ペピ、ルシ、ボンとその他大勢の娘たち

解説

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」などで知られるスペインの名匠ペドロ・アルモドバルが1980年に発表した長編デビュー作。ドラッグ、ゲイ、マゾヒストなど、後のアルモドバル作品にも通じる要素が多数散りばめられたコメディドラマ。自宅の窓際で大麻を栽培していたペピは近所の警官に見つかってしまうが、見逃す代わりにとレイプされてしまう。復讐のため友人のボンを使って警官の妻ルシを凌辱するが、極度のマゾヒストであるルシの性癖が意外な方向へ働き、3人は一緒に逃避行することになる。女性差別主義者のルシの夫は怒って3人を追跡するが……。主人公ペピを演じるのは、「マタドール 炎のレクイエム」「神経衰弱ぎりぎりの女たち」、カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した「ボルベール 帰郷」など後のアルモドバル作品にも多く出演するカルロス・マウラ。

1980年製作/81分/R15+/スペイン
原題:Pepi, Luci, Bom y otras chicas del monton

スタッフ・キャスト

監督
製作
ペポン・コロミナ
パストラ・デルガド
エステール・ランバル
脚本
ペドロ・アルモドバル
撮影
パコ・フェメニア
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013 Video Mercury Films All Rights Reserved

映画レビュー

3.5いや、強烈!でも異様に面白い。私は好きですよ、こういう映画。

2020年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
もーさん

3.0放送禁止

2019年3月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

萌える

フィルムも内容も今観ても「放送禁止」系なので、約40年前の作品と知り驚きです。ここまで変態度が高い作品だと、スペイン国内でも一部でしか公開しなかったのではないでしょうか。良い意味で女性の自由な魂の血を飲まされたみたいな感じでした。この作品を原点に、「罰当たり修道女の最期」「神経衰弱ぎりぎりの女達」「オールアバウトマイマザー」と変態性が段々洗練されていったのが分かりました。カルメン・マウラが可愛かったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミカ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ペピ、ルシ、ボンとその他大勢の娘たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。