「悪党で金の亡者でもかっこいいトム・クルーズ」バリー・シール アメリカをはめた男 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

バリー・シール アメリカをはめた男

劇場公開日 2017年10月21日
全159件中、147件目を表示
  •  
映画レビューを書く

悪党で金の亡者でもかっこいいトム・クルーズ

トムが違法で不徳な金儲けにのめり込む実在の人物を演じている。まあ、トムだけに悪事を働いても爽やかでかっこいいのだが。本格的なワルに扮したのは「コラテラル」以来か。もっとも近年の傾向は、「ジャック・リーチャー」にしろ「ザ・マミー」にしろ、チョイ悪な面もあるヒーローが多くはなっている。

ダグ・リーマン監督は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもタッグを組んだが、今作のほうがトムの多面的な魅力をうまく引き出している。少し前の「ザ・ウォール」はまた違うタイプの戦場シチュエーションスリラーだったし、引き出しの豊富な作り手だ。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「ゴールド 金塊の行方」に通じる、桁外れのジェットコースター人生を送った有名人の実録モノ。強烈な性格と大胆な行動に呆れて眉をひそめるが、心のどこかでうらやんだり憧れたりしてしまう、そんな大衆の心理をくすぐるようだ。

AuVis
さん / 2017年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi