アウトサイダー(2016)

劇場公開日

アウトサイダー(2016)
0%
14%
57%
29%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イングロリアス・バスターズ」のティル・シュワイガーが復讐に燃える孤高の刑事を熱演するドイツ製テレビドラマ「ニック NICK」シリーズの劇場版。ニックの妻を殺した犯罪組織の首領アスタンは、ニックとの死闘の末についに逮捕され、祖国トルコの刑務所に収監された。ニックの娘レニーは母親の仇を討つべくトルコへと向かうが、トルコ国内の権力者と通じるアスタンはすでに保釈されており、レニーは逆にアスタンに捕らえられてしまう。レニーを救うべくトルコを訪れたニックは、アスタンがロシアンマフィアと手を組んで新たな犯罪計画を進めており、レニーもモスクワへ連れ去られてしまったことを知る。ティルの実娘ルナ・シュワイガーが劇中でも主人公の娘レニーを演じる。「es エス」のクリストフ・ダルンスタットがテレビ版に引き続き脚本を担当。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2016年製作/124分/ドイツ
原題:Tschiller: Off Duty
配給:インターフィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • カリスマ
  • 発狂する唇
  • 血を吸う宇宙
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 血を吸う粘土
  • 血を吸う粘土 派生
  • 怪談師 山口綾子の眠れない怖い話
  • 怪談師 山口綾子のエロ怖い話
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)SYRREAL ENTERTAINMENT GMBH / BAREFOOT FILMS GMBH / WARNER BROS.

映画レビュー

3.03.35映像はきれいだった

asaさん
2021年12月8日
PCから投稿

映像はきれいでしたね
アクションも迫力ありで良かったです
殴り合うシーンはスカッとしました

あと電車の中での友情のシーンも地味に良かったです。

ただ脚本に特徴的な部分がなく、無難な作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.0ニック/NICKの5作目かな?

2018年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

母を殺されたニック(ティル・シュワイガー)の娘が、保釈された犯人に復讐するため、内緒でトルコに行く。
勿論、捕まってしまい、ある計画の持ち駒にされてしまう。
ニックは娘を救出するためトルコ、そしてモスクワへ。
笑いもあり、退屈はしない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0ニックの娘レニーは誘拐されロシアで爆弾を埋め込まれてターゲットに送...

Takashiさん
2017年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takashi

3.0知識がないと分かりにくいか。娘を守る父の孤高な戦い!!

2017年3月16日
PCから投稿

怖い

興奮

難しい

【賛否両論チェック】
賛:トルコやロシアを舞台に、息を飲むアクションの連続に圧倒される。娘を想う父親の執念がスゴい。
否:テレビ版の知識がないと、人間関係が非常に分かりにくい。傷口のシーン等、結構グロいシーンもある。

 最愛の娘が、妻の仇を討つために異国の地へと飛んでしまい、しかも逆に拘束されてしまうという事態に、血気盛んな刑事が立ち上がる、その勇姿が印象的です。
 アクションはかなりの迫力で、トルコからロシアまでを股にかけて、息もつまるようなド派手なアクションが繰り広げらるていきます。
 唯一難点といえば、テレビ版からほぼほぼ何の情報もないまま唐突に始まるので、人間関係が非常に分かりにくいところでしょうか。愛する娘を守ろうとする男の孤高な戦いに、要注目です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全5件)