というか、クオリティ保証というか。
なんやかんやあってもエンタメ性は抜群だし、
社会的なメッセージもしっかり発信している(と思う)。

飛び抜けて面白いってわけじゃないけど
誰もが楽しめるクオリティの高い作品で、
個人的にはけっこう好きな部類。

書きながら思ったけど、やっぱトム様はすげーな、と。
もはや一俳優に留まらない、映画史に名を残すレジェンドでしょこの人。

mar
marさん / 2018年8月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トム・クルーズにハズレなし

台風の中、羽田空港でキャンセル待ちをしながら(実は今も待っている最中)、アマゾンプライムで鑑賞。前評判はイマイチだったが、テンポ良いストーリーで感心した。この映画でもスタントを自分でしているとのこと。いつか、この役者はロケ中に亡くなると思っているのは私だけでは無いだろう。

hanataro2
hanataro2さん / 2018年8月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トムクルーズに萌える

トムクルーズに萌える

ズンター
ズンターさん / 2018年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話

とは、とても思えない荒稼ぎした男。

あれだけの大金を手にしたなら、組織化して身を守る事が出きると思うのだが。

結局、パイロットの人生が一番の幸せだったんだろう。

REpower
REpowerさん / 2018年7月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなり軽く演出されてトムクルーズの世界全開

終始ライトな雰囲気で進んでいくが内容はかなり重い。こんな生活よくやってるなと思わせるシーンがいくつも。綱渡りで金儲けしつつ死にそうで死なない。このひょいひょいこなす役柄はトムのお得意な感じで脚本がはめてくれたのかなと思います。

ほんげ
ほんげさん / 2018年7月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくあるクライム映画だけど

それなりに面白かった。

そうたん
そうたんさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有名人

腕のいいパイロットが主人公(トム・クルーズ)、旅客機の操縦士はつまらないとばかりに、CIAの下請けを始める。
これに目を付けたのがコロンビアの麻薬王、武器と麻薬の運び屋として、有り余る金を手に入れる。
太く短く生きた男。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年7月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コミカルなブラックユーモア

トムクルーズでなければ成立しない、コミカルさ満載の犯罪実話。
CIAやら、政府機関やら麻薬カルテルやら、正義なのか悪なのかさっぱりわからない連中に利用されながら、こちらも利用しまくるという一種の爽快感さえある。犯罪が爽快感あるというのも語弊があるが、とんでもないことを平然とやるのがある種清々しい。まあ、麻薬に関わる奴は大概地獄に落ちるので、エンドがああなのも仕方のないことだよね。
よくよく考えると重い実話なのに、ものすごくコミカルで軽いノリなので、楽しめるって感じ。
軽めのブラックユーモアって感じかな。
やはり、トムクルーズの画面力が凄まじい映画でした。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

18071

映画館で観なくて良かった。

たかたかたか
たかたかたかさん / 2018年7月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

CIAもの

CIAに雇われて、武器の供給と麻薬の運び屋になり、一時は大金持ちになるが、最後が悲しすぎる。
ユーモラスであり楽しく観た。

hiro
hiroさん / 2018年7月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑顔が素敵なトム

実話なのにストーリーが凄い!
ウルフオブウォール...よりもバリーさんの方が家族を大切にするし、いい人。引き受けた麻薬運びは良くないですけど。
飛行機の操縦技術がとにかく上手い。
あんなに稼いだのに、ご本人は忙し過ぎて散財する時間もなく...仕事相手が麻薬カルテルだからそんな簡単に手を切れなかったんでしょうね。
その後の家族の行方が気になりますね。天と地を味わった奥さん、もっと宝石グルグル巻きにしとけば良かったのに。
爽やかな笑顔のトムはカッコよかったです!

サラ
サラさん / 2018年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

落ちるまでをガッツリ

ドキュメンタリー系。
スリルとお金を求める好青年ハッピーサイコパスをトムが演じるというのにピンと来たぜ!ただし歴史に興味ないと辛いかも。ノンフィクションだからね。
ドキュメンタリー系なので画面はガチャガチャしてるけど本当にこんな感じなの???っていう事実は小説より奇なりハラハラクライムドラマに仕上がってますね…。なんだこいつ危機回避能力高い…。トントン拍子に話が進んで80年代の冷戦のアメリカのむちゃくちゃさが良く解ります。

れお
れおさん / 2018年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい男!

トムクルーズはどんな役でもさまになる。
これから続々出演予定の作品も楽しみです。

toshi
toshiさん / 2018年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トム

かっこいいといっていいのか
ダメと言われるかも、

でもかっこいいーー

sooo3
sooo3さん / 2018年6月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「DEAだ」「ATFだ」「州警察だ」「FBIだ」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「バリー・シール アメリカをはめた男」(ダグ・リーマン監督)から。
パイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として暗躍した
実在の人物バリー・シールの話らしい。
いろいろな組織が、彼を捕まえようと動きまわり、身分を明かすシーン。
「DEAだ」・・「ATFだ」・・「州警察だ」・・と身分証明書なるものを
見せつけるが、その横からもう少し大きな組織が
「ちょっとまった!!」とばかり、声を掛けて割って入る。
そして最後には「FBIだ」の一言で、誰も文句を言わなくなる体制。
文字にして、その面白さが伝わるかわからないが、
「DEAだ」「ATFだ」「州警察だ」「FBIだ」、リズムさえ感じる面白さ。
日本でも、同じようなことがあるんだろうなぁ。
ストーリーには関係ないが、ちょっと気になる看板が・・(笑)
主人公が「ミーナ」という街に入る時に、見かけた。
「Welcome to MENA POP.2647」
訳は「ミーナヘ ようこそ 人口 2,647」となる。
「看板に、人口が?」というのが私の興味関心ごと。
日本だったら「いつ現在?」とか訊きたくなるし、
そもそも、増減の激しい人口なんかを、看板に書かないよなぁ。

shimo
shimoさん / 2018年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本能的

トム・クルーズは正義感が強い役のイメージが強かったのでクズってるトム・クルーズは新鮮だった笑笑

ヨネキチ
ヨネキチさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

172件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi