ぼくと魔法の言葉たち

劇場公開日

ぼくと魔法の言葉たち
10%
52%
34%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自閉症により2歳の時に突然言葉を失った少年が、ディズニー映画を通じて徐々に言葉を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストでもあるロン・サスカインドの著書「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」をもとに、アカデミー短編ドキュメンタリー賞を受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ監督が手がけた。サスカインドの次男オーウェンが2歳から言葉を失い、コミュニケーションが取れなくなってしまった。オーウェンが発するモゴモゴとした意味不明の言葉の正体が、彼が毎日擦り切れるほど見ていたディズニー映画「リトル・マーメイド」に登場するセリフであることに気づいた父ロンは、息子の好きなディズニーのキャラクター、オウムのイアーゴのぬいぐるみを手に取り、身を隠しながらオーウェンに語りかける。父の問いかけに言葉を返すオーウェン。その時、オーウェンは7歳になっており、5年ぶりに耳にした息子の言葉に涙をこらえながら、両親はディズニー映画を通じてオーウェンの言葉を取り戻すための作戦を練る。

2016年製作/91分/G/アメリカ
原題:Life, Animated
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0映画が持つ可能性について教えてくれるドキュメンタリー

2017年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自閉症を患い言葉を失った少年オーウェンが、大好きなディズニー・アニメやそれを通じて培った経験に助けられながら、人生のステージを一つずつゆっくりと歩んでいくドキュメンタリー。本作を観ながら驚いたことが幾つもある。まずは膨大なディズニー映画のフッテージを盛り込むことに成功している点。少年が成長し、成人を迎え、両親の手を離れて独り立ちしていく過程で、アニメーションがどれほど彼に影響を与えたのか、今彼がどの場面を反芻しているのかが手に取るようにわかったことは非常に貴重な体験だった。そして映画から人生を学んだり、くじけそうになった時に後押ししてもらう意味では、私たちもまさに同じだ。映画の力を借りて心身ともに成長していくオーウェンに大きく共感している自分がいた。ディズニー・アニメを題材にした映画ではあるが、本作は「なぜ我々は映画を見続けるのか」という命題への答えすら内在している気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5現実は台本とは違うのだ

マサシさん
2022年1月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

現実世界を、映画の台本で理解しようとしている。 自分の力で、現実を把握しなければならない。現実は台本とは違うのだ。
ほぼ引用だが、この映像の主旨じゃないかと思った。
映画ばかり見ていると、その映像の中に埋もれてしまい、現実逃避に繋がるのかなぁ。等と。

迷子の脇役達の国
僕もムーミンが好きだが、本当に好きなのはサロメちゃん ニンニ フィリフヨンカ そして、有名なところでは、リトルミー 彼の気持ちがなんとなくわかるのは、僕も昔そんなだったからかなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

5.0みんな観るべき、知るべき事実

まろさん
2021年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

思い当たることがあって、観てみました。
ドキュメンタリーにありがちな、追いかけるカメラの揺れる画像、或いは、定点の長い画像、そういうのに偏らないように、アニメーションなどを入れて、見やすい作品に仕上げられていて、退屈することなく観られました。

そして、大きなふたつの発見があったので、本当に観て良かったです。

ひとつは、自閉症は、生まれつきの脳の構造だと思っていたのですが、そうでない場合がある、と知ることができたこと。
2才位までは、定型発達していて、3才くらいから、逆に、発達が後退した、という事実。
原因については言及されていなかったですが、自然とこうなったのか、頭部の打撲などの外傷があったのか、または、高熱、けいれん、などがあったのか、それとも、なにか、薬や何かの摂取が原因か。。。 まぁもし、原因が考えられても、その証明も、また根本治療もできないのが、脳の障害ではありますが。。

もうひとつは、ディズニー映画の効能。
実は、私はディズニー映画、ディズニーランドなどが、好きではありません。私の母は、戦時中大変だったので、戦後の夢のようなハリウッドやディズニーが大好きで、私は、ディズニー映画を観て、ディズニーの絵本に囲まれて育ちました。にもかかわらず、自分が育児をする時にディズニーは排除してきました。あの極端な表情や表現や、主役が世界一幸せになって祝福されるという、現実離れした短絡的な物語が好きになれなかったので。。。

しかし、コミュニケーションに問題を抱える人にとっては、これほどわかりやすい表現はないのかもしれないということに気づきました。
たしかに、いつまでたっても上達しない私の英語力も、ディズニー映画を丸暗記すれば、会話できるようになるかもしれないな!! これは大きな発見。

それに、社会での疎外感を感じ、生きづらさを抱える人にも、「君が主役だ。悩んでも誰かが関わってくれる、そして、きっとハッピーになるんだ!」という物語は希望になるのかも。
ただ、わき役のいろんなキャラが好きだというオーウェン。 ちょっとくせのあるいろんなキャラクターからの言葉を借りて、生きることへの理解を得たり、自分自身を応援したりしているのでしょう。
自己表現しにくい人が演劇を体験し、何かの役になりきることで、別の人格としてだと、すんなり言葉が出たり、思い切った表現も可能になることがある、というのは知っていたので、実際、声優も驚くセリフ回しの場面は、納得。
いろんな役の言葉が、コーチング的な役割と思えば、ディズニーアニメは、役に立つ映画なのかもしれません。

それにしても、日本の支援学校では、どういうことが行われているのか、大人になって一人暮らしを支援する体制があるのかどうなのか。。。
アメリカでさえ、お兄さんが覚悟をしないといけないというのが現実なのか。。。
いろんなことを考えさせられます。
みんなが観るべき、事実への、優しいアプローチの作品だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まろ

3.0自閉症とは

myuさん
2021年1月2日
iPhoneアプリから投稿

私の身近にも自閉症なのかな?と思われる人がいる。
彼は突然の出来事に弱くて、でも心が本当に純粋で、約束は守るしまさに永遠のピーターパンという感じ。
自閉症の特徴というものを未だよく理解出来ていなかったが、色んなパターンがあるんだなとこの映画を見て思った。
そして人と関わりたくないのではなく、関わりたいけど関わり方が分からない、というのもしっくり来た。

オーウェンと初めて会話ができた時のお父さんの気持ちはそれはもう嬉しかったんだろう。
イメージしていたものとは少し違ったが、いいドキュメンタリーだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myu
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る