グッバイエレジー

劇場公開日

  • 予告編を見る
グッバイエレジー
0%
14%
57%
0%
29%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和レトロな町並みが残る福岡県北九州市でオールロケを敢行し、親友の死をきっかけに数十年ぶりに帰郷した映画監督が、郷里への愛や映画への思いに再び気づいていく姿をつづった人間ドラマ。「カルテット!」「あなたを忘れない」などで知られる同市出身の三村順一監督が、自身のエピソードを盛り込みながら描く。夢を追うために故郷を捨てた60代の映画監督・晄は、かつて将来を語り合った親友が亡くなったことを知り、数十年ぶりに帰ってくる。懐かしい町並みを歩きながら親友の人生に思いを馳せるうちに、自分の中に眠っていた郷里愛や映画への思いを再認識した晄は、親友を主人公にした脚本を書きはじめる。大杉漣が主演を務め、吉田栄作が亡き親友役を演じる。

2016年製作/118分/G/日本
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017「グッバイエレジー」製作委員会

映画レビュー

2.5妙に歪な作品。 北九州を題材にし、北九州の映画の灯を守りたい。 そ...

2017年7月13日
iPhoneアプリから投稿

妙に歪な作品。

北九州を題材にし、北九州の映画の灯を守りたい。
その想いは痛いくらいに分かる。
それだけに、北九州を代表する『花と竜』の玉井金五郎を吉田栄作の役柄に当てはめている。

それは分かる。

地方を舞台にした作品の場合には、その地域に根ざした文化・芸能を紹介する場合が多い。
当然この作品にも一部描かれており、同時に地元の熱狂的な映画ファンの人達も…。
しかし、余りにも当然だったから正直言って面食らった。
おそらく地元の商工会や、資金提供をしてくれた人達への配慮なのだろうが…。

また終盤には突如として、母親役の佐々木すみ江さんとの会話で戦争話が。この時の長回しによる撮影で、カメラが左右に移動。また更に移動…と。
一体遊んでいるのか?真面目に撮影しているのか?観ているこちらはどうして良いのやら?
そうそう!大和田獏の登場場面はまさに、ホラー映画そのままだろ〜!とゆう撮り方。
天才なのか?単なる力量不足なのか?と言ったところ。

全体的に歪な面ばかりが気になって仕方が無かった。

あ?話は普通に人情話で悪くは無かったです。

(2017年3月31日 スバル座)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

1.0もったいない映画です。

gonchanさん
2017年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
gonchan

3.0中途半端だなぁ

月島爺さん
2017年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

北九州の景色と九州弁は懐かしく。
但し、素人さんの登場はいらなかったのでは?
安いドキュメンタリーになっちゃったかなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
月島爺

1.0なんとも行き当たりばったりの脚本

bru910sさん
2017年3月17日
スマートフォンから投稿

舞台挨拶付き試写会で終了後に拍手がなかったのは初めてだ。悲しい出来。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bru910s
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「グッバイエレジー」以外にこんな作品をCheck-inしています。