フューチャーワールド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
フューチャーワールド
0%
0%
19%
44%
37%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「127時間」などで俳優として活躍するほか、映画監督としても活動しているジェームズ・フランコが、自らの監督・出演で手がけたSFアクションドラマ。第3次世界大戦が起こった近未来を舞台に、人間たちが繰り広げる生き残りをかけた戦いを描いた。第3次世界大戦によって水や資源が枯渇し、荒廃した世界。ある時、平和主義者の人々が暮らす避難所「オアシス」を統治するクイーンが難病に倒れる。遥か遠方の地にある「命の寺」に特効薬があることを知ったクイーンの息子プリンスは、命の寺を目指して旅に出ることを決意するが、傍若無人な侵略者ウォーロードらと出会ったことで、命知らずの旅に巻き込まれてしまう。ウォーロード役をフランコが務めているほか、ミラ・ジョボビッチ、ルーシー・リューが共演。

2018年製作/88分/PG12/アメリカ
原題:Future World
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018 FW PRODUCTIONS, LLC

映画レビュー

0.5スーパー詰まらない

shogoさん
2021年4月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shogo

0.5賞賛に値する駄作ですな

2021年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たわしそふと

1.5むしろふしぎなひどさ

津次郎さん
2020年9月4日
PCから投稿

監督としてのジェームズフランコがやや不可解なのはディザスターアーチストのようなペーソスをもっている一方でFuture Worldも撮っていることである。

かれの監督業はディザスター以外はさえないが、とりわけFuture Worldは素材も方法も展開も80年代風にかかわらず、レトロ趣味の装丁をもっていない。かんぜんに大まじめにマッドマックス2的世界を模倣していた。

しかしボロをまとい荒涼と廃墟を未来にみたててしまう末端映画を、ハリウッドの成功者が監督するだろうか。おそらく、これはもっと違うところへ持っていく映画だったはずである。もっと違うニュアンスを生みだそうとしていたはずである。

そもそもこの映画は、前年のディザスターで大成功を得たジェームズフランコが監督しているという一点によって見続けることのできる映画になっている。

なんか、ものすごいベタだけど、なんかあるのかな、と思って見続けるのだが、とくになにもない。キャラクターもすじがきも画一で、もしこれが「ジェームズフランコが学生時代に撮った映画をリマスターしたもの」なら、なっとくできるが、長い業界キャリアをもっているひとの新作とは思えない。

──すでにするどい人なら、解るかもしれないが、おそらくFuture Worldはジェームズフランコが、The Roomをやろうとした映画だった。と思われる。

おおまじめにマッドマックス2をやってみて、それが、つくっているひとが意識していなかった「なにか」を生み出すかもしれない。そう考えたのだろう。と思った──わけである。

しかし、とうぜんだが、The Roomみたいなものは、意図して、生まれるものではない。Tommy Wiseauのような妙なひとが、我をつらぬいて、偶然生まれたのであって、だとしてもThe Roomはおもしろい映画に変容したわけではなく、ロッキーホラーショー的な愛されかたをされたのであって、そこにはとうぜん限界がある。

つまりティムバートンがエドウッドを生かしたようにTommy Wiseauもジェームズフランコによって生かされたところはある。カルトに個人的に面白みを見出すのは勝手だが、実直に言って、死霊の盆踊りは死霊の盆踊りにすぎない。のである。

おそらくディザスターアーチストをつくっているうちにひらめいたのだろう。「なんかベタでやってみたら、ちがうものが生まれるんじゃないか」と。それが、他愛ないひらめきだったとしても、かれにはそれをやってみる資本も業界内の権勢もあった。わけである。

想像をこえる駄作ぶりに、なんとなく、そんなことを思った──のである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

2.0フューチャーワールドを

2019年11月24日
PCから投稿

ウエストワールドと間違えて観た。
ロボット少女がかわいいのとおっぱいが見れたので★★

途中でジョボビッチが出てきたような気がするけど
内容は最後まで見てないので、よく分からなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トカレフ
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る