打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のレビュー・感想・評価

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

劇場公開日 2017年8月18日
537件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

現実VS願いが叶う非現実の物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

オリジナルに衝撃を受けた世代として本作を傑作と呼ぶことはできないが、不当に貶されて過小評価されている感はある。リメイクを観ると決めた以上、オリジナルをスタート地点にしながら、どんな新しい作品になっているのかを楽しむべきではなかろうか。

結論として、オリジナルとはまったくの別物に仕上がっていた。新たに加えられた「何度でも繰り返せる」設定は、はっきりと「現実とは別の世界」だと明示されている。典道は摩訶不思議なことが起こっていると気づいた上で、幻想であっても「今日だけは一緒にいよう」と奮闘するのだ。

物議を呼ぶラストも、典道がただ欠席しただけなのか、まだ「一緒にいられる今日」を繰り返しているのかの判断が観客に委ねられる。これはこれでオリジナルとは別種の切なさを持った新解釈であり、決して悪い作品ではない。

(とはいえ終盤の「もし東京に行ったら」の陳腐さなど、耐えられない箇所があったことは否定しませんが)

バッハ。
バッハ。さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

おじさんが思い描く恋愛ファンタジー

ドラマ版や原作を知らないまま視聴。思ったよりもファンタジーな話だったのは意外だった。
好きな女の子が花火に誘ったのは友人だったところから物語が展開していく。そして、不思議な球体によって主人公の男の子が考える「もしも」の世界が始まる。
大人っぽい女子にキュンときたり、友人同士の絆を大事にする男子の関係性が存在するのは一定の年齢を重ねた世代には共感できるところはある。そもそも、これ中学生なのかと気づいたのは中盤。わかりづらい。
きれいだなとか、切ないなとは思う場面はあるが、すごくいい映画だ!とは絶賛できない。いくつもの「もしも」が存在しうる中、悔いのないように生きろ!というメッセージ(そんなメッセージかどうかもはっきりしない)が今一つ伝わってこなかった。最後がわかりづらいのもその原因の一つ。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2018年8月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夢のようななずなと典道の淡い恋物語が気に入りました!

もしあの時こうしていたら...と言う思いは誰にでもあるもの。そんな後悔をやり直しでリカバリー出来たら!を描いたファンタジー。理屈を追求する人には支持されにくい作品かも知れませんが、恋に不器用な典道が何度もしくじりながらやっとのことでなずなに思いを伝える、そんな可憐なストーリが素直に気に入りました。なずな役の広瀬すずは本当に鳥肌モノ。まだ子供だけど、妙に大人っぽいところもある女子中学生を好演。それに挿入歌・エンディングの音楽も素晴らしかったです。何度も鑑賞したい作品の一つになりました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

画が綺麗って印象

正直そのくらいの印象しか残らない映画だった。
自分の理解力が足りないのかもしれないが、それだけ理解しづらい、万人受けしない内容であったことは事実
あと曲はよかった

konnichiwa sayounara
konnichiwa sayounaraさん / 2018年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なずなのPV

別にいいんじゃないでしょうか?
米津玄師は最後に流れるんですね。劇中でうまく使って欲しかった。

ダビ
ダビさん / 2018年7月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時代背景がなー

君の名は。もそうだけど、この手の作品はどうも合わないらしい。

絵と脚本の世界の時代背景が異なる気がする。 絵描写は現代、脚本は原作の時代。だから、この作品はいつを生きてるのかわからない。 まあ、パラレルワールドなんで両方ですって言われたらそれまでだけど。

個人的には原作の時代とパラレルワールドの組み合わせだけでやってほしかったな。

トマトマ
トマトマさん / 2018年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あの年頃はいつの時代も同じ

好きな女の子の家出を助けようとしたところ、パラレルワールドの世界に踏み込んでしまう。
同級生たちのバカバカしさや、好きな女の子との距離感などとてもリアルで楽しい。
男はいつまでも幼い。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実からの飛躍 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

