リベンジ・リスト

劇場公開日

リベンジ・リスト

解説

ジョン・トラボルタが殺された妻への復讐に燃える元特殊部隊工作員を演じるアクション作品。数々の殺しを請け負ってきた過去を持つ特殊部隊の元工作員で、現在は車の修理工として働くスタンリー・ヒルは、ある日、目の前で強盗に妻を殺害される。容疑者は逮捕されるが、裏社会とのつながりを持つ悪徳警官により釈放され、事件は闇へと葬られてしまう。妻を守れなかった無力さ、そして理不尽な社会への怒りから、スタンリーは封印していた過去の殺人テクニックを駆使し、復讐の鬼と化す。監督は「イレイザー」「スコーピオン・キング」のチャック・ラッセル。

2016年製作/91分/PG12/アメリカ
原題:I Am Wrath
配給:ギャガ・プラス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 I Am Wrath Production, Inc.

映画レビュー

5.0復讐系作品のなかだとダントツで好き

うるさん
2022年4月26日
スマートフォンから投稿

ジョンウィックやパニッシャー、ライリーノース、ヴェンジェンスなどいろいろな復讐ものみたがダントツでこっちが好き。

ストーリー、演出、個性、結末全てにおいて良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うる

2.0半沢直樹の爪のアカでも煎じて飲んでみてはどうか

2022年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

復讐モノは広く勧善懲悪モノに含まれるだろうが、勧善懲悪の巨匠といえば我が国の池井戸潤の右に出る存在はちょっと思いつかない。
彼の作品をいくつか見れば、この系統の作品で肝心なのは、主人公が不幸になるのと反対に悪の側はますます我が世の春を謳歌し、それにより見る側に怒りのマグマがドロドロと溜まっていくこと、そして最後のクライマックスで火山が大噴火するよう徐々に圧力を高めていくことであるとわかる。

さて、その池井戸メソッドから本作を見ると…残念ながらいただけないのですね。
まず、主人公の不幸の程度が物足りない。奥さんがナイフであっという間に殺されるというだけだし、犯人側もとくに悪辣非道な感じがしない。
警察が犯人の味方をするのが不幸の第二弾だが、刑事たちもあまり主人公をいたぶるふうではなく、しょうがなく臭いものに蓋をしようという態度だから、どうにもマグマが沸き上がってこない。
どこが“I am wrath .”なのか、皆目不明なのである。

観客があまり気勢の上がらないうちに、主人公と仲間はさっさと犯人グループへの復讐を始める。軍の特殊工作員上がりなだけに、彼らの強いこと、手際のよすぎることに唖然とさせられる。次々に犯人たちは殺され、すぐに黒幕にたどり着くが、その黒幕の動機がまたショボいのでまたまた肩透かし。
観客がもはや怒りなど忘れると同様、主人公たちにもそんなもの毛ほども感じられないまま、最後はあっさりと軟禁状態から脱出。映画のタイトルなど忘れたかのように、さっそうと去っていく。取り残された自分は「今、何の映画を見たんだっけ?」と首をかしげているのであったw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
徒然草枕

3.0自分の家族だけ守る。銃社会、怖い!

ケイトさん
2021年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

単純

銃社会こわいなー。他の方のレビューにもあったけど、ベビーシッター(ティーンエージャーの親戚?)が銃殺されても、一切、触れずに話が進み、自分の家族だけ守れれば良いってのがアメリカの個人主義って感じが出ていましたね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

3.0復習して、何が悪い。復讐だった!

としさん
2021年7月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2021年7月11日
映画 #リベンジ・リスト (2016年米)鑑賞

#ジョン・トラボルタ 主演の復讐劇

相棒役の #クリストファー・メローニ は始めて見るがなかなかいい味を出している。#スティーブ・オースチン みたいな感じ

#トム・クルーズ の元恋人の #レベッカ・デモーネイ も出演。若い時は魅力的だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし
すべての映画レビューを見る(全34件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る