ぼくと魔法の言葉たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ぼくと魔法の言葉たち

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自閉症により2歳の時に突然言葉を失った少年が、ディズニー映画を通じて徐々に言葉を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストでもあるロン・サスカインドの著書「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」をもとに、アカデミー短編ドキュメンタリー賞を受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ監督が手がけた。サスカインドの次男オーウェンが2歳から言葉を失い、コミュニケーションが取れなくなってしまった。オーウェンが発するモゴモゴとした意味不明の言葉の正体が、彼が毎日擦り切れるほど見ていたディズニー映画「リトル・マーメイド」に登場するセリフであることに気づいた父ロンは、息子の好きなディズニーのキャラクター、オウムのイアーゴのぬいぐるみを手に取り、身を隠しながらオーウェンに語りかける。父の問いかけに言葉を返すオーウェン。その時、オーウェンは7歳になっており、5年ぶりに耳にした息子の言葉に涙をこらえながら、両親はディズニー映画を通じてオーウェンの言葉を取り戻すための作戦を練る。

2016年製作/91分/G/アメリカ
原題:Life, Animated
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0映画が持つ可能性について教えてくれるドキュメンタリー

2017年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自閉症を患い言葉を失った少年オーウェンが、大好きなディズニー・アニメやそれを通じて培った経験に助けられながら、人生のステージを一つずつゆっくりと歩んでいくドキュメンタリー。本作を観ながら驚いたことが幾つもある。まずは膨大なディズニー映画のフッテージを盛り込むことに成功している点。少年が成長し、成人を迎え、両親の手を離れて独り立ちしていく過程で、アニメーションがどれほど彼に影響を与えたのか、今彼がどの場面を反芻しているのかが手に取るようにわかったことは非常に貴重な体験だった。そして映画から人生を学んだり、くじけそうになった時に後押ししてもらう意味では、私たちもまさに同じだ。映画の力を借りて心身ともに成長していくオーウェンに大きく共感している自分がいた。ディズニー・アニメを題材にした映画ではあるが、本作は「なぜ我々は映画を見続けるのか」という命題への答えすら内在している気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.5『自閉症を知る映画』ではないけども。

幸ぴこさん
2019年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ディズニー映画を通して言葉を取り戻し、ディズニー映画の脚本を通じて文章を学び、ディズニーキャラクターを通して心の成長を学んだ自閉症オーウェンの成長の記録。ドキュメンタリだから盛り上がりとかドラマチックなシーンこそないけれど、じっと日常に寄り添っていて、悲しみも喜びも孤独も凄く身近に思えて感情移入した。思ったよりディズニーの出番?は少ないように見えた。
彼を取り巻く環境が最良だと思う。アメリカって自閉症のセラピーや保護が確か凄く厚いんだよな、と。日本でこうはいくまい…。
兄のウォルトが優しくて強くて、そして彼自身も家族を守らねばという重圧に悩むシーンにはジワっと泣いてしまった。そして低音ボイスかっこいい…。

オーウェンのラストのスピーチ、自閉症の人も皆と同じ事を望み 人との繋がりを欲しがって生きてる!という言葉がリアルで重くて心に残った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
幸ぴこ

3.5ディズニー・アニメの世界

2018年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

自閉症により言葉を失った少年のドキュメンタリーで、何回も見ているディズニー・アニメの世界に入り込んでいることを見出して、コミュニケーションをとることに成功する。
ガールフレンドとの別れが切なく、乗り越えたときには思わず拍手してしまう。
ラストの両親の言葉が重い、本当に重い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

ぼくと魔法の言葉たち

Tutomuさん
2018年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

主人公が3歳までは普通に会話ができたのに、ある日、突然言葉を話さなくなり、周囲がそれを「失った」のではないと気付くのに6年もかかった。それが前半のポイントなのかな。
医師が「ディズニー映画の中のセリフをしゃべったのはただのオウム返し」と切り捨てる場面があります。「うちの子供よりも軽い人を描いている」と思う人はもう一度見直してください。周囲の人が常識や専門知識に囚われることで対応が遅れること、それがを自閉症スペクトラム「重症化」の原因なのではないでしょうか。
家族の苦労はこの映画の主要テーマではないので、慰めてくれるかと期待した人にとっては少しがっかりするでしょう。
また、後半では「障害者の恋愛」についても正面から描かれます。日本では目をつぶって避けようとしがちなテーマなので、オーウェンの活躍と成長をぜひ見てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tutomu
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る