ヘッド・ショット

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヘッド・ショット

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ザ・レイド」シリーズ、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のイコ・ウワイが主演を務めるインドネシア産のバイオレンスアクション。記憶を失った男が、愛する女性を救出するために犯罪組織に立ち向かう姿を描いた。頭部に銃弾が打ち込まれ、瀕死の状態だった男は、2カ月後にようやく目を覚ますが、自分の過去や名前といったすべての記憶を失っていた。徐々に回復した男はイシュマエルと名付けられ、治療にあたった女医アイリンと次第に惹かれあっていく。死んだはずの男が生きていることを聞きつけた犯罪組織のボス・リーは、イシュマエルをおびき出すためにアイリンを誘拐。アイリン救出のためリーのアジトへ乗り込んだイシュマエルは、刺客たちとの激しい戦いを繰り広げる中で、失われた記憶がよみがえっていく。「ザ・レイド GOKUDO」のジュリー・エステルら、「ザ・レイド」シリーズのキャスト、スタッフが参加し、プロレスラーの後藤洋央紀も刺客の1人として出演。

2016年製作/118分/R15+/インドネシア
原題:Headshot
配給:アークエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2016 PT. Satu Indonesia Film

映画レビュー

3.5インドネシア産アクションは今や世界トップレベル

2017年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

タイトルに違わず、どアタマに強烈なパンチを見舞う肉体系アクションの怪作だ。イコ・ウワイスが主演しているからといって『ザ・レイド』の二番煎じのように考えるのは大間違い。これはこれで、みぞおちに激震が走るような強烈なアクションとバイオレンスをみなぎらせながら観客を追い詰めていく。身体的、技術的なクオリティもなかなかのものだが、各キャラの色付けもめっぽう面白い。武器も違えば戦い方もそれぞれ違う。こんな有象無象の只中で、決して同じことの繰り返しに陥らないコレオグラフィも秀逸。

ストーリー的にはいわゆる格闘マンガ的ではあるものの、雑魚から大ボスまで登りつめていく感覚が、特定の世代からすると実にたまらない。と同時に、最も効果的なスパイスとなっているのは、実はアクションの狭間に挿入される詩的な「静寂」なのかもしれない。このバランスに魅了され、恐れ入った。壮絶な世界に誘われる2時間。レイトショー公開はもったいない。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

5.0イシュマエル

yonda?さん
2018年11月4日
PCから投稿

単純

興奮

すげーいい。迫力ある映像。やたら皆殺しにするバイオレンスアクションもの。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

5.0最高!

2018年4月30日
iPhoneアプリから投稿

『ザ・レイド』の方が良かったけど、こっちも良い。
インドネシア、怖いなぁ〜。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そうたん

4.0アクションがカッコよすぎ!

mgさん
2018年2月6日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーとかはまあ普通ですが、アクションがとにかくエグい。
生身のリアルアクション。
日本でいうリボーンとかそこらへんとにているような作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mg
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る