典道が「もしも~」と言って玉を投げると、その通りの世界へいけるという設定。これ自体はまあそんなに悪いものではないのでは、と感じた。

舞台となっているところが茂下灯台や神社で、もしもと
茂下がかかっていることには少しおお、となりました。

ただ、映画後半になってくると見られる現実から飛躍しすぎた表現が目立ったと思います。なづなが電車で歌っているシーンから、シンデレラのようになるところや最後のキスシーンのあと、なづながどこまでも上に泳いでいくシーン。これらがちょっと他の良さを消してしまったかと思います。

T_yukke0402
T_yukke0402さん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好み

全ての映画は観る側の好みで決まる。

蔵之介
蔵之介さん / 2018年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だっちゃ

演出全てが稚拙で、監督の観たい世界が分からない。

しかし、ラストだけは爽快。
ようやくアニメキャラクターは次元を超える事が出来る様になったのだな。

たろっぺ
たろっぺさん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像美と音楽の優秀さ

全体的なストーリーとしては面白いんだけどちょっとくどく..だんだんと飽きてしまった。

前半は中学生の思春期男子っぽいグダグダにややイライラ。

典道役の菅田くんの声にはちょっと違和感。。
広瀬すずちゃんの声は大人っぽいなずなにピッタリだったんだけどな。

この映画は映像美を堪能する為の物だと個人的に思う。次に音楽。
日本は本当にアニメに関しての映像美が素晴らしい。

cocoまる
cocoまるさん / 2018年6月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、試写会、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像はキレイ

映像は綺麗だけどなんか男目線のくどい
映画 実写の時は良かったイメージ

アニメのなんでもできるを欲張ってしまった感がした

ta-toru
ta-toruさん / 2018年6月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像は綺麗

なのに、作画は不安定。
主役2人の声質は悪くないが、キャラクターとは合ってない。
男子主役版時かけと言えなくもないが、そこまでのインパクトはない。
なずながひたぎにしか見えない。

クライマックスでかかったForever FriendsはDAOKOバージョンよりも麗美さんの方が数倍良いな♪

いざよいらいる
いざよいらいるさん / 2018年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オタクは見るな!w

シャフトさんw

ぽよよんろっく使っといてこれはひどい

ループ物と聞いて見て見たが、('ω`)…

〇ループ物のお約束
・ループしたのに、主人公が時間たずねたり赤っ恥かくことがない
・当然、主人公2週目の俺TUEEEEEなし
・失敗するとヒロインが死ぬ!とかもなし
・そもそも、ヒロインのただの家出なので成功する必要ない

ループ物を見なれてる深夜アニメ好きの方は、あくび出ること間違いなし!
キャラデザ、ぽよよんろっくにする必要あったか?wターゲット層一般人に絞るべきだっただろ

ツキミ
ツキミさん / 2018年5月10日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味わからん

作画と音楽は普通にいいけど…
何のストーリーか全然わからん…見たあと完全に「は?」って感じになった…

Jimmy
Jimmyさん / 2018年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

岩井俊二監督のファン

岩井俊二監督のドラマは何度も何度もみました。

もしも、あの時、って誰しもが思うことですよね。ストーリーついては基本原作に忠実なので申し分ない、
ただ描き方がファンタジー感強すぎて・・・あと声優さんが・・・

同じようにもとは実写でアニメ化した花とアリス殺人事件みたいに、
岩井俊二監督特有の、あの青春時代の甘酸っぱさ、微笑ましい雰囲気をもう少し出してほしかったなぁ。

nekomusumeeee
nekomusumeeeeさん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

花火にも色々あるし

途中まではいいかな、と思ったがやっぱりこれはあかんですね。

だいたい岩井俊二だろう?それを新房昭之が映像化するんならある程度想像できそうなもんだ。

んでだいたいは想像通りだった。映像センスだけで中身なし。いわゆるシャフト演出はさほど気にならないが、それだけ。

新房監督はおそらくだけどあのやたら凝ったものが作られてた80年代ミュージックビデオの影響が多大にあると思うのよ、世代としても。

例えば、今回も使われてた少女が落下していく場面。これは物語シリーズではガハラさんのイメージとして定着させ、まどかマギカでさやかの魔女おちシーンにも使われてたけど
明らかに
ニュー・オーダー
「ビザー・ラブ・トライアングル」のビデオクリップのある場面からの引用だよね。誰も指摘しないが。
物好きな方はYouTubeでみてみてください。

別にいいけどさ、真似するなとは無茶だし今の時代。ただ独創的でも斬新でもないと

けなしてばかりもなんなんで…ヒロインの娘はかわいいです。ガハラそっくりとかいう意見をみたが、まあキャラデザイン同じ人だし性格はまるで似てない。

途中まではよかったと思うのは、京アニか?というくらい背景まで細かく描かれていて、声優はヘボなのはもういいあきたから考えないとして
さわやかな青春。それもよし(笑)と映像と雰囲気が楽しめりゃそれもまた一興(笑)

だが、途中から登場人物にまるで感情移入できないし、何がしたいのかもわからなくなり、映画でこんなのダメだろみたいな気がしてくる。
時をかける少年?最後もよくわからない。少年はどこへ行った。

ぬるっとしたぽわぼわ〜とした。そゆかんじだねえ

守銭奴
守銭奴さん / 2018年4月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

終わり方がとても清々しい。そして考えさせられる。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とりあえず、結末は無いと言った方が良いだろうか。
私はハッピーエンドが良いので「なずなと典道は駆け落ちした」結末を想像したが、観る人によっては「駆け落ちせず典道は不登校になった」結末を考える人もいるだろう。もしくはそれ以外の結末を迎えた人もいるかもしれない。
このように自分の好きな終わり方が出来るのは面白いし、評価も高い。
また絵が綺麗なのもgood!!

しかし、感情移入が難しかった点と話が薄い気がした点がマイナスだ。
まず、感情移入が難しかった点について。
「典道と祐介となずなの関係の深さ」についての導入が少なすぎた為に、良く分からなくなっている。
3人が一緒に遊んでいる情景をもっと取り入れるべきではないだろうか?(映画公開前に導入としてそういった動画を出しても良かった)
あの写真だけでは感情移入が難しかった。

次に話が薄い気がした点について。
既に視聴者側からも分岐点が見えており、分かれる方向性が2つ(片割れは、また2つに分かれるが)しかなかった事が問題なのだろう。
要するに、テンポが悪い??
似たタイムリープ物として「時かけ」を引き合いに出すと、「時かけ」はミスったら時間を戻す。ミスったら時間を戻す。を繰り返し分岐も多数存在。テンポ良く話が進む。
「打ち上げ花火」は・・・話の流れ的に、まぁ無理かもしれないが。。。不完全燃焼。

観て良かった映画ではあるが、期待していた程では無かったのがガッカリ。
1回観たらもう良いかなって人多いかもね。

なずなのキャラデザ好みなので、私はもう1回観ますが。

Detective Conan
Detective Conanさん / 2018年4月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

映像が綺麗!

Y&M
Y&Mさん / 2018年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 興奮 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

嫌いじゃない、けどもったいない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

青春と表してもよいのか分からないけど、中学生という少し大人の影が見え始める男女、いや男の子と女の子の物語

ドラマ版とは“もしも”の使い方が異なり、アニメ版の世界観はもろファンタジーで、それは作中でも表れてるし、なにより典道自身が分かっている

初めての“もしも”から、ずっと典道が作った世界が続くが、松田聖子の歌を歌い始めた時はさすがに吹いた

東京駅やらスカイツリーやらお台場やら、今度起こっただろう“もしも”を表したかったのかもしれないけど、終盤でこれはツッコミを入れたくなる

最後のシーンの、典道が新学期に居ないことは、作り手の“もしも”ギミックなのかもしれないけど、もしも玉は花火に形を変えなくなったと解釈した自分としては、あれが本当の世界ならもうちょっと典道の最後をみたかった。
そもそろ、本当の世界へ戻ったとされるシーンに典道やなずなはまったく居ない。
あの最後のシーンもまだ“もしも世界”なのかもしれない。
観る手にもう少しだけ、もしも玉がなくなり元の世界に戻った事が分かれば、この作品の評価は変わったのかもしれない。

これは自分の解釈で
典道はもしも玉を使わないでも、なずなと一緒にいられる世界へと繋がる行動に出たと解釈しました。

クロジ
クロジさん / 2018年4月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

537件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi